消費者金融で借金200万!返済地獄になった体験談です。

その当時は本当にお金に困ってしまっていました。
何故お金に困っていたかと言うと、ギャンブルにハマっていたからです。
ギャンブルにも色々種類があるのですが、当時は競馬にハマっていました。
競馬は基本的には土日と祝日にしか開催されないのですが、一度に何万円も掛けることが出来ます。

ですので、負けが込んでしまうとそれを取り返そうとするので、どんどん出費がかさむことになりました。
そうしている内に、給料だけで生活することやギャンブルすることが出来なくなってしまったので、消費者金融で借金することにしました。
消費者金融には最初は10万円くらいを借りていたのですが、それをギャンブルに使うとまたお金を借りるの繰り返しで、コツコツと200万円ほど借りてしまいました。

さすがに借りることを断られてしまってから我に返りました。
もうまともに返済することも出来なくなっていました。
生活も極貧生活になってしまいました。

まずは食費にお金を掛けることが出来ませんので、米も買うことが出来ません。
安く購入することが出来るのはパスタですので、パスタだけ買ってケチャップを掛けて食べるという生活もありました。
まさに借金地獄です。

当然友人と遊びに行くことが出来ません。
会社の同僚も遊びに誘ってくれたりするのですが、お金がないので全く遊びに行けなくなってしまいました。
付き合いが悪くなると回りが誘ってくれなくなりますので、会社でも友人が減ってしまいました。

このままでは駄目だと思ったので、地獄から脱出すべく、生活を切り詰めて返済を続けました。
そうすると、200万円あった借金も徐々に減らすことが出来ました。
頑張って金額を減らすことで、数年で返済することができました。
お金は安易に借りてはいけないと身に染みて感じました。

消費者金融で200万円利用して借金の怖さを実感しました。

私自身、かなり認識が甘かったと今では思っています。
もともと普通に生活できるだけの給料は頂いていました。
しかし、遊行費欲しさに消費者金融を利用するようになりました。

借り入れの際も、当時は消費者金融の無人契約機のテレビコマーシャルが全盛で、借金というイメージも、キャッシングとうフレーズで麻痺していたかと思います。
契約する際にも、勤続年数も5年ほど経過していたためか、割とスムーズに進行していきました。

最初に借入した金額が50万円で、返済方法はリボ払い方式でした。これがなかなか完済するのを難しくさせているシステムで、毎月返済していくと元本が減っていきます。
そして返済途中なんですが、また借入が可能になるのです。
つまり長期間お金を借りている状態になる可能性が高まります。

確かに支出の多い月にはすごく便利な制度ですが、少しでも気がゆるんでしまうとだらだらとした返済生活になってしまいます。
借入期間が長ければ長いほど、返済金額は多くなります。

そして返済期間も割と長めに設定してあるので、返済しては借り返済しては借りという行為を繰り返しがちになります。
借り入れも本当に必要でないのならすべきではなかったと今では思います。

結局私も返済期間が長引いていきました。
途中で消費者金融から借入枠の増額を勧められ、限度額は最終的に200万円になり、完済するまでに4年近くかかりました。

返済期間中は、減俸処分みたいに手取り金額が減りますので、かなり精神的にもストレスになりました。
今では住宅ローンやマイカーローン以外の借り入れはしないようにしています。

女に貢ぐために借金返済地獄になった体験談。

私はとあるスナックで女と知り合いになり、その女の事が好きになってしまいました。
ですが女はなかなか私の方を向いてくれないので、いろいろプレゼントして貢ぐことで気を惹こうとしました。
宝石やブランドのバッグなど、彼女が欲しいと言った物はすべてプレゼントしました。

やがて私の貯金が底をついてしまい、それでも私は借金をして彼女に貢ぐことを止めませんでした。
しかし突然その女がいなくなってしまったのです。
色々と手を尽くして探してみたのですが、結局見つかりませんでした。

女に逃げられた私に残ったのは、いろいろなものを貢ぐためにした多額の借金だけだったのです。
借入は一か所だけでなく、複数の消費者金融からしました。
私は毎月の収入から少しずつ返済していったのですが、借り入れた金額が多額だったので、いつまでたっても返済が出来ませんでした。

消費者金融からは督促の手紙が届き、私は支払いに追われる返済地獄の生活となりました。
複数の金融機関からお金を借りていましたから、他にお金を貸してくれる金融機関はありません。

そこで私は借金を返済するために、知人や友人の所を一軒一軒回り、頭を下げてお金を貸してもらいました。
そのおかげで何とか、消費者金融から借りたお金は返済する事が出来ました。
ですが今度は知人や友人に借りたお金を返さなければならないので、結局は借金地獄から解放されません。

自分の馬鹿さ加減が、本当に嫌になってしまいました。
もう女に貢ぐなんてことは絶対やりません。
地獄が待っているだけですから。

パチンコ依存症による借金で知り合いの父親が会社を辞めた体験談。

借金という言葉に対して良いイメージはありません。
なぜなら、知り合いの父親が家族に隠れて、お金を借りていたという話を聞いたことがあるからです。
今は亡くなっていないらしいのですが、家族にも相談せず隠れて多額の借金をしていたようです。

なんで借金してたかその理由はというと、ギャンブルです。
具体的にはパチンコですね。
その父親はパチンコ依存症で毎日パチンコに行ってました。

仕事が休みの日は一日自由時間があれば、その日は朝早くから夜の遅くまでずっとやっていたみたいです。
おそらく仕事がある日もやっていたのではないでしょうか、と言われています。
仕事の内容が営業職で外回りが多かったらしく、時間を見つけてはパチンコをする依存症だったと思います。

そのうち借金の金額がどうしようもなく大きくなってしまし、退職金目当てで、会社を辞めてしまったそうです。
その知り合いは子供の頃もあんまり遊んでもらった記憶がないらしいです。

というのも、その父親はパチンコばかりやっていた依存症なので、遊んでくれる時間がなかったらしいのです。
ギャンブルが原因で多額の借金を背負って苦しんでいる人は人たくさんいると思います。
本人の責任ということになりますが、借金を返済する側はとても大変な思いをしてしまいます。

ギャンブルで借金100万!返済地獄で辛いです。。

二十歳のときに消費者金融で借入をするようになってから、お金を借りる癖がついてしまいました。
何度も完済するもまた借りるの繰り返しを10年間続けました。
一時期最大100万円まで膨れ上がったこともあります。
借金が0円だった年はなく、ほぼ毎年利息を返済していました。

毎月給料が入ると利息を払いにATMへ行き、お金が足りなくなるとまたATMへと向かいました。
最初の借金の原因は大学時代にはまったギャンブルでした。
その後は就職してボーナス後などは、まとまった金額を返済するようになりましたが、結局またギャンブルが原因でお金を借りることが多く、しまいには借りたお金で旅行などに行く始末でした。
就職して働いていたこともあって今日明日食うことに困るようなことはありませんでしたが、お金を自由につかえることもなく、常に財布の中を気にしていました。

30歳になる頃にはギャンブルもようやく飽きてきて返済が進み、借入残高が減るようになり、ついに借金100万を完済することになりました。
振り返ってみると本当にもったいないことをしたなと感じています。
100万の借金返済を抱えている間はつねに小さな不安を抱えていました。
病気になったらどうしようとか、他人からどう思われているのだろうとか、常に頭の中に小さな黒い雨雲が浮かんでいるような気分でした。

しかし現在は安定をとりもどし、すっきりした気分になることができました。
賢い人は、借金などするものではありません。
皆さんもどうかつまらないことでお金を借りないようにしましょう。

ギャンブル好きで借金した結果の返済生活

借金をしている人の数は増えていると予想できます。
なぜかというと世の中はひどい不景気だからです。
アベノミクスの影響で景気は上向いていると主張する人もいますが、実際にアベノミクスの恩恵を受けられている人は、ごく一握りに過ぎません。
大半の人は不景気にさらされているため、借金をしなければならない状態に追い込まれる可能性も高いです。

私はギャンブルが大好きでした。
友人などとお金を賭けてオールナイトでマージャンをする時は、夢のように楽しいです。

パチンコ店には仕事が休みの日には必ず行っていました。
旅行会社で正社員として働いていたのですが、勤続3年で上司と揉めて辞めてしまいました。

そこで収入が途絶えてしまったにも関わらず、今までやっていたギャンブルを同じように続けてしまいました。
そのギャンブルに必要なお金は、消費者金融から借りることによって調達していました。

そしてその借金の返済に今も苦しみ続けています。
いくら返しても、いつまでも利息分しか支払いできていません。
ギャンブルは止めましたが、なかなか元本の完済に届きません。

借金返済がここまで辛いものだとは思っていませんでした。
甘くみていました。
もう少し賢い人間だったらと後悔しています。
けれども返すしかないため、前を向いて返済を続けていくしかないと考えています。

ギャンブルにハマって彼女に借金

僕は29歳男性です。
5年ほど前に付き合っていた彼女と色々と借金返済トラブルがあった時の話です。
僕は20歳の時にバイト先の先輩に連れられてパチンコを初めてした事がきっかけでギャンブルにハマり、お金をあまり貯めずに休みの日はダラダラとパチンコをするような堕落した生活を送っていました。

その時にできた彼女をパチンコに連れて行き一緒にハマってしまい、時には彼女から借金してまで打つことがありました。
極力給料が入ったらすぐに返済するようにしましたが、2人してギャンブルで負けに負けて1日で彼女に5万円も借りてしまました。
また翌日にちょっとでも負けを取り戻そうとして3万円借金して負けたりしました。
彼女も自暴自棄になり絶対に返済してよ!といいながら何回もATMでお金をおろしながらも貸してくれました。

そして僕はその頃、建設業の仕事をしていましたが、ひとつの現場が終わると次の仕事がなくなり収入源がなくなってしまい、彼女になかなかギャンブルの借金返済ができなくなりました。
更に携帯代を借りたりして、ついには30万円近い金額を借りてる事がわかりました。
彼女はカンカンで、彼女のお父さんから連絡があり至急返すように言われ、本業がない間はアルバイトで凌ぐしかなく、時給の高いパチンコ屋でフルタイムで休む暇なく働き3ヶ月でなんとか借金を返済しました。

それでもお金にだらしない男と文句を言われ結果別れました。
今はまた新しい正社員の仕事をしながらもギャンブルはやめられていません。
あまり貯金もない生活をしているのでいい加減改めてちゃんとした生活をしないとまた同じ過ちをしてしまいそうなので今年から本腰を入れて頑張りたいです。

ギャンブル中毒で借金地獄。それでも止められません。。

パチンコで借金地獄の生活になってしまいました。
賭け事が原因で借金をしてしまう人はとても多いようであり、ギャンブルの中毒性の恐ろしさを思い知ってしまいます。
私は友達付き合いで初めてパチンコをしましたが、その時に大当たりして大金が儲かったのです。

その嬉しさは大きく、大きな利益を得たという満足感にて満たされました。
それからは暇があればパチンコ店に通い、負けたり勝ったりを繰り返しましたが、ある日ギャンブルで有り金全てをすってしまい、消費者金融のお世話となったのです。
消費者金融は街中に看板、店舗、無人機を多く設置しておりお金に困った時はいつでも気軽に借り入れできるようになっています。

お金に困ったものの、数時間後には借りた数万円を手にし、お金のない焦りなど忘れ去りました。
お金が無くなっても借金をすればなんとかなるんだと、その時に学習してしまったのです。
それからは消費者金融をあてにし、無計画にパチンコで遊び、お金をする日々です。

返済できない日もあり、段々と借金地獄で生活を押しつぶされているのを感じています。
ギャンブルはやめられず、私は給料をパチンコ店と借金返済に吸い取られている状態です。
稼ぎにも限界があり、行き詰まってしまう日が近いと感じております。

ギャンブルは借金地獄の始まり。棚から牡丹餅などありません。

人は誰しも、楽してお金が稼げたらいいなと、大なり小なり考えているはずです。
つまり人というのは、棚から牡丹餅的な事を願っているのだと言えます。
その棚から牡丹餅的な事を叶えてくれる一つと言えるのが、パチンコなどのギャンブルです。

ギャンブルは上手くすれば、少ないお金を何倍何十倍にも増やす事が出来ます。
汗水たらして働くよりも、楽して短期間でそれ以上のお金を手に入れる事が出来るのです。
ですからそんな博打の魅力に取りつかれ、多くの人が賭け事の道へと進んでいるのです。

しかし、賭け事の道に進んだとしても、お金を増やせているのはほんのわずかな人達だけで、ほとんどの人達は逆にお金を減らしてしまっています。
中にはお金を減らすだけでなく、借金まで背負ってしまっている人たちもいます。
ギャンブルというのは損をしても、それを取り戻そうと更にお金を注ぎ込んでしまう傾向があるのです。

それでお金が無くなっても賭博行為をやめられず、キャッシングなどに手を出す事になってしまっているのです。
金融会社からお金を借りるようになってもギャンブルがやめられず、更に借入を繰り返して借金地獄に陥ってしまっている人がたくさんいます。
ですから借金地獄を味わいたくなかったら、博打には絶対に手を出さない事です。

奨学金300万、借金返済できず自己破産した体験談。

私はかつて300万以上の借金を抱えていたことがあります。
といっても、消費者金融やクレジットカード会社から借りていたわけではありません。
この借金はいわゆる、奨学金と言う奴です。
実家が貧乏で、学費を捻出できなかったのです。
奨学金300万。
金額も大きいです。

奨学金300万?と馬鹿にされる方がおられるかもしれませんが、今の奨学金は本当にえぐいです。
3ヶ月ほど延滞したらすぐに信用情報機関に登録したり、延滞したら年利10%の高利をかけてきたり。
裁判になっても、消費者金融とは違い柔軟に減額してもらえなかったり、20年ほど前の、踏み倒し放題の奨学金とは比べ物になりません。

私はこの借金300万を、社会に出てすぐに背負うことになりました。
就職が出来ていたら、そこまで返済に苦労することはなかったかもしれませんが、私は就職できなかったので、返済生活は厳しかったです。
結局払えず、自己破産してしまいました。
こんな私のような、奨学金で苦しんでいる人間が今の日本にはごろごろいます。
本当に恐ろしいことです。

人間、生きていくだけでもある程度のお金がかかるのに、その上返済がのしかかってくるのは、本当にたまったものではありません。
これがギャンブルかなんかで背負ったものなら、まあ諦めもつくのですが、ただ大学で勉強しただけで300万の借金を背負うのですから。

アメリカでは、学生ローンが大統領選の主要テーマのひとつになったほどです。
日本でもそうなってもおかしくないほど、この奨学金という借金はきついのです。
正直、私はもう2度と借入をしたくありません。
それくらい、この借金はいやなものでした。

夫の借金(奨学金)返済

一般的な借金とはすこし種類が違うかもしれないのですが、結婚後夫婦で夫の奨学金300万の返済をしています。
返さなければいけない奨学金があることは結婚前から知っていたのですが、実際に毎月の家計から数万づつを返済に充てなければいけないことや利子のことなど深く計算したことがなかったので「300万もの借金をしている」「返さなければいけないお金がある」って本当に大変だと今実感しています。

わたし自身は大学の学費は親が出してくれていたのですが、学生時代自分のまわりにも奨学金を使っている人が多くいたので、それが借金だという意識がなかったのです。
でも結婚してからその返済しなければならない300万という金額を聞いて、毎回毎回元本だけでなく利子も含めて支払いをしなければいけないことがやっとわかりました。
いくら勉学の為とはいえ学生自体のこととはいえ奨学金も借金なんだなと実感しました。

当たり前の普通の学生生活を送っていた人が社会人になった途端に300~400万の負債を負っているんだからすごいですよね。
今のところまだ夫婦二人の生活なので、どうにか返済も滞りなく進んでいますが順調にいっても完済は何十年もあとになってしまいます。
これから家族が増えたら、彼が働けなくなったら等のことを考えるととても不安です。
最悪の事態となれば、自己破産するしかないかもと、考えています。