FXで借金3000万、債務整理(自己破産)できますか?

FXでは、基本的に預けてある証拠金以上に損失がでないようロスカットという仕組みがあります。
ただし、レバレッジの高い取引を行っている際に急激な為替変動があり、ロスカットのシステムが作動する前に大きな損失が発生する可能性もゼロではありません。
FX会社のシステムトラブルで、ロスカット出来ないというケースもあるでしょう。
こういった場合、数千万円単位の借金が発生してしまう可能性もあります。

とても返済できない金額の負債を背負った場合、通常であれば自己破産して免責許可を受けることで、生活の再建が可能です。
生活の為の借金や事業資金などが、これにあたります。
ところが、ギャンブルなどの遊興費や、FXや株式取引など投資目的の負債については、免責不許可事由にあたり、自己破産を申請しても免責されないことになっています。
なぜ、投資目的の借金は免責されないのでしょうか?

それは、制度を悪用するケースが考えらる為です。
例えば株やFXのハイレバレッジで、ハイリスクハイリターンの投資を行ったとして、勝てば自分の儲け、負ければ自己破産してチャラという事を繰り返されると、経済の仕組みが壊れてしまいますよね。
ですので、制度悪用の防止策として不許可事由になっているのです。
それでは、制度を悪用するつもりなどなく、給料で返済できる金額ではない借金をFXで背負ってしまった場合、救済される方法はまったくないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。
実は、裁判所(裁判官)の裁量で、不許可事由に該当していても免責を認めることができる「裁量免責」というものがあります。
不正目的ではない事が大前提になりますが、返済目途がなく、本人も反省しており、今後同様の事を繰り返さないと判断して貰えれば、裁量免責を貰える可能性はあります。
ただ、文書で明確な基準が公開されているわけではありませんので、実際に免責を受けたいのであれば、実務に長けた弁護士に依頼する必要があります。

日々の法的手続きの中で、裁量免責を得るための微妙なさじ加減というか、「ツボ」を把握しているからです。
全額免責を得られなくても、FXで3000万円の借金を背負っているとして、それが500万円とか300万円とかになれば返済目途も出来ますよね。
そういった現実的なラインに弁護士は導いてくれますので、一人で悩まず、まずは法律事務所に相談してみましょう。
そして、無茶なFX投資は今後慎むようにしましょう。

債務整理

債務整理専門の弁護士に相談したけど後悔しています。

現在、債務整理で相談中ですが、すでに後悔しています。
最初に無料相談を受けて余り印象は良くなかったのですが、その事務所は弁護士さんが沢山いて、他の人が対応いてくれるかも知れないと言う気持ちがありました。
それに、別の事務所にまた行って相談するのも面倒くさいと言うのもあって、そこにお願いしました。
それに、そこは債務整理を専門にしている事務所と言うのもあって安心して契約しました。

しかし、何回か面談があったのですが、最初の時の弁護士さんと債務整理を依頼する契約をして着手金も払ってしまったので、仕方なく話しを進めました。
質問も、矢継ぎ早で、数年前のローンの使い道を聞かれ、中々思い出せずに、大体の返事をして次、来た時にきちんと調べて話せば良いかと言う位に軽く考えていました。
そして、次の面談までに自分なりに日記や領収書を見て一覧にして持っていって、以前聞かれた質問に答えました。

すると、弁護士さんからは、この前聞いた話と違いますね、金額が合わないですね、収入の減った原因は判らないのですか?などと早口で聞かれました。
何年もかけて借金が増えて、確実に何時頃こんな事があったから、収入が減ったと言うのも、その場では思い出せず、心身共に参っている時に余りの質問攻めに情けなくなるやら、債務整理の相談ではなく警察の取調べでも受けているような錯覚に陥って、涙が出て止まりませんでした。

それを見て弁護士さんも少しは悪いと思われた様で謝って下さいましたが、未だに裁判所が申し立てを許可してくれず、毎日の様に書類の提出をさせられています。
借金をして、債務整理する事になったのは自分が悪いと思っていますが、もう少し事務所選びを考えれば良かったと後悔しました。
もう弁護士さんのお世話にはなりたくありませんが、次は二度とこの事務所には頼まないでおこうと思いました。

債務整理

債務整理したら人生終わり?

一昔前の借金のイメージは、ギャンブルや親の負債などの負のイメージがありました。
借金で債務整理というと、何か人生においてのマイナスな事を行った戒めの様なイメージでした。
しかし、今はまじめに人生を生きていても大借金は抱えてしまう時代です。

毎年毎に給料が上がり、ボーナスは年に2回出ていた頃とは違い、給料は上がるどころか下がって行き、ボーナスも出ません。
しかし、出費は逆に毎年、増えていきます。
住宅ローン、教育費、車のローンなどです。

そんな最中に諸々の税金の支払いが発生すれば、上がらない給料では生活出来ずに、カードに頼ってしまいます。
その第一歩から7年が経ち、カード会社6社の多重債務となってしまいました。
贅沢をした訳でもなく、ギャンブルをした訳でもありません。

なので、逆に悩んでしまいました。
妻に生活の全てを任せていての結果、しかし、上がらない給料をもってしては、妻に文句は言えませんでした。
しかし、自分の人生に対する苛立ちは募るばかりでした。

職場では上がらない業績や時間だけを浪費する無意味な会議に頭を悩ませ、家へ帰れば、借金の事で言い合いになる始末でした。
両親にも友達にも言えず、悶々と途方に暮れていました。
なぜ、まじめに生きている私がこんな目にと思う瞬間も数知れずでした。

そんな毎日に心身共に限界を感じ、今後の事を妻に相談した時に、債務整理への相談を提案されました。
私は債務整理は、人生に負けた人がやるものだと偏見な目で見ていましたが、そんな事は言ってられない状況でしたので、法律事務所へと夫婦で足を運ぶ事にいたしました。
しかし、私の話に耳を傾け、親身にアドバイスをして頂きました。
誠実な対応、今後の借金軽減などの提案を提示して頂き、帰る頃には、何か心に一筋の光が入った様でした。

勿論、借金が軽くなった事は大きかったのですが、誰にも言えなかった自分の悶々としている思いを話せた事や道筋を作って頂いた事への安堵が、私の心を軽くしてくれました。
任意整理の手続きをしましたが、そこからは、債務整理によるペナルティは、しっかり戒めとして受け止め、ここを人生のリスタートととらえて、軽くなった借金の支払いを開始して3年が経ちました。
後2年、しっかり完済をして、債務整理の経験を人生に生かせればと思っている日々です。

債務整理

クレジットカードの使い過ぎで債務整理した体験談。

ショッピングでクレジットカードを使い過ぎたり、キャッシング、カードローンなどで借金が増え、自分の返済能力を超えた借金を抱えて悩んでいる人も多いと思います。
そういった方は、すぐにでも弁護士さんに債務整理の相談することをおすすめします。
数年前、クレジットカードの使い過ぎで、私も同じように多額の借金を抱えて債務整理した体験があるからです。

きっかけは、手持ちのクレジットカードでキャッシングを始めたことだったと思います。
当時付き合っていた人がお金にだらしがなくて私の出費が増えたり、ちょうど結婚適齢期で友人の結婚式が重なったり、親戚の不幸も重なって遠方まで何度も行かなくてはならず交通費がかかったり、とにかくタイミング悪く出費が重なって、急に借入額が増えてしまいました。

正直なところ、クレジットカードを使い過ぎても、その利用が借金だという意識がなく、自分で借金を抱えているという認識が欠けていたように思います。
収入は決して多くはなく、賞与も毎年下がっているような収入状態だったため、一度借入額が増えて毎月の返済額が高額になってしまうと、すぐに生活に影響が出始めました。

そして、あっという間に、いわゆる自転車操業のような状態になり、借りて返してを繰り返すようになりました。
そうなると、毎日毎日返済のことが頭から離れず、特に返済日が近づくと給料の残高と借入可能額を何度も計算し、算数が大の苦手だった私の頭の中は数字だらけになっていました。
今思うと、その頃の私は少し不安定で、急に涙が出たりして鬱っぽくなっていたと思います。

実家に帰って親に相談しようかとも思いましたが、とりあえずできる事はしようと考え、クレジットカードの使い過ぎについて弁護士さんに債務整理の相談をしてみることにしました。
本当はもっと早くから弁護士さんに相談することを考えてはいましたが、家族や会社に知られたらどうしようとか、恥ずかしいとか、そんなことばかり考えてしまってなかなか足を運ぶことができませんでした。

仕事帰りに行くことができる法律事務所を探し、さっそく債務整理の相談に行きました。
最初に担当事務員さんが収支状況や借金の内容を確認してくれたのですが、事務員さんがいろいろ話を聞いてくれて、最後に「債務整理すれば大丈夫ですよ」と言ってくれて本当に心からホッとしました。
あまりにホッとしたので、泣いてしまった程です。

その後に弁護士さんにも相談をしたのですが、クレジットカードで使ったお金は、何年かかっても全額返したいという私の意向を尊重してくれて、私の返済可能な毎月の金額におさめて返済をしていけるように借入先と交渉をする債務整理の手続(任意整理という方法だそうです)を依頼することにしました。
弁護士さんに相談をして何より良かったと思うことが、全てをお任せして、自分は決められた金額のお金を工面するだけでよく、もう借金のことを考えなくて良くなったことです。
もちろん工面すべきお金は、無理せず給料から工面できる金額です。

それに、債務整理の手続きが完了して、実際に返済が開始されるまでに2~3ヶ月かかったので、その間にちゃんと自分の生活を取り戻すこともできました。
専門家の目でしっかりと解決方法を判断してもらい、債務整理手続きをお任せして、借金を返済し終える道筋をたててもらうことで、金銭的だけではなく精神的にも救われました。
大げさに聞こえるかもしれませんが、きっと借金の返済に悩んでいる方であれば分かっていただけると思います。

もし、私のように今クレジットカードの使い過ぎで返済に困り、どうしていいのか分からなくなっている方がいたら、すぐにでも弁護士さんに債務整理の相談することをおすすめします。

債務整理

個人再生で債務整理した体験談と大変だった事。

私が個人再生で債務整理した体験談です。

原因は、5年程前からはじめた競馬でした。
はじめは少額で始めた競馬でしたが、だんだん掛け金が大きくなり、気がついた時は借金が600万円になっていました。
そこに引越しやら娘の大学入学等出費が重なり、トータル900万円の借金に。
年収600万に対して900万円の借金となりますと返していけるわけがありません。

そこで弁護士に相談して、債務整理をすることにしました。
インターネットで検索して、債務整理に強いと言われている弁護士事務所を探しました。
債務整理関係ですと、相談料が無料というアディーレ法律事務所に相談しました。

借入の金額、原因、年収等を考慮すると、自己破産か個人再生じゃないと借金減額にならないとの事でした。
メリット、デメリットを詳しく教えていただき、個人再生をすることに。

900万円の借金が180万円に減額され3年間で払っていけばいいとの事でした。
月5万円の36回払いです。
今までは月15万円払っていたのでかなりの減額となりました。

個人再生で一番大変だったのは、提出書類の収集でした。
源泉徴収票、給料明細、家計票等は簡単だったのですが厄介なのが退職金計算書です。
これは勤めている会社から貰わないといけません。

インターネットで貰う理由を探し何とか発行してもらいましたが会社の事務員にはかなり怪しまれました。
他に大変だったことは特にありませんでした。
裁判所に本人が行くこともありません。

個人再生の認可が下りるまで1年程かかりましたが、無事認可が下りました。
債務整理したら、5年間は借金やクレジットカードを作ることができませんが、自業自得です。
900万円の借金を180万円まで減額できるのであれば、仕方ないことです。
これからは少しでも贅沢をなくし少しずつ貯蓄をしていきたいと思います。

債務整理