個人再生で債務整理した体験談と大変だった事。

私が個人再生で債務整理した体験談です。

原因は、5年程前からはじめた競馬でした。
はじめは少額で始めた競馬でしたが、だんだん掛け金が大きくなり、気がついた時は借金が600万円になっていました。
そこに引越しやら娘の大学入学等出費が重なり、トータル900万円の借金に。
年収600万に対して900万円の借金となりますと返していけるわけがありません。

そこで弁護士に相談して、債務整理をすることにしました。
インターネットで検索して、債務整理に強いと言われている弁護士事務所を探しました。
債務整理関係ですと、相談料が無料というアディーレ法律事務所に相談しました。

借入の金額、原因、年収等を考慮すると、自己破産か個人再生じゃないと借金減額にならないとの事でした。
メリット、デメリットを詳しく教えていただき、個人再生をすることに。

900万円の借金が180万円に減額され3年間で払っていけばいいとの事でした。
月5万円の36回払いです。
今までは月15万円払っていたのでかなりの減額となりました。

個人再生で一番大変だったのは、提出書類の収集でした。
源泉徴収票、給料明細、家計票等は簡単だったのですが厄介なのが退職金計算書です。
これは勤めている会社から貰わないといけません。

インターネットで貰う理由を探し何とか発行してもらいましたが会社の事務員にはかなり怪しまれました。
他に大変だったことは特にありませんでした。
裁判所に本人が行くこともありません。

個人再生の認可が下りるまで1年程かかりましたが、無事認可が下りました。
債務整理したら、5年間は借金やクレジットカードを作ることができませんが、自業自得です。
900万円の借金を180万円まで減額できるのであれば、仕方ないことです。
これからは少しでも贅沢をなくし少しずつ貯蓄をしていきたいと思います。

債務整理

債務整理の目安・タイミングは?シュミレーションは可能?

債務整理を行う目安・タイミングは特に決まってはいませんが、一般的に手取り月収の3割以上を、月々の返済に取られるようになると生活が逼迫してきますので、そのタイミングで債務整理を検討することになるでしょう。
転職や、失業などの収入が下がったタイミングで弁護士に相談される方も多いですね。

債務整理方法を決める目安

債務整理を法律事務所に依頼すると、弁護士は各債権者に連絡して借金返済の履歴表を取り寄せます。
履歴を元に、利息制限法に基づいた金利の引き直し計算を行い、現在の借入残高を算出します。
そして住宅ローン以外を今の収入で3年~5年以内に完済できないようであれば、自己破産手続きを勧められます。
3~5年以内に完済できて住宅ローンがあれば個人再生、住宅ローンがなければ任意整理のパターンが多いです。
もちろん、自宅売却を行う人もいるので一概には言えませんが、上記のような流れになるのが殆どです。

債務整理で解決できるか事前に確認したい

初回相談無料の弁護士が増えたとはいえ、やはり法律事務所に連絡することに抵抗のある人は多いようです。
当サイトでも紹介していますが、インターネットで簡単にシミュレーションが可能ですので、まずは自分の状況で弁護士に依頼して解決可能かどうかを確認すると良いでしょう。
名前・住所・電話番号などの個人情報なしでシミュレーション可能なので、債務整理を検討中の人にかなり人気です。

債務整理

債務整理のメリット・デメリットについて教えて下さい。

債務整理には、次の4つの方法があります。
・自己破産
・任意整理
・特定調停
・個人再生

債務整理のメリット

それぞれに異なる法的な借金返済方法ですが、中でも自己破産は全ての債務が帳消しになる最終手段となります。
それ以外の方法は、内容は違っていても、基本的には毎月分割で支払いを行っていくことには変わりありません。
共通したメリットと言えるのは、利息制限法での金利引き直しを行うため、現在の借入残高が圧縮される点です。

そして引き直し後の残高を分割返済していくことになりますが、弁護士に任意整理を依頼すると、殆どの場合、将来利息が掛からないというメリットもあります。
自分自身で特定調停などを申し立てても、最近は金融業者から引き直し後の残高一括返済を請求されたり、将来利息のカットを拒否される事例が相次いでいますので、整理の方法でメリットが得られなくなる点には注意が必要です。
弁護士に依頼した場合は、その時点で金融会社からの督促がストップするのも、精神的に大きなメリットを言えます。

債務整理のデメリット

どの方法にも共通して言えるのは、いわゆる金融ブラックになる点です。
借りたお金を返さない、あるいは減額させるわけですから、これは仕方ないことです。
信用情報機関のシステムによって異なりますが、その期間は約5年~7年程度と言われています。

借金して返済が上手く行かなかったのですから、しばらく借入なしで生活しなさいという事ですね。
自己破産は、債務が帳消しになるだけに他にも色々な制限やデメリットがあります。
詳しくはこちらのページを参照して下さい。

債務整理のデメリット|手続き別デメリット一覧

債務整理体験談

私は以前に借金を整理しました。
当時はカードローンとクレジットカードで合計300万円の借入があり、毎月の収入は20万ほどだったのでかなり返済は苦しい状況でした。
月々の支払いは最少額でもカードローンで3万円、クレジットカードで4万円。
毎月7万円は絶対に借金返済で必要な状況でこれがかなり苦しかったです。
税金など他にも月々の出費がいくらかあったので生活費がやばくなることも多かったです。

私はこの状況で完済することは難しいと思い債務整理を決意しました。
まず、手続きを依頼する為の法律事務所探しから始めました。
インターネットから債務整理をやってくれる法律事務所を探しました。
そして、テレビCMで有名な法律事務所を見つけました。
ここは無料で債務整理について相談出来ると書いてあったので、これが何気に法律事務所の決め手になりました。

無料相談でどんな借入がどのくらいの金額あるのか色々と質問されました。
その中で、債務整理をする事で借金がどうなるのか具体的に説明を受けることが出来たので依頼しやすかったです。
結局、この法律事務所で任意整理をしてもらうことにしました。

私はカードローンとクレジットカードの300万円の借金以外は他に債務が無かったので、弁護士さんの判断で任意整理をしてもらうことになりました。
任意整理によって残高が240万円ほどまで減額出来たので、その後の返済生活はかなり楽になりました。
また、月々の支払いについてもカードローンとクレジットカードの合計で月々4万円まで下げることが出来たので、前の状況を考えると毎月3万円が浮くのでかなり生活は楽になりました。
債務整理をした事で完済までの返済期間も少なからず短く出来たので良かったです。

債務整理

債務整理後に闇金で借金してしまったらどうすればいい?

大部分の借金返済問題は、法律事務所に依頼して手続きを行う事で解決できますが、闇金(ヤミ金)からの借入は難しい場合が殆どです。
何故でしょうか?

本来、闇金は違法な存在ですので、業者からの借金を返済する必要はないことが、裁判所で判決として決定しています。
これは利息だけの話ではなく、元金すら返す必要はないのです。
しかし、そうは言っても、毎日の苛烈な取り立て行為に憔悴している人が多いのも事実です。
闇金業者は違法行為を行っているわけですから、警察がしっかりと取り締まってくれれば問題は簡単なのですが、借金問題のような金銭の貸し借りは民事の領域ということもあって、取り合ってくれないのが現実なのです。しかも、闇金であることを証明した上で警察に相談しなければ、そもそも相手にもして貰えません。

このような状況もあって、ヤミ金被害はどんどん増えています。
貸金業法の改正で借入条件が厳しくなったこともあり、現在では闇金業者数は増加、最盛期にせまる勢いです。
どうすれば闇金からの借金返済問題を解決できるのでしょうか?

警察が駄目なら弁護士に、と考える方が多いのですが、実は闇金問題に取り組んでくれる弁護士は殆どいません。
闇金からの借金は、少額のケースが多く、面倒な割には大した収入にならないからです。
暴力団や詐欺グループと繋がりのある業者も多く、強引な取り立て手法に対抗できるノウハウを持っている法律事務所が少ないということもあります。

ただ、こういった中でもヤミ金被害者のため、しっかりとした対応を行っている法律事務所も存在します。
一部の弁護士と、司法書士です。
現状では、ヤミ金被害の対応に熱心なのは、実は司法書士の方ですね。
報酬も弁護士よりも安いので、利用者にとってはありがたい存在です。
闇金からの借金の返済に悩んでいるなら、こういった法律事務所に相談するのが一番の解決策です。

今、闇金に一番強い事務所と口コミなどで評判なのが、「サルート法律事務所」です。
全国対応、相談無料、費用の後払い・分割払い可能と、かなり利用しやすくなっているので、一度相談してみると良いでしょう。

サルート法律事務所

債務整理

任意整理は債権者の合意が必要な借金解決方法。

債務整理のうち、任意整理というものが頻繁に行われているのが昨今の状況ですが、この任意整理は債権者と債務者の合意が前提となっていますので、この合意がとれないときちんとした手続きを踏むことはできません。
債権者とは借金をさせている方で、お金を貸している方のことです。逆に債務者は借金を背負っている方で、通常は任意整理をする場合には債務者が弁護士に依頼して債権者と交渉することになります。

債権者にとっては借金が帰ってこないと大損ですから、その損を可能な限り小さくするということで任意整理に応じてくれることになります。
しかし、その任意整理の要求があまりにも酷いと債権者も同意してはくれませんから、きちんとした合意を得るためには双方の常識的なラインに持っていくことが求められます。

弁護士の仕事はこの常識、あるいは一般論と言えるようなところにあり、双方を納得させるために交渉の手段として、弁護士はいくらでも債権者とやりあってくれるのです。
債務者にとっては弁護士はとても頼りがいのある存在であり、この弁護士がいる限り通常は謝った選択を採ることはありません。

最終的には自己破産するかもしれないという立ち位置の方はより有利で、任意整理の際にも弁護士はそうした事実を先方に提示することでより有利な合意条件を持ってきてくれるようになります。

債務整理