債務整理後、クレジットカードは5年以上作れない?

債務整理手続きをしてしまうと、様々な問題点が発生してしまうことはよく言われていますが、特に生活で困る可能性があるのはクレジットカードです。
カードに制限がついてしまうと困ることも多くあると思います。
そして、債務整理手続きをするとクレジットカードがしばらく作れなくなるといったことをよく聞きますが、これはどのくらいの期間なのでしょうか。
これはだいたい5年程度は最低作ることができないとされています。

したがって、債務整理手続きをして5年以内にまたクレジットカードを作ろうとしても基本的には無理です。
もし作ることができるという会社があれば、そこはちょっと怪しいか?と思った方が良いです。
ちょっと長いと感じるかもしれませんが、クレジットカードは一生作ることができないというわけではありません。

しばらく我慢をしてもらえればまた再度作ることができますから、5年間くらい待ちましょう。
そして、その5年間の生活を不便だと感じたのであれば、もう2度と債務整理をしないように、クレジットカードを含めて、お金の使い方には注意していってほしいと思います。
破産後に初めてカードの便利さに気付くというケースもあると思いますから。

デビットカードという選択肢

キャッシングやクレジットカードを使い過ぎ、毎月の支払いが困難になってしまった時、どうすれば良いのでしょうか?
そんな際の、債務整理の1つとして自己破産があげられます。
手続きを行い、免責の許可が下りると、それまで生活を苦しめていた借金は全て免責されます。
自己破産をすることで、新しい人生をスタートすることが出来るでしょう。
ただし、デメリットもあります。

債務整理後、5年程度の期間はクレジットカードが持てない生活となることです。
破産したことが信用情報に記載されるため、審査が通らないのです。
クレジットカードに慣れている人は、カードを持てなくなるということに対して不安を感じるかもしれません。

しかし、借りては返しの借金生活の中でおかしくなっていた金銭感覚を、通常に戻すことが大切です。
毎月の月収に見合った生活をすれば、クレジットカードがなくても何の問題もありません。
債務整理後は今までのようにどこかから借金をしたり、カードで買い物をしたり、ということはできなくなります。
自分の収入と収支をしっかりと見つめ直し、計画性を持ったお金の使い方をするように心がけましょう。

ネットショッピングでクレジットカードがないと不便だ、という場合には、デビットカードを持つと良いでしょう。
デビットカードは自分の銀行口座に入っている金額分利用できるカードなので、一枚持っていると便利です。

債務整理

未成年で借金したらどうなる?未成年者の義務と免除。

未成年者は法律によって手厚く保護されていることが多いでしょう。
未成年とは言え、生活していくにはお金が必要になることもあります。
借金などを抱えてしまうケースはないでしょうか。

わかりやすい例を挙げると、未成年者の水商売です。
特に18歳未満を働かせた夜の店が、摘発されているケースをニュースなどで見かけることがあります。
この場合は働かせた店側に多くの非があると認められるわけですが、貸金業者も、未成年であることを確認せずにお金を貸したりしてしまうと、店側に非があると認められてしまうのです。

もちろん親の承諾があれば、未成年者でも借金をすることが可能です。
しかし、未成年者が勝手にサインして借りたところで、それは法律により無効になってしまうことがほとんどです。

未成年者が、身分証などを偽り、20歳以上であると偽って借金してしまうケースもあります。
この場合では、法律によって返済義務が生じる可能性があります。
また、未成年者が結婚している場合にも状況が少し変わってくるでしょう。

親の立場からすると、子どもが勝手に借金を作ったときに、支払いたくないと思われるかも知れません。
それは法律で支払い義務がないので大丈夫ですが、一度、分割で返済してしまったりなど、その子どもの借金を認めてしまった場合には、以後、返済義務が生じることがあるので注意しなければなりません。

このように法律によって、支払いが免除されたり、義務が生じたりすることはよくあります。
お金をうまく扱うためには、法律の勉強をすることが切っても切り離せない事実なのです。

債務整理

自己破産者は融資を受けられる?

融資の返済に行き詰まり、自己破産者になった場合、どんなことになるのか知っておくことは大事なことです。
クレジットカードの審査には必ず断られますし、自己破産者であるという情報が信用情報会社に長くて10年間残ることになります。

ブラックリストと呼ばれるものですが、掲載されてしまうと銀行や金融機関などで融資をしてもらうことが非常に難しくなります。
自己破産をして借金の整理ができても、社会的信用は失ってしまうといえるでしょう。
法律では7年と定義されていますが、その後も審査は厳しくなってしまいがちです。

自己破産者に対して融資が可能な金融機関は、多くの場合はヤミ金融に限定されます。
高い利息で借り入れをさせる闇金融しか、ブラックの状態では融資はしてくれないといえるでしょう。
今後自動車や住宅の購入のためにローンを組みたいと思っても、ブラックであればそれもできなくなります。

返済が難しいという状況にある人は、自己破産を検討する前に、他の手立てはないかを検討してください。
地域の自治体に出向いて相談するという方法もあります。

もし一度免責され、借金を帳消しにした場合には、二度と繰り返すことのないようにしなければなりません。
自己破産者になることは、自分一人の問題ではなく、家族、友人、連帯保証人の人などに迷惑をかけています。
安易に融資を受けて返済不能にならないようにすることが大切です。

債務整理

債務整理したら近所の人に知られてしまうの?

債務整理をするときに気になるのが「近所や職場の人に知られてしまうんじゃないの?」ということです。
結論から言うと、職場の人には知られることはほぼありませんが、持ち家がある場合には、近所の人には知られてしまう可能性があります。
債務整理方法の中でも、自己破産をするときに情報が漏れる可能性があるのは、官報に載ることと住宅の競売情報です。

官報は国や裁判所の決定などを広く知らせる目的で配布される広告のようなもので、県庁所在地の販売所で売られています。
またインターネットなどでは無料で読むことができます。
自己破産をすると、免責の決定として債務整理をした人の氏名や住所、管轄の裁判所名などが官報に載ります。

ただ、官報を毎日読んでいる人というのは滅多にいないので、あなたの知人が官報であなたの名前を見つける、という可能性はかなり低いです。
それほど心配する必要はないでしょう。

問題は住宅の競売のほうです。
持ち家がある場合、自己破産すると競売にかけられます。
この競売の情報についての広告が近所にも出まわる可能性があります。
競売にかけられてることが分かるため、債務整理をしたことが近所にも分かってしまうのです。
この他にも破産者名簿に一時的に載ることがありますが、役所の台帳が一般の人の目に触れることはないので、こちらは心配する必要はないでしょう。

債務整理

債務整理は必要ない!借金返済は仕事を頑張る原動力に。

借入をすれば、返済しなければなりません。
私は逃げるようなことをしたくないので、どんな苦境でも債務整理を検討したことはありません。
それどころか、ピンチのときこそ仕事に熱が入ります。

浪費癖が改善しない妻のせいで、生活費が足りなくなることがしばしばです。
その日に食べるものにも苦労する場合には、消費者金融から借り入れをしています。
節約すれば解決する問題であることは重々承知してはいるのですが、妻の堕落した生活を非難すれば、彼女お得意の中国語で反論するので、議論になりません。

ですから、しぶしぶ借金をし続けているというわけです。
一方で、私がスキルアップをしたと思える時期には、決まってお金を借りていたということがわかりました。
職場で求められている高度な資格試験に合格したり、誰もが不可能に思っていた仕事で大成功したりと、私の成長と借金は切り離せないと感じています。

どうしてそんなことになるのかを考えてみると、負債から感じる不安感に原因があるような気がしました。
必ずお金を返さなければならない強迫観念が、仕事に対するモチベーションを高めてくれるというわけです。
それに気付いてからは、借金も悪くないのではないかと思っています。
債務整理なんか必要ないのです。

債務整理