債務整理でクレジットカード・ローン地獄を脱出した体験談。

借金生活を初めて約8年。
先日、ようやく債務整理の返済を終えました。
本当に長かったです。
あらためて債務整理前の状況が記された書類に目を通し、いったい私は何をしてきたんだろうと後悔と悔しさ、虚しさに襲われました。

私が借金を始めたきっかけはクレジットカードでの買物です。
所持してからすぐのことでした。
もともと経済観念に欠陥があると自覚していたので、仕事のお付き合いで契約したクレジットカードは「持っているだけ」で、絶対に利用しないようにと気を付けていました。
しかし、どうしても買い逃したくない商品があり、ついに利用を解禁。
そこから限度額オーバーするまであっという間でした。

しだいにクレジットカードの利用額返済に困窮するように。
そしてカードに備え付けてあるキャッシングを知りました。
これが、坂道を転がり落ちる原因だったかもしれません。
今度はキャッシングをしながら利用し続けました。
金額はどんどん膨らみます。
やがてキャッシングも限度オーバーに。
その頃、何を買っていたのか、今でもほとんど覚えていません。
ただ、買い物することだけに執心していたのは事実です。

カードで入手したものは本当に欲しいものではありませんでした。
商品を受け取ったらゴール。
新品未着用の洋服も山ほどありました。
どんどん膨らむキャッシング借入残高、返済額、、ローン地獄です。

気づけばクレジットカード会社含め、6社から借金をしていました。
このローン地獄から抜け出るには、債務整理しか、もう方法はない。
そう思い、知人から司法書士事務所を紹介してもらいました。
債務整理後の生活は一変しました。

決まった金額を事務所あてに淡々と支払う日々。
4年かけて230万を返済しました。
社会的な信用に傷がついてしまいましたが、過去のことを振り返ってばかりいてもどうしようもありません。

これからはお金との向き合い方を変え、地道に生活していこうと思っています。
もう2度とローン地獄はごめんですし、債務整理はしたくありませんので。
本当に、こりごりです。

カードローン多重債務者が債務整理した体験談

今から話す出来事は全て、私が実際に体験したことである。
話を盛っているとか、そういうのは一切ない、真実の債務整理体験談だ。

私は、大学生時代に生まれて初めてクレジットカードを作り、卒業後、別のクレジット会社のカードを数枚作った。
カード全てにおいて、支払い方法をリボ払いに設定したため、たとえ支払いが多くなっても「後でリボ払いになるから」という安心感からか、限度額いっぱいまで買い物を楽しんでいた。
しかし、職場での人間関係に嫌気が差し、転職を機に収入が下がると、毎月のカードローンの返済がだんだんと苦になっていった。
そして、返済が滞るようになると、クレジット会社からの「督促状」が何枚も届く借金地獄に陥った。

そんな時、私はたまたま見たテレビの債務整理に関するCMで、とある司法書士事務所が私の地元に出張相談に来ることを知り、意を決して相談を申し込んだ。
担当者は親切にカードローン地獄の相談に応じてくれ、私は長い間胸につかえていたわだかまりがスッととれたような気がした。

その後、地元の裁判所にて債務整理の話し合いがもたれた。
そして各クレジット会社との和解がようやく成立した。
債務整理を行ったため、最低5年間は指定信用情報機関のブラックリストに掲載され、新規のカードローンは一切できないが、もう支払いに振り回されなくてもいいと思うと、それでもいいとさえ思えた。

現在、私はクレジット会社から定められた月々の返済額を地道に払っている。
皆さんもカードローン地獄の支払いに振り回されないように、計画的な返済プランを立ててほしい。

債務整理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA