債務整理したら人生終わり?

一昔前の借金のイメージは、ギャンブルや親の負債などの負のイメージがありました。
借金で債務整理というと、何か人生においてのマイナスな事を行った戒めの様なイメージでした。
しかし、今はまじめに人生を生きていても大借金は抱えてしまう時代です。

毎年毎に給料が上がり、ボーナスは年に2回出ていた頃とは違い、給料は上がるどころか下がって行き、ボーナスも出ません。
しかし、出費は逆に毎年、増えていきます。
住宅ローン、教育費、車のローンなどです。

そんな最中に諸々の税金の支払いが発生すれば、上がらない給料では生活出来ずに、カードに頼ってしまいます。
その第一歩から7年が経ち、カード会社6社の多重債務となってしまいました。
贅沢をした訳でもなく、ギャンブルをした訳でもありません。

なので、逆に悩んでしまいました。
妻に生活の全てを任せていての結果、しかし、上がらない給料をもってしては、妻に文句は言えませんでした。
しかし、自分の人生に対する苛立ちは募るばかりでした。

職場では上がらない業績や時間だけを浪費する無意味な会議に頭を悩ませ、家へ帰れば、借金の事で言い合いになる始末でした。
両親にも友達にも言えず、悶々と途方に暮れていました。
なぜ、まじめに生きている私がこんな目にと思う瞬間も数知れずでした。

そんな毎日に心身共に限界を感じ、今後の事を妻に相談した時に、債務整理への相談を提案されました。
私は債務整理は、人生に負けた人がやるものだと偏見な目で見ていましたが、そんな事は言ってられない状況でしたので、法律事務所へと夫婦で足を運ぶ事にいたしました。
しかし、私の話に耳を傾け、親身にアドバイスをして頂きました。
誠実な対応、今後の借金軽減などの提案を提示して頂き、帰る頃には、何か心に一筋の光が入った様でした。

勿論、借金が軽くなった事は大きかったのですが、誰にも言えなかった自分の悶々としている思いを話せた事や道筋を作って頂いた事への安堵が、私の心を軽くしてくれました。
任意整理の手続きをしましたが、そこからは、債務整理によるペナルティは、しっかり戒めとして受け止め、ここを人生のリスタートととらえて、軽くなった借金の支払いを開始して3年が経ちました。
後2年、しっかり完済をして、債務整理の経験を人生に生かせればと思っている日々です。

債務整理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA