FXで借金3000万、債務整理(自己破産)できますか?

FXでは、基本的に預けてある証拠金以上に損失がでないようロスカットという仕組みがあります。
ただし、レバレッジの高い取引を行っている際に急激な為替変動があり、ロスカットのシステムが作動する前に大きな損失が発生する可能性もゼロではありません。
FX会社のシステムトラブルで、ロスカット出来ないというケースもあるでしょう。
こういった場合、数千万円単位の借金が発生してしまう可能性もあります。

とても返済できない金額の負債を背負った場合、通常であれば自己破産して免責許可を受けることで、生活の再建が可能です。
生活の為の借金や事業資金などが、これにあたります。
ところが、ギャンブルなどの遊興費や、FXや株式取引など投資目的の負債については、免責不許可事由にあたり、自己破産を申請しても免責されないことになっています。
なぜ、投資目的の借金は免責されないのでしょうか?

それは、制度を悪用するケースが考えらる為です。
例えば株やFXのハイレバレッジで、ハイリスクハイリターンの投資を行ったとして、勝てば自分の儲け、負ければ自己破産してチャラという事を繰り返されると、経済の仕組みが壊れてしまいますよね。
ですので、制度悪用の防止策として不許可事由になっているのです。
それでは、制度を悪用するつもりなどなく、給料で返済できる金額ではない借金をFXで背負ってしまった場合、救済される方法はまったくないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。
実は、裁判所(裁判官)の裁量で、不許可事由に該当していても免責を認めることができる「裁量免責」というものがあります。
不正目的ではない事が大前提になりますが、返済目途がなく、本人も反省しており、今後同様の事を繰り返さないと判断して貰えれば、裁量免責を貰える可能性はあります。
ただ、文書で明確な基準が公開されているわけではありませんので、実際に免責を受けたいのであれば、実務に長けた弁護士に依頼する必要があります。

日々の法的手続きの中で、裁量免責を得るための微妙なさじ加減というか、「ツボ」を把握しているからです。
全額免責を得られなくても、FXで3000万円の借金を背負っているとして、それが500万円とか300万円とかになれば返済目途も出来ますよね。
そういった現実的なラインに弁護士は導いてくれますので、一人で悩まず、まずは法律事務所に相談してみましょう。
そして、無茶なFX投資は今後慎むようにしましょう。

債務整理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA