計画的な自己破産で借金踏み倒しは可能?!

延滞履歴や事故歴などがある場合はできないと思いますが、まだ真っ白な状態であれば、計画的な借金踏み倒しが可能だと思っています。
例えば、借りれるだけ借りて自己破産する。
そんなこともできるのではないでしょうか。
カードなどを作るときに連帯保証人はつけませんよね。

ところが国からの借りれ金や銀行の借り入れの場合は連帯保証人が必要になります。
そのため、自分が返済できなくなった場合は、連帯保証人が返済を迫られます。
迷惑をかけるわけです。

ところが連帯保証人がない場合、自己破産をしても誰にも迷惑はかけません。
キャッシング、カードローンで枠いっぱいに借り入れ、最後は破産をする。
それで踏み倒せるのではないでしょうか。

ただし、自己破産をするにも弁護士に依頼をしなければならず、そのお金もかかります。
また、これは上級者だと思いますが、一度、代弁になり、それを買い取った会社に返済を迫られた場合、数万円の返済で終了するとか。
これはわかる人にはわかる借金踏み倒し方です。

ちなみに代弁になると、金融会社はその再建を売却します。
その売却された再建を購入するヤクザな企業があるわけです。
再建は数万円で買い取っているので、その買い取った金額以上の返済をしてもらえれば収益になるのです。

債務整理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA