妻の浪費で借金まみれになった体験談。

私は家族を養うために、借金苦に苦しんでいます。
私は若くて綺麗な妻を貰えたものの、妻は働かず、家事をしたくないというので家政婦を雇い、働かない上に家事もしないために空いた時間はずっと、ランチやショッピングや娯楽を楽しんでいるのですから、お金がかかってしまうのです。
優しく、愛らしい人物なので別れることもできず、私は家族を養うために自分の食費を削り、欲しい物を我慢し、残業代のために深夜まで働き、返済をしています。

妻の浪費は家具、服飾品、行楽費用にと、どんどん私にお金を請求して気付けば借金まみれ、総額200万円にもなっていました。
お金を使うのを抑えて欲しいと希望すると、機嫌を悪くしたり、やつあたりをしてきます。
どうにかして浪費をやめてほしいと願うことで、私は非常にストレスを感じています。

仕事をしている間に、今頃は妻がまた浪費をしているのだろうか、借金の金利がこうしている間にもかさんでしまうと、心が苦しくなってしまうのです。
子供ができれば変わるだろうと思い、不妊治療のための医療費も支払っていますが、これがまたお金がかかり、借入がかさんでしまうのです。
結婚により幸せになれるかと思いきや、借金まみれ人生の始まりにすぎませんでした。

債務整理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA