身近な人から借金するメリットデメリットと人間関係の悪化。

お金と言うのはあっという間に手元からなくなってしまう物で、そうなると借金をしてお金を得なければいけなくなるのです。
借金をする場合、借り先がいくつか考えられます。

一番簡単な借り先としては、親や友人などの身近な人が挙げられます。
見知った親や友人ならば、お金を貸してと頼んだら、大抵は貸してくれるはずです。

身近な人から借金をした場合のメリットは、利息を取られる事がなくて返済期限がない所だと言えます。
利息にしても返済期限にしても、借金をした場合の負担となる物ですから、この両方がないと言うのは大きなメリットであると考えられます。

ただ身近な人から借金をした場合でもデメリットがあり、それは人間関係を悪化させてしまう恐れがあるという事です。
利息や返済期限がないからと言って、いつまでも借りたお金を返さなかったり、度々借金を頼んでいると、幾ら身近な人と言えども腹が立ってきます。

それで人間関係がこじれ、縁を切られてしまう恐れがあります。
ですから人間関係をおかしくさせないために、借金は消費者金融などの金融機関から借りた方が無難です。

しかし金融機関から借金をすると、借りたお金に利息が付され、更に返済期限もあります。
結局お金はどこから借りてもメリットデメリットがあり、借金なんてものは出来るだけしない方が良いと言う結論に辿りつきます。

債務整理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA