計画的な自己破産で借金踏み倒しは可能?!

延滞履歴や事故歴などがある場合はできないと思いますが、まだ真っ白な状態であれば、計画的な借金踏み倒しが可能だと思っています。
例えば、借りれるだけ借りて自己破産する。
そんなこともできるのではないでしょうか。
カードなどを作るときに連帯保証人はつけませんよね。

ところが国からの借りれ金や銀行の借り入れの場合は連帯保証人が必要になります。
そのため、自分が返済できなくなった場合は、連帯保証人が返済を迫られます。
迷惑をかけるわけです。

ところが連帯保証人がない場合、自己破産をしても誰にも迷惑はかけません。
キャッシング、カードローンで枠いっぱいに借り入れ、最後は破産をする。
それで踏み倒せるのではないでしょうか。

ただし、自己破産をするにも弁護士に依頼をしなければならず、そのお金もかかります。
また、これは上級者だと思いますが、一度、代弁になり、それを買い取った会社に返済を迫られた場合、数万円の返済で終了するとか。
これはわかる人にはわかる借金踏み倒し方です。

ちなみに代弁になると、金融会社はその再建を売却します。
その売却された再建を購入するヤクザな企業があるわけです。
再建は数万円で買い取っているので、その買い取った金額以上の返済をしてもらえれば収益になるのです。

お金がなくてご飯が食べられない!借金地獄の体験談。

私が長年苦しみ続けた借金返済地獄の体験談です。
どうして借金を作ったのかと、誰もが理由を尋ねますが働いても働いてもお金が得られないブラック企業に勤めており、ただ生活をするだけでも赤字状態、それにストレスが加えられた時、つい浪費に走ったためでした。

低収入であるために普段から節約に努めていたのですが、貯金はできませんし、食べる物も質素でありストレスは溜まるばかり、反動から一気に浪費をしてしまいました。
今まで我慢をしていた外食、交遊、休暇、洋服、遊興、全て遊び尽くし気付くと230万円もの借金ができていました。

給料が少ないために、他社からも借り入れては返済に充てる、と繰り返し無駄な金利を支払う日々。
自転車操業をしていると、ついに大手消費者金融から新規に借り入れる事ができなくなりました。

お金が無くて困るのが、ご飯が食べられない事です。
いつも飢えながら仕事をしており、食事を残す人が信じられない程でした。
ひどい時期は、光熱費を節約するためにお風呂を我慢していたのですが、臭うようで他人、特に若い女性からにらまれる事が度々ありました。

お金に困ると恥など無くなり、友人にお金を貸して下さい、ご飯を恵んで下さい、と頭を下げて回り、「あいつはお金に困っている」と友人も離れて行きました。
返済のためにぎりぎりまで光熱費や水道代は支払わなくなり、時が訪れると水が出なくなったり、電気が点かなくなったりしましたが、その度にトイレはコンビニで済ませ、風呂には入らず、ペットボトルの水で過ごし、電気が無いためにロウソクを常備し、灯して過ごすようになりました。

キッチンのガスコンロが壊れても直せないのでカセットコンロを利用していました。
腹が膨れないのでイライラ、督促の電話に恐々、正に地獄の日々でした。

何度も、この世を絶とうと思いましたが、結局は債務整理で解決しました。
もう二度とあんな体験はしたくありません。

FXで借金3000万、債務整理(自己破産)できますか?

FXでは、基本的に預けてある証拠金以上に損失がでないようロスカットという仕組みがあります。
ただし、レバレッジの高い取引を行っている際に急激な為替変動があり、ロスカットのシステムが作動する前に大きな損失が発生する可能性もゼロではありません。
FX会社のシステムトラブルで、ロスカット出来ないというケースもあるでしょう。
こういった場合、数千万円単位の借金が発生してしまう可能性もあります。

とても返済できない金額の負債を背負った場合、通常であれば自己破産して免責許可を受けることで、生活の再建が可能です。
生活の為の借金や事業資金などが、これにあたります。
ところが、ギャンブルなどの遊興費や、FXや株式取引など投資目的の負債については、免責不許可事由にあたり、自己破産を申請しても免責されないことになっています。
なぜ、投資目的の借金は免責されないのでしょうか?

それは、制度を悪用するケースが考えらる為です。
例えば株やFXのハイレバレッジで、ハイリスクハイリターンの投資を行ったとして、勝てば自分の儲け、負ければ自己破産してチャラという事を繰り返されると、経済の仕組みが壊れてしまいますよね。
ですので、制度悪用の防止策として不許可事由になっているのです。
それでは、制度を悪用するつもりなどなく、給料で返済できる金額ではない借金をFXで背負ってしまった場合、救済される方法はまったくないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。
実は、裁判所(裁判官)の裁量で、不許可事由に該当していても免責を認めることができる「裁量免責」というものがあります。
不正目的ではない事が大前提になりますが、返済目途がなく、本人も反省しており、今後同様の事を繰り返さないと判断して貰えれば、裁量免責を貰える可能性はあります。
ただ、文書で明確な基準が公開されているわけではありませんので、実際に免責を受けたいのであれば、実務に長けた弁護士に依頼する必要があります。

日々の法的手続きの中で、裁量免責を得るための微妙なさじ加減というか、「ツボ」を把握しているからです。
全額免責を得られなくても、FXで3000万円の借金を背負っているとして、それが500万円とか300万円とかになれば返済目途も出来ますよね。
そういった現実的なラインに弁護士は導いてくれますので、一人で悩まず、まずは法律事務所に相談してみましょう。
そして、無茶なFX投資は今後慎むようにしましょう。

債務整理専門の弁護士に相談したけど後悔しています。

現在、債務整理で相談中ですが、すでに後悔しています。
最初に無料相談を受けて余り印象は良くなかったのですが、その事務所は弁護士さんが沢山いて、他の人が対応いてくれるかも知れないと言う気持ちがありました。
それに、別の事務所にまた行って相談するのも面倒くさいと言うのもあって、そこにお願いしました。
それに、そこは債務整理を専門にしている事務所と言うのもあって安心して契約しました。

しかし、何回か面談があったのですが、最初の時の弁護士さんと債務整理を依頼する契約をして着手金も払ってしまったので、仕方なく話しを進めました。
質問も、矢継ぎ早で、数年前のローンの使い道を聞かれ、中々思い出せずに、大体の返事をして次、来た時にきちんと調べて話せば良いかと言う位に軽く考えていました。
そして、次の面談までに自分なりに日記や領収書を見て一覧にして持っていって、以前聞かれた質問に答えました。

すると、弁護士さんからは、この前聞いた話と違いますね、金額が合わないですね、収入の減った原因は判らないのですか?などと早口で聞かれました。
何年もかけて借金が増えて、確実に何時頃こんな事があったから、収入が減ったと言うのも、その場では思い出せず、心身共に参っている時に余りの質問攻めに情けなくなるやら、債務整理の相談ではなく警察の取調べでも受けているような錯覚に陥って、涙が出て止まりませんでした。

それを見て弁護士さんも少しは悪いと思われた様で謝って下さいましたが、未だに裁判所が申し立てを許可してくれず、毎日の様に書類の提出をさせられています。
借金をして、債務整理する事になったのは自分が悪いと思っていますが、もう少し事務所選びを考えれば良かったと後悔しました。
もう弁護士さんのお世話にはなりたくありませんが、次は二度とこの事務所には頼まないでおこうと思いました。

債務整理したら人生終わり?

一昔前の借金のイメージは、ギャンブルや親の負債などの負のイメージがありました。
借金で債務整理というと、何か人生においてのマイナスな事を行った戒めの様なイメージでした。
しかし、今はまじめに人生を生きていても大借金は抱えてしまう時代です。

毎年毎に給料が上がり、ボーナスは年に2回出ていた頃とは違い、給料は上がるどころか下がって行き、ボーナスも出ません。
しかし、出費は逆に毎年、増えていきます。
住宅ローン、教育費、車のローンなどです。

そんな最中に諸々の税金の支払いが発生すれば、上がらない給料では生活出来ずに、カードに頼ってしまいます。
その第一歩から7年が経ち、カード会社6社の多重債務となってしまいました。
贅沢をした訳でもなく、ギャンブルをした訳でもありません。

なので、逆に悩んでしまいました。
妻に生活の全てを任せていての結果、しかし、上がらない給料をもってしては、妻に文句は言えませんでした。
しかし、自分の人生に対する苛立ちは募るばかりでした。

職場では上がらない業績や時間だけを浪費する無意味な会議に頭を悩ませ、家へ帰れば、借金の事で言い合いになる始末でした。
両親にも友達にも言えず、悶々と途方に暮れていました。
なぜ、まじめに生きている私がこんな目にと思う瞬間も数知れずでした。

そんな毎日に心身共に限界を感じ、今後の事を妻に相談した時に、債務整理への相談を提案されました。
私は債務整理は、人生に負けた人がやるものだと偏見な目で見ていましたが、そんな事は言ってられない状況でしたので、法律事務所へと夫婦で足を運ぶ事にいたしました。
しかし、私の話に耳を傾け、親身にアドバイスをして頂きました。
誠実な対応、今後の借金軽減などの提案を提示して頂き、帰る頃には、何か心に一筋の光が入った様でした。

勿論、借金が軽くなった事は大きかったのですが、誰にも言えなかった自分の悶々としている思いを話せた事や道筋を作って頂いた事への安堵が、私の心を軽くしてくれました。
任意整理の手続きをしましたが、そこからは、債務整理によるペナルティは、しっかり戒めとして受け止め、ここを人生のリスタートととらえて、軽くなった借金の支払いを開始して3年が経ちました。
後2年、しっかり完済をして、債務整理の経験を人生に生かせればと思っている日々です。