身近な人から借金するメリットデメリットと人間関係の悪化。

お金と言うのはあっという間に手元からなくなってしまう物で、そうなると借金をしてお金を得なければいけなくなるのです。
借金をする場合、借り先がいくつか考えられます。

一番簡単な借り先としては、親や友人などの身近な人が挙げられます。
見知った親や友人ならば、お金を貸してと頼んだら、大抵は貸してくれるはずです。

身近な人から借金をした場合のメリットは、利息を取られる事がなくて返済期限がない所だと言えます。
利息にしても返済期限にしても、借金をした場合の負担となる物ですから、この両方がないと言うのは大きなメリットであると考えられます。

ただ身近な人から借金をした場合でもデメリットがあり、それは人間関係を悪化させてしまう恐れがあるという事です。
利息や返済期限がないからと言って、いつまでも借りたお金を返さなかったり、度々借金を頼んでいると、幾ら身近な人と言えども腹が立ってきます。

それで人間関係がこじれ、縁を切られてしまう恐れがあります。
ですから人間関係をおかしくさせないために、借金は消費者金融などの金融機関から借りた方が無難です。

しかし金融機関から借金をすると、借りたお金に利息が付され、更に返済期限もあります。
結局お金はどこから借りてもメリットデメリットがあり、借金なんてものは出来るだけしない方が良いと言う結論に辿りつきます。

消費者金融で借金200万!返済地獄になった体験談です。

その当時は本当にお金に困ってしまっていました。
何故お金に困っていたかと言うと、ギャンブルにハマっていたからです。
ギャンブルにも色々種類があるのですが、当時は競馬にハマっていました。
競馬は基本的には土日と祝日にしか開催されないのですが、一度に何万円も掛けることが出来ます。

ですので、負けが込んでしまうとそれを取り返そうとするので、どんどん出費がかさむことになりました。
そうしている内に、給料だけで生活することやギャンブルすることが出来なくなってしまったので、消費者金融で借金することにしました。
消費者金融には最初は10万円くらいを借りていたのですが、それをギャンブルに使うとまたお金を借りるの繰り返しで、コツコツと200万円ほど借りてしまいました。

さすがに借りることを断られてしまってから我に返りました。
もうまともに返済することも出来なくなっていました。
生活も極貧生活になってしまいました。

まずは食費にお金を掛けることが出来ませんので、米も買うことが出来ません。
安く購入することが出来るのはパスタですので、パスタだけ買ってケチャップを掛けて食べるという生活もありました。
まさに借金地獄です。

当然友人と遊びに行くことが出来ません。
会社の同僚も遊びに誘ってくれたりするのですが、お金がないので全く遊びに行けなくなってしまいました。
付き合いが悪くなると回りが誘ってくれなくなりますので、会社でも友人が減ってしまいました。

このままでは駄目だと思ったので、地獄から脱出すべく、生活を切り詰めて返済を続けました。
そうすると、200万円あった借金も徐々に減らすことが出来ました。
頑張って金額を減らすことで、数年で返済することができました。
お金は安易に借りてはいけないと身に染みて感じました。

消費者金融で200万円利用して借金の怖さを実感しました。

私自身、かなり認識が甘かったと今では思っています。
もともと普通に生活できるだけの給料は頂いていました。
しかし、遊行費欲しさに消費者金融を利用するようになりました。

借り入れの際も、当時は消費者金融の無人契約機のテレビコマーシャルが全盛で、借金というイメージも、キャッシングとうフレーズで麻痺していたかと思います。
契約する際にも、勤続年数も5年ほど経過していたためか、割とスムーズに進行していきました。

最初に借入した金額が50万円で、返済方法はリボ払い方式でした。これがなかなか完済するのを難しくさせているシステムで、毎月返済していくと元本が減っていきます。
そして返済途中なんですが、また借入が可能になるのです。
つまり長期間お金を借りている状態になる可能性が高まります。

確かに支出の多い月にはすごく便利な制度ですが、少しでも気がゆるんでしまうとだらだらとした返済生活になってしまいます。
借入期間が長ければ長いほど、返済金額は多くなります。

そして返済期間も割と長めに設定してあるので、返済しては借り返済しては借りという行為を繰り返しがちになります。
借り入れも本当に必要でないのならすべきではなかったと今では思います。

結局私も返済期間が長引いていきました。
途中で消費者金融から借入枠の増額を勧められ、限度額は最終的に200万円になり、完済するまでに4年近くかかりました。

返済期間中は、減俸処分みたいに手取り金額が減りますので、かなり精神的にもストレスになりました。
今では住宅ローンやマイカーローン以外の借り入れはしないようにしています。

未成年で借金したらどうなる?未成年者の義務と免除。

未成年者は法律によって手厚く保護されていることが多いでしょう。
未成年とは言え、生活していくにはお金が必要になることもあります。
借金などを抱えてしまうケースはないでしょうか。

わかりやすい例を挙げると、未成年者の水商売です。
特に18歳未満を働かせた夜の店が、摘発されているケースをニュースなどで見かけることがあります。
この場合は働かせた店側に多くの非があると認められるわけですが、貸金業者も、未成年であることを確認せずにお金を貸したりしてしまうと、店側に非があると認められてしまうのです。

もちろん親の承諾があれば、未成年者でも借金をすることが可能です。
しかし、未成年者が勝手にサインして借りたところで、それは法律により無効になってしまうことがほとんどです。

未成年者が、身分証などを偽り、20歳以上であると偽って借金してしまうケースもあります。
この場合では、法律によって返済義務が生じる可能性があります。
また、未成年者が結婚している場合にも状況が少し変わってくるでしょう。

親の立場からすると、子どもが勝手に借金を作ったときに、支払いたくないと思われるかも知れません。
それは法律で支払い義務がないので大丈夫ですが、一度、分割で返済してしまったりなど、その子どもの借金を認めてしまった場合には、以後、返済義務が生じることがあるので注意しなければなりません。

このように法律によって、支払いが免除されたり、義務が生じたりすることはよくあります。
お金をうまく扱うためには、法律の勉強をすることが切っても切り離せない事実なのです。

債務整理は必要ない!借金返済は仕事を頑張る原動力に。

借入をすれば、返済しなければなりません。
私は逃げるようなことをしたくないので、どんな苦境でも債務整理を検討したことはありません。
それどころか、ピンチのときこそ仕事に熱が入ります。

浪費癖が改善しない妻のせいで、生活費が足りなくなることがしばしばです。
その日に食べるものにも苦労する場合には、消費者金融から借り入れをしています。
節約すれば解決する問題であることは重々承知してはいるのですが、妻の堕落した生活を非難すれば、彼女お得意の中国語で反論するので、議論になりません。

ですから、しぶしぶ借金をし続けているというわけです。
一方で、私がスキルアップをしたと思える時期には、決まってお金を借りていたということがわかりました。
職場で求められている高度な資格試験に合格したり、誰もが不可能に思っていた仕事で大成功したりと、私の成長と借金は切り離せないと感じています。

どうしてそんなことになるのかを考えてみると、負債から感じる不安感に原因があるような気がしました。
必ずお金を返さなければならない強迫観念が、仕事に対するモチベーションを高めてくれるというわけです。
それに気付いてからは、借金も悪くないのではないかと思っています。
債務整理なんか必要ないのです。

ローンの一本化で借金を解決する債務整理方法。

闇金を利用してしまう人の中には借金を既に抱えている状態で、その借金を借りている消費者金融や銀行に返済することができないという理由から借金を借金で返済する目的で利用する人がいますが、闇金の場合は連絡を入れるとリアルタイムでお金を貸してくれるところがほとんどなので、一時的にはこれで問題が解決したかのように思えます。

しかし、翌日からは高金利に対しての返済が始まることになりますが、ほとんどの場合は金利の支払いだけで精いっぱいとなってしまい、肝心な元金についてはいつまでも減らないという状況になるので、こうならないためには最初から闇金を利用しないということが肝心です。

複数の金融機関からお金を借りている場合は闇金からまとまったお金を借りて借金を一本化するのではなく、正規の金融機関が提供しているおまとめローンや借り換えローンという借金一本化のために用意されているローンの利用をおすすめします。

このローンはいくつかの銀行や消費者金融からお金を借りている場合に適用されるローンですが、債務先がいくつかあるとそれぞれの金融機関に対して返済する金額や金利は少ないとしても返済が重なることによってかなりの負担になることが想定されます。

しかし、借金をまとめることによって債務先が一カ所になるので返済までの計画が立てやすくなるため、借金の完済という具体的な目標が作られ、コツコツ返済することで確実に借金完済ができる状態を作ることができます。