計画的な自己破産で借金踏み倒しは可能?!

延滞履歴や事故歴などがある場合はできないと思いますが、まだ真っ白な状態であれば、計画的な借金踏み倒しが可能だと思っています。
例えば、借りれるだけ借りて自己破産する。
そんなこともできるのではないでしょうか。
カードなどを作るときに連帯保証人はつけませんよね。

ところが国からの借りれ金や銀行の借り入れの場合は連帯保証人が必要になります。
そのため、自分が返済できなくなった場合は、連帯保証人が返済を迫られます。
迷惑をかけるわけです。

ところが連帯保証人がない場合、自己破産をしても誰にも迷惑はかけません。
キャッシング、カードローンで枠いっぱいに借り入れ、最後は破産をする。
それで踏み倒せるのではないでしょうか。

ただし、自己破産をするにも弁護士に依頼をしなければならず、そのお金もかかります。
また、これは上級者だと思いますが、一度、代弁になり、それを買い取った会社に返済を迫られた場合、数万円の返済で終了するとか。
これはわかる人にはわかる借金踏み倒し方です。

ちなみに代弁になると、金融会社はその再建を売却します。
その売却された再建を購入するヤクザな企業があるわけです。
再建は数万円で買い取っているので、その買い取った金額以上の返済をしてもらえれば収益になるのです。

FXで借金3000万、債務整理(自己破産)できますか?

FXでは、基本的に預けてある証拠金以上に損失がでないようロスカットという仕組みがあります。
ただし、レバレッジの高い取引を行っている際に急激な為替変動があり、ロスカットのシステムが作動する前に大きな損失が発生する可能性もゼロではありません。
FX会社のシステムトラブルで、ロスカット出来ないというケースもあるでしょう。
こういった場合、数千万円単位の借金が発生してしまう可能性もあります。

とても返済できない金額の負債を背負った場合、通常であれば自己破産して免責許可を受けることで、生活の再建が可能です。
生活の為の借金や事業資金などが、これにあたります。
ところが、ギャンブルなどの遊興費や、FXや株式取引など投資目的の負債については、免責不許可事由にあたり、自己破産を申請しても免責されないことになっています。
なぜ、投資目的の借金は免責されないのでしょうか?

それは、制度を悪用するケースが考えらる為です。
例えば株やFXのハイレバレッジで、ハイリスクハイリターンの投資を行ったとして、勝てば自分の儲け、負ければ自己破産してチャラという事を繰り返されると、経済の仕組みが壊れてしまいますよね。
ですので、制度悪用の防止策として不許可事由になっているのです。
それでは、制度を悪用するつもりなどなく、給料で返済できる金額ではない借金をFXで背負ってしまった場合、救済される方法はまったくないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。
実は、裁判所(裁判官)の裁量で、不許可事由に該当していても免責を認めることができる「裁量免責」というものがあります。
不正目的ではない事が大前提になりますが、返済目途がなく、本人も反省しており、今後同様の事を繰り返さないと判断して貰えれば、裁量免責を貰える可能性はあります。
ただ、文書で明確な基準が公開されているわけではありませんので、実際に免責を受けたいのであれば、実務に長けた弁護士に依頼する必要があります。

日々の法的手続きの中で、裁量免責を得るための微妙なさじ加減というか、「ツボ」を把握しているからです。
全額免責を得られなくても、FXで3000万円の借金を背負っているとして、それが500万円とか300万円とかになれば返済目途も出来ますよね。
そういった現実的なラインに弁護士は導いてくれますので、一人で悩まず、まずは法律事務所に相談してみましょう。
そして、無茶なFX投資は今後慎むようにしましょう。

借金600万!ネットワークビジネスで自己破産した体験談。

学校を卒業してから15年ほどずっとホワイトカラーのサラリーマンをしています。
給料も安い方の部類に入るので貯金ができないながらも堅実に働いてきました。
そんな私が、借金600万円で自己破産した体験談です。

お金を借りだしたのは高校時代の友人からのネットワークビジネスの誘いでした。
セミナーに行って半ば洗脳された状態になり、安月給で働くのが嫌になってしまったのです。
それはサプリメントのネットワークビジネスで、入会するのは30万円分の健康食品を購入することが条件でした。

当然そんな預金もあるはずがなく、消費者金融のカードローンで支払うことを勧められました。
30万円は今まで無借金だったので、あっという間に借りることができました。
ネットワークビジネスで報酬を受け取るためにはオートシップという継続して商品を購入し続けるプランに入る必要があり、消費しきれない健康食品を購入し続けました。

借癖がついたこともあり、足りない分を借りて、返済するために借りているうちに気がつけば借金は600万円になっていました。
給料から家賃と生活費を引いた金額全てを返済に廻しても足りなくなり債務整理を依頼する決意をしました。

ネットの情報などから法律事務所を探し、弁護士と面談しました。
弁護士への相談料は5千円でしたが、着手金10万円の工面が大変でした。

私の場合、借りている金額が大きいという事もあって、結局自己破産することになりました。
借金600万円の返済はぱったり無くなって目の前が明るくなりましたが、交通費のICカードのクレジット機能のあるカード等が作れなくなり、かなり不便な思いはしております。
自業自得なので仕方ありませんが、ホント後悔しています。

連帯保証人になっている父親が債務整理(自己破産)した体験談。

自営業の父親を見て育ち、その自転車操業ぶりが嫌で自分は絶対「雇用者」として働きたいと思っていました。
そしてその通りに大手企業に就職し、結婚相手も手に職のある大手のエンジニア。
普通に安定が一番だと満足し、15年間穏やかな結婚生活を送っていたのです。

そんな生活が一変したのは3年前。
父から珍しく電話がかかってきました。
一生続けると言っていた仕事を畳むとのこと。
よくよく聞くと多額の借金があり、それがどうしようもない所までいってしまったようです。
これには驚きました。
つい先日も食事に行き、羽振り良く支払っていたし、お金に困っていると聞いたことがありません。

しかし唯一不安だったのが、一度だけ借金の保証人になった信用金庫の融資。
200万円分だけ融資を受けたい、新規の所だから保証人が必要、来月には返せる金額だからと言われてOKしてしまったのです。
気になってその週末に実家にいって話を聞くと、その分の返済も出来ていませんでした。
半分近く残っていた分が金利が、10年以上前の借金のために膨らも大きく倍以上に。
父は債務整理(自己破産)も考えているようで、そうなるとその分だけでも、保証人の私が返済しなければなりません。

責める気も起きず、とりあえず働かなければ、とそれだけを考えました。
仕事は子どもが生まれたのが比較的遅く、出産時点で退職しています。
ただ小学生になっているのでパートに出ることは可能。
早速職探しをし、週に4回の営業と週に2回のウェイトレスを掛け持ちすることにしたのです。
保証人になっている200万余りをすぐに返済したい一心で、月に10万円は返済することに決めました。

貯金もありますが、家族のために使うもの。
実家に関してはここから使いたくないという意地もあり、2年近くかけて保証人分の借金は完済。
その間は自分のものはほとんど買わず、お昼ご飯は残り物を弁当にするなど徹底して節訳しました。
価値観も変わり、友人との付き合いも減って人生が終わったような気分です。
父はその頃に債務整理(自己破産)が認定されました。
これで、その他の借金問題も一段落です。

債務整理(自己破産)をするまで隠し通してくれないで良かった。
それだけはホッとしています。
その時点で自分に負債として回ってきたら父を許せなかったかもしれません。
借金の保証人の怖さも知りましたし、子供にはお金の怖さを何度も教えていくつもりです。

借金400万で自己破産(債務整理)した体験談。

5年前に法律事務所に債務整理を依頼して自己破産をしました。
当時の借金総額は400万円。
車のローンが150万円、消費者金融のプロミスで100万円、レイクで50万円、アコムで100万円の4件。
合計で400万円の借金がある状態でした。

毎月の借金返済額はトータルすると7万円から8万円の間となっていて、生活がかなり圧迫されていた状態だったので、このままでは返済し終わる事出来ない感じて、地元の中山智康弁護士事務所に債務整理を依頼をしました。

法律事務所でまず無料相談を行い詳しい説明を聞きましたが、着手金が10万円必要で、着手金が収められなければ依頼を着手出来ないいう、ちょっと厳しい状況に追い込まれました。
今ではネットなどで探せば、自己破産の弁護士費用を初めから分割にしてくれる事務所がたくさんある事を知りましたが、当時はその自分の住んでいる地元の法律事務所しか頭になかったのです。

とはいえ着手金を払わなければ、借金400万の債務整理が前に進めない状態だったので、親に事実を話し10万円を借りる事にしました。
親に話すのは非常に嫌だったのですが、背に腹は変えられず親を悲しませた事は今でも後悔をしています。

着手金10万円を払った事で、それ以降、借金400万の返済をする事は一旦ストップとなりました。
それだけでも安堵感がありましたが、そこからは法律事務所で何回か面談を重ね、依頼してから約2ヶ月程度で自己破産の免責決定となりました。

借金400万の全てがゼロになりましたが、費用の弁護士費用の総額は30万円前後です。
着手金の10万円を除いた20万円は、免責決定後、毎月分割で2万円ずつを支払う契約をしました。
10ヵ月で無事に弁護士費用も支払い終わり、晴れて支払いのない生活を送れる様になったのです。
ただ、それからは新たな借金がしばらく出来ないので、実際の生活はギリギリで厳しいのが現実です。

ただ自己破産の手続きを弁護士に依頼して、スムーズに進んだ事は今でも良かったと感じています。
自分でも手続き出来る事は知っていましたが、専門家に依頼した事により自分がする事は少なく、精神的にも負担はありませんでした。
自己破産は費用はかかりますが、色んな意味で考えれば、弁護士に依頼する事が正解だと感じます。