債務整理したら人生終わり?

一昔前の借金のイメージは、ギャンブルや親の負債などの負のイメージがありました。
借金で債務整理というと、何か人生においてのマイナスな事を行った戒めの様なイメージでした。
しかし、今はまじめに人生を生きていても大借金は抱えてしまう時代です。

毎年毎に給料が上がり、ボーナスは年に2回出ていた頃とは違い、給料は上がるどころか下がって行き、ボーナスも出ません。
しかし、出費は逆に毎年、増えていきます。
住宅ローン、教育費、車のローンなどです。

そんな最中に諸々の税金の支払いが発生すれば、上がらない給料では生活出来ずに、カードに頼ってしまいます。
その第一歩から7年が経ち、カード会社6社の多重債務となってしまいました。
贅沢をした訳でもなく、ギャンブルをした訳でもありません。

なので、逆に悩んでしまいました。
妻に生活の全てを任せていての結果、しかし、上がらない給料をもってしては、妻に文句は言えませんでした。
しかし、自分の人生に対する苛立ちは募るばかりでした。

職場では上がらない業績や時間だけを浪費する無意味な会議に頭を悩ませ、家へ帰れば、借金の事で言い合いになる始末でした。
両親にも友達にも言えず、悶々と途方に暮れていました。
なぜ、まじめに生きている私がこんな目にと思う瞬間も数知れずでした。

そんな毎日に心身共に限界を感じ、今後の事を妻に相談した時に、債務整理への相談を提案されました。
私は債務整理は、人生に負けた人がやるものだと偏見な目で見ていましたが、そんな事は言ってられない状況でしたので、法律事務所へと夫婦で足を運ぶ事にいたしました。
しかし、私の話に耳を傾け、親身にアドバイスをして頂きました。
誠実な対応、今後の借金軽減などの提案を提示して頂き、帰る頃には、何か心に一筋の光が入った様でした。

勿論、借金が軽くなった事は大きかったのですが、誰にも言えなかった自分の悶々としている思いを話せた事や道筋を作って頂いた事への安堵が、私の心を軽くしてくれました。
任意整理の手続きをしましたが、そこからは、債務整理によるペナルティは、しっかり戒めとして受け止め、ここを人生のリスタートととらえて、軽くなった借金の支払いを開始して3年が経ちました。
後2年、しっかり完済をして、債務整理の経験を人生に生かせればと思っている日々です。

債務整理の目安・タイミングは?シュミレーションは可能?

債務整理を行う目安・タイミングは特に決まってはいませんが、一般的に手取り月収の3割以上を、月々の返済に取られるようになると生活が逼迫してきますので、そのタイミングで債務整理を検討することになるでしょう。
転職や、失業などの収入が下がったタイミングで弁護士に相談される方も多いですね。

債務整理方法を決める目安

債務整理を法律事務所に依頼すると、弁護士は各債権者に連絡して借金返済の履歴表を取り寄せます。
履歴を元に、利息制限法に基づいた金利の引き直し計算を行い、現在の借入残高を算出します。
そして住宅ローン以外を今の収入で3年~5年以内に完済できないようであれば、自己破産手続きを勧められます。
3~5年以内に完済できて住宅ローンがあれば個人再生、住宅ローンがなければ任意整理のパターンが多いです。
もちろん、自宅売却を行う人もいるので一概には言えませんが、上記のような流れになるのが殆どです。

債務整理で解決できるか事前に確認したい

初回相談無料の弁護士が増えたとはいえ、やはり法律事務所に連絡することに抵抗のある人は多いようです。
当サイトでも紹介していますが、インターネットで簡単にシミュレーションが可能ですので、まずは自分の状況で弁護士に依頼して解決可能かどうかを確認すると良いでしょう。
名前・住所・電話番号などの個人情報なしでシミュレーション可能なので、債務整理を検討中の人にかなり人気です。

債務整理のメリット・デメリットについて教えて下さい。

債務整理には、次の4つの方法があります。
・自己破産
・任意整理
・特定調停
・個人再生

債務整理のメリット

それぞれに異なる法的な借金返済方法ですが、中でも自己破産は全ての債務が帳消しになる最終手段となります。
それ以外の方法は、内容は違っていても、基本的には毎月分割で支払いを行っていくことには変わりありません。
共通したメリットと言えるのは、利息制限法での金利引き直しを行うため、現在の借入残高が圧縮される点です。

そして引き直し後の残高を分割返済していくことになりますが、弁護士に任意整理を依頼すると、殆どの場合、将来利息が掛からないというメリットもあります。
自分自身で特定調停などを申し立てても、最近は金融業者から引き直し後の残高一括返済を請求されたり、将来利息のカットを拒否される事例が相次いでいますので、整理の方法でメリットが得られなくなる点には注意が必要です。
弁護士に依頼した場合は、その時点で金融会社からの督促がストップするのも、精神的に大きなメリットを言えます。

債務整理のデメリット

どの方法にも共通して言えるのは、いわゆる金融ブラックになる点です。
借りたお金を返さない、あるいは減額させるわけですから、これは仕方ないことです。
信用情報機関のシステムによって異なりますが、その期間は約5年~7年程度と言われています。

借金して返済が上手く行かなかったのですから、しばらく借入なしで生活しなさいという事ですね。
自己破産は、債務が帳消しになるだけに他にも色々な制限やデメリットがあります。
詳しくはこちらのページを参照して下さい。

債務整理のデメリット|手続き別デメリット一覧

債務整理体験談

私は以前に借金を整理しました。
当時はカードローンとクレジットカードで合計300万円の借入があり、毎月の収入は20万ほどだったのでかなり返済は苦しい状況でした。
月々の支払いは最少額でもカードローンで3万円、クレジットカードで4万円。
毎月7万円は絶対に借金返済で必要な状況でこれがかなり苦しかったです。
税金など他にも月々の出費がいくらかあったので生活費がやばくなることも多かったです。

私はこの状況で完済することは難しいと思い債務整理を決意しました。
まず、手続きを依頼する為の法律事務所探しから始めました。
インターネットから債務整理をやってくれる法律事務所を探しました。
そして、テレビCMで有名な法律事務所を見つけました。
ここは無料で債務整理について相談出来ると書いてあったので、これが何気に法律事務所の決め手になりました。

無料相談でどんな借入がどのくらいの金額あるのか色々と質問されました。
その中で、債務整理をする事で借金がどうなるのか具体的に説明を受けることが出来たので依頼しやすかったです。
結局、この法律事務所で任意整理をしてもらうことにしました。

私はカードローンとクレジットカードの300万円の借金以外は他に債務が無かったので、弁護士さんの判断で任意整理をしてもらうことになりました。
任意整理によって残高が240万円ほどまで減額出来たので、その後の返済生活はかなり楽になりました。
また、月々の支払いについてもカードローンとクレジットカードの合計で月々4万円まで下げることが出来たので、前の状況を考えると毎月3万円が浮くのでかなり生活は楽になりました。
債務整理をした事で完済までの返済期間も少なからず短く出来たので良かったです。