個人再生で債務整理した体験談と大変だった事。

私が個人再生で債務整理した体験談です。

原因は、5年程前からはじめた競馬でした。
はじめは少額で始めた競馬でしたが、だんだん掛け金が大きくなり、気がついた時は借金が600万円になっていました。
そこに引越しやら娘の大学入学等出費が重なり、トータル900万円の借金に。
年収600万に対して900万円の借金となりますと返していけるわけがありません。

そこで弁護士に相談して、債務整理をすることにしました。
インターネットで検索して、債務整理に強いと言われている弁護士事務所を探しました。
債務整理関係ですと、相談料が無料というアディーレ法律事務所に相談しました。

借入の金額、原因、年収等を考慮すると、自己破産か個人再生じゃないと借金減額にならないとの事でした。
メリット、デメリットを詳しく教えていただき、個人再生をすることに。

900万円の借金が180万円に減額され3年間で払っていけばいいとの事でした。
月5万円の36回払いです。
今までは月15万円払っていたのでかなりの減額となりました。

個人再生で一番大変だったのは、提出書類の収集でした。
源泉徴収票、給料明細、家計票等は簡単だったのですが厄介なのが退職金計算書です。
これは勤めている会社から貰わないといけません。

インターネットで貰う理由を探し何とか発行してもらいましたが会社の事務員にはかなり怪しまれました。
他に大変だったことは特にありませんでした。
裁判所に本人が行くこともありません。

個人再生の認可が下りるまで1年程かかりましたが、無事認可が下りました。
債務整理したら、5年間は借金やクレジットカードを作ることができませんが、自業自得です。
900万円の借金を180万円まで減額できるのであれば、仕方ないことです。
これからは少しでも贅沢をなくし少しずつ貯蓄をしていきたいと思います。

債務整理後、クレジットカードは5年以上作れない?

債務整理手続きをしてしまうと、様々な問題点が発生してしまうことはよく言われていますが、特に生活で困る可能性があるのはクレジットカードです。
カードに制限がついてしまうと困ることも多くあると思います。
そして、債務整理手続きをするとクレジットカードがしばらく作れなくなるといったことをよく聞きますが、これはどのくらいの期間なのでしょうか。
これはだいたい5年程度は最低作ることができないとされています。

したがって、債務整理手続きをして5年以内にまたクレジットカードを作ろうとしても基本的には無理です。
もし作ることができるという会社があれば、そこはちょっと怪しいか?と思った方が良いです。
ちょっと長いと感じるかもしれませんが、クレジットカードは一生作ることができないというわけではありません。

しばらく我慢をしてもらえればまた再度作ることができますから、5年間くらい待ちましょう。
そして、その5年間の生活を不便だと感じたのであれば、もう2度と債務整理をしないように、クレジットカードを含めて、お金の使い方には注意していってほしいと思います。
破産後に初めてカードの便利さに気付くというケースもあると思いますから。

デビットカードという選択肢

キャッシングやクレジットカードを使い過ぎ、毎月の支払いが困難になってしまった時、どうすれば良いのでしょうか?
そんな際の、債務整理の1つとして自己破産があげられます。
手続きを行い、免責の許可が下りると、それまで生活を苦しめていた借金は全て免責されます。
自己破産をすることで、新しい人生をスタートすることが出来るでしょう。
ただし、デメリットもあります。

債務整理後、5年程度の期間はクレジットカードが持てない生活となることです。
破産したことが信用情報に記載されるため、審査が通らないのです。
クレジットカードに慣れている人は、カードを持てなくなるということに対して不安を感じるかもしれません。

しかし、借りては返しの借金生活の中でおかしくなっていた金銭感覚を、通常に戻すことが大切です。
毎月の月収に見合った生活をすれば、クレジットカードがなくても何の問題もありません。
債務整理後は今までのようにどこかから借金をしたり、カードで買い物をしたり、ということはできなくなります。
自分の収入と収支をしっかりと見つめ直し、計画性を持ったお金の使い方をするように心がけましょう。

ネットショッピングでクレジットカードがないと不便だ、という場合には、デビットカードを持つと良いでしょう。
デビットカードは自分の銀行口座に入っている金額分利用できるカードなので、一枚持っていると便利です。

債務整理したら近所の人に知られてしまうの?

債務整理をするときに気になるのが「近所や職場の人に知られてしまうんじゃないの?」ということです。
結論から言うと、職場の人には知られることはほぼありませんが、持ち家がある場合には、近所の人には知られてしまう可能性があります。
債務整理方法の中でも、自己破産をするときに情報が漏れる可能性があるのは、官報に載ることと住宅の競売情報です。

官報は国や裁判所の決定などを広く知らせる目的で配布される広告のようなもので、県庁所在地の販売所で売られています。
またインターネットなどでは無料で読むことができます。
自己破産をすると、免責の決定として債務整理をした人の氏名や住所、管轄の裁判所名などが官報に載ります。

ただ、官報を毎日読んでいる人というのは滅多にいないので、あなたの知人が官報であなたの名前を見つける、という可能性はかなり低いです。
それほど心配する必要はないでしょう。

問題は住宅の競売のほうです。
持ち家がある場合、自己破産すると競売にかけられます。
この競売の情報についての広告が近所にも出まわる可能性があります。
競売にかけられてることが分かるため、債務整理をしたことが近所にも分かってしまうのです。
この他にも破産者名簿に一時的に載ることがありますが、役所の台帳が一般の人の目に触れることはないので、こちらは心配する必要はないでしょう。

債務整理の種類・メリット・債権者との交渉。

債務整理とは、多重債務の状態にあり、かつ、支払いが困難になった場合に、弁護士や司法書士に依頼をして、債務を整理することを言います。
債務整理にはいくつかの種類がありますが、簡単にいえば、借金を返す方法をあらためて債権者と交渉すること(任意整理)、個人再生、破産手続、という3つに分けられます。
債務整理(ここでは任意整理を例にとって説明します)を行うメリットは、大きく2つに分けられます。

まず、弁護士や司法書士に債務整理を依頼して、債権者との交渉をしてもらうことによって、総支払額を減らせる可能性があることです。
たとえば、5社に対して総額500万円の借金がある場合に、弁護士や司法書士が上手に交渉することによって、各債権者に減額条件を飲ませることができれば、300万円は免除し、総額200万円を5年間で分割払い、というような条件を引き出すことができます。
このように、交渉次第によっては、弁護士費用などを差し引いたとしても、大きなメリットがあります。

次に、債務整理をすることによって、日々を前向きに過ごすことができることです。
多重債務の状態が継続していると、仕事をしていても、余暇を過ごしていても、借金のことが頭から離れず、夜も眠れない状態になりがちです。
そのような状態が続くと、いくら精神的に強い方であっても、うつ病などの精神疾患を発症する可能性が高くなります。
実際、多重債務の相談に来られる方は、精神的に追い詰められている方が多いです。

しかしながら、債務整理をすることによって、弁護士や司法書士から各債権者に受任通知という書面が送られ、それ以降は多重債務者本人への直接連絡は厳しく禁じられておりますので、本人は、弁護士や司法書士に守られる形で、安息の日々を送ることができるようになります。
このように考えると、債務整理をすることによって、人生が大きく好転すると言えるでしょう。

ブラックリストでも借りられる?債務整理後の借り入れの実態は?

皆さんはブラック借り入れという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
ほとんどの方は聞くことすら初めてなのではないでしょうか。

ブラック借り入れとは信用情報に登録されブラックリストに載ってしまった人であってもお金を借りることができるサービスを行う金融会社のことを言います。
債務整理をしてしまうと普通は融資をうけたり、お金を借りたりすることはできないのですが、狭い金額の範囲で借り入れを行うことができることを売りにしている企業です。

CMで流れているような大手は決してそのようなリスクを伴うことをしませんが、小さい企業で流行っている所もあるそうです。
ほとんどが債務整理を行うなどして、言い方が悪くなりますがお金グセが悪いと判断した弱者をターゲットにしようと考えている闇金業者が多いようなので注意しなければなりません。

融資も借り入れすることもできないブラックリストに登録されている人たちから見たら天使に見えるのかもしれませんが、またお金のトラブルに巻き込まれる悪魔の面もあるので債務整理後にも借り入れができるという甘い言葉に惑わされず、しっかりと時効を迎えるまで債務のない生活をおくるようにしてください。

債務整理後ということも合って、そういうところを使ってしまうと言い難くなりより悲惨なことにもなりかねないので、ブラック借り入れなるものは使用しないほうがいいでしょう。
どうしても使いたいというのであればしっかりとした会社であるのかしっかりと情報を集めてからにしてください。