債務整理でクレジットカード・ローン地獄を脱出した体験談。

借金生活を初めて約8年。
先日、ようやく債務整理の返済を終えました。
本当に長かったです。
あらためて債務整理前の状況が記された書類に目を通し、いったい私は何をしてきたんだろうと後悔と悔しさ、虚しさに襲われました。

私が借金を始めたきっかけはクレジットカードでの買物です。
所持してからすぐのことでした。
もともと経済観念に欠陥があると自覚していたので、仕事のお付き合いで契約したクレジットカードは「持っているだけ」で、絶対に利用しないようにと気を付けていました。
しかし、どうしても買い逃したくない商品があり、ついに利用を解禁。
そこから限度額オーバーするまであっという間でした。

しだいにクレジットカードの利用額返済に困窮するように。
そしてカードに備え付けてあるキャッシングを知りました。
これが、坂道を転がり落ちる原因だったかもしれません。
今度はキャッシングをしながら利用し続けました。
金額はどんどん膨らみます。
やがてキャッシングも限度オーバーに。
その頃、何を買っていたのか、今でもほとんど覚えていません。
ただ、買い物することだけに執心していたのは事実です。

カードで入手したものは本当に欲しいものではありませんでした。
商品を受け取ったらゴール。
新品未着用の洋服も山ほどありました。
どんどん膨らむキャッシング借入残高、返済額、、ローン地獄です。

気づけばクレジットカード会社含め、6社から借金をしていました。
このローン地獄から抜け出るには、債務整理しか、もう方法はない。
そう思い、知人から司法書士事務所を紹介してもらいました。
債務整理後の生活は一変しました。

決まった金額を事務所あてに淡々と支払う日々。
4年かけて230万を返済しました。
社会的な信用に傷がついてしまいましたが、過去のことを振り返ってばかりいてもどうしようもありません。

これからはお金との向き合い方を変え、地道に生活していこうと思っています。
もう2度とローン地獄はごめんですし、債務整理はしたくありませんので。
本当に、こりごりです。

カードローン多重債務者が債務整理した体験談

今から話す出来事は全て、私が実際に体験したことである。
話を盛っているとか、そういうのは一切ない、真実の債務整理体験談だ。

私は、大学生時代に生まれて初めてクレジットカードを作り、卒業後、別のクレジット会社のカードを数枚作った。
カード全てにおいて、支払い方法をリボ払いに設定したため、たとえ支払いが多くなっても「後でリボ払いになるから」という安心感からか、限度額いっぱいまで買い物を楽しんでいた。
しかし、職場での人間関係に嫌気が差し、転職を機に収入が下がると、毎月のカードローンの返済がだんだんと苦になっていった。
そして、返済が滞るようになると、クレジット会社からの「督促状」が何枚も届く借金地獄に陥った。

そんな時、私はたまたま見たテレビの債務整理に関するCMで、とある司法書士事務所が私の地元に出張相談に来ることを知り、意を決して相談を申し込んだ。
担当者は親切にカードローン地獄の相談に応じてくれ、私は長い間胸につかえていたわだかまりがスッととれたような気がした。

その後、地元の裁判所にて債務整理の話し合いがもたれた。
そして各クレジット会社との和解がようやく成立した。
債務整理を行ったため、最低5年間は指定信用情報機関のブラックリストに掲載され、新規のカードローンは一切できないが、もう支払いに振り回されなくてもいいと思うと、それでもいいとさえ思えた。

現在、私はクレジット会社から定められた月々の返済額を地道に払っている。
皆さんもカードローン地獄の支払いに振り回されないように、計画的な返済プランを立ててほしい。

借金300万で任意整理した体験談。

クレジットカードのショッピング・キャッシング、銀行系カードローンを含め、6社で計300万円の借金がありました。
毎月の支払額は12万円程度でした。
借金300万の返済はとても辛く、冠婚葬祭などがあると生活費が足りず、支払って空いた借入可能額でまた借りるという行動を繰り返していました。
そのような事を繰り返していたある時、手元にあるカード全ての借入可能額が0円になっている状態で生活費が足りなくなりました。

なんとか借入出来ないものかと悩み、手元にあるカードの増額申請をしましたが、総量規制で全て審査が通りませんでした。
残る道は消費者金融かと思っていた矢先、友人のお兄さんが司法書士の方にに依頼して債務整理をしたという話を聞きました。
詳しく聞くと、私と同じ300万円程あった借金が過払い金請求で半分の150万円程になり、その150万円を金利なしで返済しているということでした。

早速その司法書士事務所のHPを見てみると、女性の司法書士2名と他スタッフ3名の司法書士事務所でした。
30分の無料相談の予約をして、とても緊張しながら無料相談に行きました。
現在の借金300万の会社名・借入総額・毎月の支払額を紙に書いて見せました。

今まで家族、友人にも借入の話をしておらず一人悩んでいたので、話を聞いてくれるというだけで精神的にとても楽になりました。
結局、任意整理という方法でお願いすることにしました。
私の借入は過払い請求には当てはまらない金利だったので借金300万という総額は減りませんでしたが、今後の金利がかからないので毎月の支払は12万円から月6万円の半分に減りました。

任意整理依頼中は支払口座の残高を0円にしておくことと、債券会社からもし連絡があっても自分では取り合わず司法書士事務所へ回すことを指示されましたが、私の場合はクレジット会社と銀行系のみだったので、債権者から電話や葉書などは一切ありませんでした。
1カ月程度で和解成立しましたが、その間私は何一つ行動する必要もなく、支払いから解放されたことによる精神的な喜びが大きかったです。

司法書士事務所への依頼料は8万円だったので全ての和解成立後に4回の分割払いで支払いました。
任意整理する際にクレジットカードは返却し、しばらくはクレジットカードは持てなくなります。
ただ、今はデビット機能付のクレジットカードもあるので特に不自由は感じていません。
新たにローンを組めなくなるという心配だけで債務整理に踏み切れずにいましたが、任意整理後に思うことはローンが組めなくなることよりも毎月の支払に追われることがなくなったというメリットの方が遥かに大きかったです。

債務整理を法テラスに相談した体験談。

債務整理をするには司法書士や弁護士に相談しなければならないと思っている方も多いでしょう。
法テラスを知る前の私も実はそう思っていました。
知人に借金のことを話したところ、その方も以前、債務整理をした経験があるとのことでした。

そして、法テラスに相談に行くことを勧められました。
初めは、何それ?大丈夫なの?と思いました。
法テラスがどういった機関さえも分からなかったので、半信半疑でインターネットで調べてみました。

すると、個人であれば無料で利用出来ることが分かりました。
相談した結果、どうなるか分かりませんでしたがとりあえず法テラスに予約をし、当日を迎えました。
話を聞いてくれたのは司法書士で、債務整理についても経験豊富な方でした。

正確なところは、司法書士や弁護士から債権者に請求して取引履歴を入手しないと分からないとのことでしたが、借入金額と借入年数から計算するといくらかの過払い金が発生するのではないかとのことでした。
法テラスの債務整理相談の場では、事件を受任することが出来ないらしく、その場は司法書士の意見を聞いただけになりました。
初めは無料ということで、あまり期待はしていなかったのですが、満足のいく結果に結局その司法書士に事件を受任してもらうことになりました。

それまでは債権者からの苛烈な請求に頭を悩ませておりましたが、司法書士から受任通知を送ってからは、これまでの請求がウソのように止み、快適な日々を送っています。
債務整理の相談というと、弁護士や司法書士にいろいろ聞かれることに抵抗がありますよね。
それだけで解決のタイミングを失ってしまうことがあります。

しかし、無料相談が気軽に出来る法テラスを利用することにより、自分自身の状況を把握することが出来ました。
適切な問題解決のルートを調べることが出来るのは、とても有用だと感じました。
債務整理に悩んでいる方は、ぜひ法テラスを利用して欲しいと思います。
親切に相談にのってくれますよ。

債務整理するには法テラスでも結局お金がかかる。

私は2年前に、クレジットカード関連の詐欺に遭い、200万円もの借金を負いました。
債務整理をしようにもそのためのお金がないので、法テラスへ行き、無料相談を利用しました。
相談は無料でしたが、実際に手続きするには、やはりお金がかかるとのことで、その額はなんと30万円でした。

法テラスで、「分割で毎月3000円ずつ払えば1年半程度で完済できる」と言われたので、言われる通りに、約2年もの間払い続けてきました。
でも、やはり30万という額はわたしには大金でしたし、払い続けるのは大変でした。

今ではおかげさまで借金とは無縁の生活にはなかったのですが、後からネットで調べてみると「自分だけの力で債務整理はできる」「ネットのお手本と同じように書類を仕上げれば30万円もの額を節約できる」などと書かれていました。
それを見て、少しショックを受けました。

もしかすると、法テラスに30万円を払わなくても、自力で債務整理ができたのかもしれないな…と最近思います。

最近ではいつかまた同じような目に遭っても対応できるように…と行政書士の資格や司法書士の資格の勉強をはじめています。
どうも、書類を書いてまとめるだけであれば自分にもできたのではないかという気がしてならないのです。

もちろん、借金でへとへとなときに、債務整理をイチから自分でやるというのは大変なことではあります。
ただ書類を作るのが上手な方は、自分でやるのもアリなのかもしれないな、と思います。
金融会社との交渉は、また別かもしれませんが・・。

借金200万、ギャンブルで債務整理した体験談。

私は現在32歳で4年前まで200万近くの借金がありました。
その借入は20代の前半頃に抱えたもので、原因はギャンブルです。
少ない給料から毎月払っては借り入れの繰り返しで、気づいた時には自分ではどうにもならない額まで借金が膨れ上がっていたのです。

どうしようもないので親に相談しましたが、親も200万という金額は返済できないとの事で、父親の知り合いの司法書士の方に相談をしにいったんです。
そこで教えてもらったのが債務整理をするという事でした。
債務整理の中でも私は任意整理を選ぶことにしたんです。
司法書士の方が言うには、自己破産でもいいが若いから任意整理をしてまずは借金を減らす事。
そして、しっかりとお金を返す事をしなさいと言われました。

後から父親に聞いた話によると、私のようなギャンブルで数百万の借金を抱えている20代の男性は多いとの事で、そういうやつらに限って簡単に自己破産して金額を0にするとまた同じことを繰り返してしまうようです。
自己破産しても10年後にはまた借入ができるようになりますから、一度自己破産という簡単に金額を0にする方法を知ると、同じ事を繰り返してしまうんですね。

そんな理由で私は債務整理をし、ギャンブルが原因で200万あった借金が80万近くまで減らす事ができました。
全て司法書士の方にお任せでしたし、私の知人にばれる事もありませんでした。
去年この借金200万を完済したのですが、本当に辛かったです。

しかし、このしっかりと返済したという事がギャンブルをやめるきっかけにもなりましたし、返済まみれで毎日何の喜びもない私の大きな自信となっています。
もしあの時、借金が簡単に0になるからといって自己破産を選んでいたら、今の私はないかもしれません。
債務整理の手続きをしてくれた司法書士の方には本当に心から感謝しています。

200万を任意整理した体験談

私は10年程前に債務整理を行った経験があります。
債務整理を行ったキッカケはギャンブルにより多額の負債を抱えてしまった事からです。
当初は、すぐに返せると思っていた借入が、自転車操業を繰り返して気づいた時には10社近くから200万円の借金を背負っていました。
ギャンブルで借入を重ねている時は現実を直視することができなく、儲けたら返そうという気持ちが働き、結局はどこからも借りることができなくなるという結末に至ってしまいました。

200万の借金の債務整理を決断した時は、自治体の多重債務相談窓口に電話をし、弁護士を紹介してもらいました。
そして紹介してもらった弁護士に訪問し、現状の借金の状況や収入や支出などまで詳しくヒアリングされました。
そのうえで、債務整理の手段として、自己破産、個人再生、任意整理内容について詳しく説明がありました。
自己破産や個人再生は官報に掲載されるとの話を聞き、仕事上で職場に官報をチェックしている人がいるため、それだけは避けたくありました。
支払いを軽減するうえでこの2つは大きく楽になるとのことでしたが、官報掲載は避けたいことを申し伝えました。

そして、残るは任意整理となりますが、任意整理は裁判所を通じる訳ではなく、弁護士が債務者と和解交渉をするものであるため、その結果によって今後の支払い内容は変わってくるとのことでした。
しかし、私の借金状況からみると過払い金清算で減額ができるだろうとの話があり、弁護士に和解交渉を委任することとしました。

それから3か月程経ち、弁護士から各社と和解が完了した旨の連絡をいただきました。
債務整理の結果、200万円程あった借金が100万円弱まで減らすことができ、さらに今後の利息も発生しないことから、残額の返済だけで毎月の返済額も大きく減らすことができました。
これによりそれまで支払いを苦痛にしていた生活から脱却して少しづつですが返済を継続して、4年後に200万の借金完済を迎えることができました。
現在では、ギャンブルとも返済とも縁のない生活を送ることができております。

キャッシングで借金50万。彼が肩代わりして債務整理は免れたけれど。。

今から20年程前の20代後半、当時OLだった私は洋服が好きでお給料の多くを服に費やしていました。
今はファストファッションでセンスの良いものが安く買えますが、当時はまだスーツを購入すれば軽く3万円以上した時代。
靴も1万円以上は当たり前でした。
一人暮らしの家賃を払えばそれほど贅沢もできない手取りにも関わらずつい買ってしまう生活が続き、ついにはクレジットカードのキャッシング機能を利用して借金するようになっていたのです。
その額は50万円程になっていました。

月々の返済は3万円程でしたがキャッシング枠の金利は20%以上。
現在の上限を大きく上回る金利が適用されていたので、借金50万は、返しても中々元金が減っていきません。
ボーナスも少なく、段々不安を感じ始めた頃には酒量が増え始めて手に震えが出るようになっていました。
借金返済額を増やす余裕もないどころか、生活費が苦しくなるとキャッシングに頼らないようにするのが精一杯。
この頃になると、債務整理を考えるようになっていました。

ふがいない自分に落ち込み、お酒を飲まないと眠れず手の震えもさらに悪化していきます。
そんな頃に友達との飲み会で知り合った人に好意を寄せられるようになりました。
2人で夜に飲んでいる時に体が膠着してしまったことがあり、とても心配されつい事情を話してしまったのです。
債務整理を考えている事も。。

彼は借金50万を肩代わりしてくれ、その後すぐに結婚しました。
おかげで、債務整理することもなく、返済から解放されました。
当時は守ってくれる、救ってくれた安心感があったのですが、結婚後は豹変してモラハラな夫になりました。
私はあれ以来キャッシングを利用することもなく、堅実に生活しています。

しかし夫との仲はモラハラや浮気もあり、最悪です。
当時は私を救うことに自意識が満たされたのかもしれません。
借金50万を背負ったばかりに、自分だけでなく夫の結婚への判断も鈍らせてしまった気がして申し訳なくなる時があります。
いっそ、債務整理した方が良かったのかもしれません。。