債務整理したらクレジットカードは使えなくなる!

債務整理するとブラックリストに登録されて、クレジットカードは使えなくなってしまいます。
これは、法的手続きの大きなデメリットです。
債務整理後のクレジットカードを作る方法はないのでしょうか?

 

 

このページでは、債務整理後のクレジットカードについて解説しています。
参考にしてみてください。

 

債務整理後、クレジットカードはいつから作れる?

債務整理したら、信用情報機関のブラックリストに登録されてしまいます。
いつから作れるかは、ブラックリストが解除されるまでの期間によります。
解除までの期間は、債務整理の種類と、消費者金融、クレジット会社、銀行のそれぞれの信用情報機関によって異なります。

 

滞納後完済(または時効の援用)した場合の期間

JICC 完済から1年経過後
CIC 完済から5年経過後
KSC 完済から5年経過後

 

自己破産後に免責決定の場合の期間

JICC 免責から5年経過後
CIC 免責から5年経過後
KSC 免責から10年経過後

 

参考:債務整理したら借入できない?ブラックリスト解除の期間は?

 

債務整理中にクレジットカードは作れる?

基本的には無理です。
ただし、カードショッピングしたいだけなら、以下のような方法があります。

 

VISAデビットカードを作る

いくら生活を立て直すための債務整理とは言え、現代ではクレジットカードがないと、相当な不便を強いられますよね。
どうしても現金だけの生活が難しいなら、デビットカードを作ると便利です。
私もVISAデビットカードにはお世話になっていますが、デメリットもありませんし、作って損はありませんよ。

 

 

VISAデビットカードとは、キャッシュカードに決済機能を付与したJ-Debitではなく、クレジットの世界ブランドVISAが提供するサービスで、銀行口座からの即時引き落としに対応した、クレジットカードです。
債務整理したら借入できないのはクレジットカードも同じです。

 

ところが、VISAデビットカードは銀行からの即時引き落としなので、借入ではありませんし、そのためカード発行のための審査もありません。
債務整理していても、ブラックリストに登録されていても、借入できるできないに全く関係なく、クレジットカードと同様に利用できるのです。
ここでは、VISAデビットを紹介しましたが、Master、JCBにも同様のサービスがあります。

 

参考:国内のVISAデビットカード一覧

 

家族カードを作ってもらう

VISAデビットカードは審査がないので便利ではありますが、銀行口座の残高の範囲内でした利用できません。
債務整理したばかりで、お金に余裕がない場合、これでは厳しい場合もありますよね。
そのような場合、家族カードを作ってもらうという方法もあります。

 

家族カードは、クレジットカード会員本人の信用に基づいて発行されるので、家族が債務整理によってブラックになっていても、問題なく発行される場合が多いのです。
ただし、注意点もあります。

 

債務整理した本人が利用していた会社のクレジットカードは、家族カードであっても作れません。
ブラックリストであることが、クレジット会社に分かっているのですから当然ですよね。

 

そして、カード会社の規約にも注意が必要です。
債務整理などでブラックになっている家族へのカード発行を禁じているクレジット会社もあるからです。
規約に違反したからといって、ただちにバレるという性質のものではありませんが、最悪は、家族のカードまで止められてしまう恐れもあります。

 

任意整理でクレジットカードが更新できたケース

任意整理したけど、クレジットカードが更新できた、あるいは新カードを作れたというのを、ときどき耳にします。
こうったケースで考えられるのは2点です。

 

 

残高のないクレジットカードだった

クレジット会社は、途上与信と呼ばれる信用調査を定期的に実施しています。
具体的には、加盟する信用情報機関に照会して、借入を返済の状況を確認しているのですが、照会には費用が掛かります。
1件毎の金額は大したことがありませんが、件数が膨大ですので、費用もばかになりません。

 

そのため、利用残高が無い場合、途上与信の頻度を半年に1回とか、1年に1回とかにして費用を節約しているのです。
ここまで説明すれば分かりますよね?
クレジットカード会社が、ブラックであることを認識していなかっただけ、というケースですね。

 

任意整理の内容が完済後の過払い金請求だった

完済済みの借入先に、任意整理して過払い金請求をした場合、そもそもブラックになりません。
すでに返済が完了しているわけですし、本来は払う必要のない利息を取り戻しただけですので、ブラックになりようがありませんよね。
任意整理といっても、信用状況には問題がないケースですね。

 

債務整理後にクレジットカードを作るなら審査の甘い会社で!

債務整理後、5年〜10年が経過してクレジットカードを作るなら、最初の内は審査の厳しい銀行などは避けましょう。
ブラック解除の直後は、クレジットヒストリーが全くない状態ですので、特に中高年の場合は債務整理を疑われます。

 

審査が甘いのは、携帯電話の割賦販売です。
ブラック状態でなければ、ほぼ問題なく審査に通過します。
ここで半年〜1年程度の期間、クレジットヒストリーを作りましょう。

 

その後、比較的審査の甘い楽天カードなどの流通系カードを作ると良いと思います。
ある程度、信用がついたら、銀行系カードや、住宅ローンなどでも審査に通過しやすくなります。
ぜひ参考にしてみてください。

借金返済に困っているなら債務整理を検討しましょう。
支払いのために借入を繰り返したり、利息ばかり払っていても永遠に苦しい生活が続くだけです。

まずは無料シミュレーターで診断し、解決可能なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

>>借金減額診断シミュレーターとは?<<