借金地獄の人でも死にたいなんて考えては駄目!

お金を借りて返済に困れば、誰でも追い詰められた状態になります。
特に利率の高い借金をすると、利息ばかり払って元本はさっぱり減りません。
このまま一生利息を払い続ける借金地獄のような生活が続くのかと、絶望感で一杯になると思います。

 

 

キャッシングやカードローンなどの小口の借入を複数している場合は、もう最悪です。
給料日は毎月1回しかないのに、カードの支払日は次々にやってきます。

 

こっちのクレジット会社に返済するために、あっちの消費者金融で1万円借りて・・・といった自転車操業を続けていても、いずれ破綻です。

 

「こんなに借金地獄が続くなら、もう死にたい!」

 

そんな風に考える人は少なくありません。
日本はとても自殺者の多い国で、毎年約3万人もの人が自らの命を絶っています。

 

そして健康問題に次いで原因として多いのが金銭問題です。
借金地獄がもたらすストレスは非常に大きいのです。

 

借金地獄で死にたい?死んだら悲しむ人がいる筈!

まず、最初に言っておきたいのは、あなたが死んで悲しむ人はいないのか?という事です。
経済的に追い詰められれば、誰でも苦しいものです。
でも、それに負けないで欲しい、死にたいなんで思わないで欲しいと思うのです。

 

地獄の沙汰も金次第
金が無いのは首が無いのと同じ

 

そんな、言葉があるほど、お金が無い事は苦しみをもたらします。
ですが、、お金が全てではない筈です。
家族や親しい友人を金銭で買うことはできません。

 

借金地獄で死にたい、そう思ったら、自分にとって大切な人の顔を思い出してみて下さい。

 

借金地獄の人も死ぬ必要はない!金持ちになる可能性だってある!

貨幣は、人類最大の発明の一つだと思います。
最早これなしでは、人間の社会は回っていかないでしょう。
でも、お金って、つまる所は道具ですよ?
人の命は道具ではありません。

 

お金が原因で死ぬのはありえない、私はそう思っています。
借金地獄で死にたいなどと思っては駄目なのです。
長い人生の間には、色々な躓きがあります。
お金で失敗する事もあるでしょう。

 

だからといって死んでしまっては終わりです!

 

日本で一番給料の高い会社「キーエンス」の創業者である滝崎氏は、過去2度も会社を倒産させてしまった事があるそうです。

 

失敗を糧に、超高収益企業を作り上げ、ご自身も日本で第5位の大富豪、お金持ちになりました。
人間は失敗から学び、未来に繋げる事ができる生き物なのです。

 

死にたくなったら借金地獄から抜け出す方法もある!

借金地獄で死にたいとまで思っているなら、弁護士か司法書士に依頼して債務整理をしましょう。
格好悪い?みっともない?それって大事なことですか?

 

 

行き詰ってしまった以上、駄目な自分を受け入れたら良いのではないですか?
今が駄目だからといって、ずっとそうだとは限りません。

 

借金地獄で身動き取れないなら、死にたいとさえ思っているなら、自己破産して一旦身軽になりましょう。
仕事が上手くいけば、生活も再構築できます。
義理のある方からの借金とかなら、免責許可された後に返済したって問題ないんです。

 

事業を営んでいるとかでなければ、自己破産したって周囲に知られるわけでもありません。
勤務先の会社を解雇されるとか、アパートを借りることができないとか、そんな事もありません。
破産者名簿に記載はされますが、それも免責が出て破産手続きが終了するまでの間の話です。

 

借金地獄の人でも、死にたいなんて思う必要ないんですよ。
借金地獄で死ぬなどと馬鹿な事を考えないで、苦しいなら債務整理すれば良いと思います。

 

これは日本国民に認められている権利です。
失敗しても、やり直す権利を持っているのです。

 

借金地獄の人の闇金問題に対応する法律事務所

実は債務整理では片づけられない借金もあります。
債務整理は法的な手続きですので、違法業者である闇金相手には行う事ができません。
貸金業法の改正を機に、こういった違法な金融業者が増えているようです。

 

 

元々法律を守る気のない連中ですので、取り立ても苛烈です。
怒鳴ったり、勤務先や親類知人に嫌がらせをしたりと、滅茶苦茶です。

 

ですが、こういった連中もたかだか数十万の金銭で逮捕されたくはありませんので、警察に目を付けられるような暴力行為は殆どありません。

 

また、現在では闇金専用の相談窓口を設置している法律事務所もありますので、どうしても困っているなら相談してみると良いでしょう。

 

法律に違反した貸付は、返済の義務はなく、裁判所でも判決として出ています。
これは利息だけではなく、借り入れた元本についてもそうなのです。
闇金の借金は、踏み倒していいのです。

 

死にたいと思うような生活、借金地獄の実話体験談

長年、貧乏な返済生活を送ってきましたが、最近になってやっと借金地獄から解放されそうで、解決気味になってきました。
生活苦が続いている間は、ずっと働き通しであり、娯楽も楽しめず、食事も味がしませんでした。
お金を借りているとこんなにも苦しいのだ、と思い知らされ、地獄のような生活に、もう死にたいと思うこともありました。

 

一言で借金、と言っても単に毎月一万円程度返済をすればいいんでしょ、とか単に贅沢ができなくなるんでしょ、と軽く思ってしまいます。
実際は、満足な生活ができないために病気になりやすく、お金が無いために病気になっても通院ができずに悪化してしまいます。

 

ストレスも溜まり栄養も摂取できず、人一倍仕事をしなければならないので、休む時間も無く、悲惨な物で惨めで死にたくなる地獄でした。
余裕の無い苦しい借金生活でしたが、切り詰めて節約をしていたためにやっと完済に近付いてきました。

 

普通の生活ができない、というだけで心まで重くなっていました。
完済に向けて誓いたい事は、もう二度とお金は借りない、との意志です。

 

一度借入をしてしまうとお金を借り入れる事が慣れになってしまい、雪だるま式に金利が増えて行きます。
地獄に落ちないためにも、借金には手を出さない方が賢明です。

 

特に、遊びのために借り入れるのはご法度、だと思います。
返済のために一日15時間働かなければならず、疲労、時間の無さ、不眠、などに悩まされ続け、死にたいとさえ思いました。
苦労をした分だけ、学びも大きかったのでは、と思いますね。

 

借金地獄の人は死にたいと思う考え方を変える!

お金が無い生活の苦しさもそうですが、どうしても惨めさを感じてしまう人が多いと思います。
お金が欲しい、せめて○○あれば、そんな事ばかり考えていたら、変になって当たり前、死にたいと思って当たり前の状態です。
それこそ、本当の借金地獄です。

 

 

まずは冷静になり、状況を根本的に解決する方法は何か?という事を考えなければ駄目です。
債務整理や生活保護といった制度を有効利用すればよいのです。
引け目を感じる必要なんかありません。

 

役所のお役人を見てください。
大して働きもせず、税金で生活しているのに、堂々としているではないですか。
勿論、住民のために一生懸命な方もいますが、奥の席に座って欠伸している人を見たのは、1度や2度ではありません。

 

いままで、さんざん納税してきたのですから、少しくらい返して貰っても罰は当たらないくらいの気持ちでいいのです。
プライドは傷つくかもしれませんが、人生が終わるわけではありません。
借金地獄から解放されたら、心機一転、また頑張れば良いと思います。

 

このサイトでも、借金地獄の人向けのコンテンツを公開していますので役立てて下さい。

最初はわずかだった借入金額が段々と膨らんでいき、最後には借金返済のためにキャッシングを繰り返すようになっていました。

そんな私が、借金地獄から抜け出す事が出来たのは、たった1通のメールがきっかけでした。

>>借金地獄から脱出した体験談<<