お金がなくてご飯が食べられない!借金地獄の体験談

私が長年苦しみ続けた借金地獄の体験談です。
どうして借金を作ったのかと、誰もが理由を尋ねますが、働いても働いてもお金が得られないブラック企業に勤めており、ただ生活をするだけでも赤字状態、それにストレスが加えられた時、つい浪費に走ったためでした。

 

 

低収入であるために普段から節約に努めていたのですが、貯金はできませんし、食べる物も質素でありストレスは溜まるばかり、反動から一気に浪費をしてしまいました。
今まで我慢をしていた外食、交遊、休暇、洋服、遊興、全て遊び尽くし気付くと230万円もの借金ができていました。

 

給料が少ないために、他社からも借り入れては返済に充てる、と繰り返し無駄な金利を支払う日々。
自転車操業をしていると、ついに大手消費者金融から新規に借り入れる事ができなくなりました。

 

お金が無くて困るのが、ご飯が食べられない事です。
いつも飢えながら仕事をしており、食事を残す人が信じられない程でした。

 

ひどい時期は、光熱費を節約するためにお風呂を我慢していたのですが、臭うようで他人、特に若い女性からにらまれる事が度々ありました。

 

お金に困ると恥など無くなり、友人達にお金を貸して下さい、ご飯を恵んで下さい、と頭を下げて回りました。
そんなことを繰り返していると、「あいつはお金に困っている」と友人達も離れて行きました。

 

返済地獄のためにぎりぎりまで光熱費や水道代は支払わなくなり、時が訪れると水が出なくなったり、電気が点かなくなったりしましたが、その度にトイレはコンビニで済ませ、風呂には入らず、ペットボトルの水で過ごし、電気が無いためにロウソクを常備し、灯して過ごすようになりました。

 

キッチンのガスコンロが壊れても直せないのでカセットコンロを利用していました。
ご飯をろこくに食べられないので、いつも空腹でイライラ、督促の電話に恐々、正に地獄の日々でした。

 

何度も、自分の命を絶とうと思いましたが、結局は債務整理で解決しました。
もう二度とあんな地獄のような体験はしたくありません。

最初はわずかだった借入金額が段々と膨らんでいき、最後には借金返済のためにキャッシングを繰り返すようになっていました。

そんな私が、借金地獄から抜け出す事が出来たのは、たった1通のメールがきっかけでした。

>>借金地獄から脱出した体験談<<