競馬が原因で借金地獄に落ちました。。

私はギャンブルで一獲千金の夢を見た大バカ野郎です。
以前、250万円のキャッシング枠をすべて競馬につぎ込んで、残ったものは借金地獄だけという事態になり、親に泣きついてすべて肩代わりしてもらった経験があります。

 

その時は二度と借金をしてギャンブルなどしないと思ったのですが、その1年後、私は持っていたクレジットカードのキャッシング枠を再び競馬に使ってしまったのです。

 

 

さすがに親を頼ることはできなかったため、新たにカードローンを契約して、競馬の負け分を取り戻そうとしてしまったのです。
それがまた私を這い上がれない借金返済地獄に落とすことになりました。

 

新たに作ったカードローンで再び限度額一杯になり気づけば、またもや250万円の借金になっていました。
途方に暮れた私は返済の心配をして、おまとめローンのできる金融機関をあたりました。

 

しかし、カードローンを契約してから間もない期間でおまとめローンを申し込んでも、いわゆる申込みブラックという状態であり、審査など通るはずもありませんでした。
私は本当に情けない気持ちになりましたが、再び親に泣きついて100万円だけ貸してもらいました。

 

借金の約半分を返済して、残りを自分で返していくことになりました。
カードローンの返済が終わったら、親に出して貰った分も返す約束です。

 

もう二度と競馬をはじめとしたギャンブルには手を出しません。
競馬はパチンコなどと違って、大きく勝てる夢があるので、ついつい借金してでものめり込んでしまいます。

 

でも、そんな大穴なんて、めったに来ないし、来ても当てることは殆どできません。
250万もの馬券を買いましたが、大穴を当てた事なんて一度もありませんでした。

 

競馬で250万円もの借金地獄だなんて、まともな社会人からは軽蔑される行為ですよね。
でも、夢中になっている時には、そんな事にも気づけないものなんですね。

 

私は、さんざん親に迷惑を掛けてしまいましたが、やっと正気になることができました。
競馬をしたい気持ちも、今はもうありません。
こつこつ返済して借金地獄から脱出できたら、もっとお金の掛からない、堅実な趣味を見つけたいと思います。

 

競馬の借金で苦しんでいるなら、早く現実を知りましょう。
一発当てて借金返済だなんで、しょせん夢でしかないんです。

 

借金返済問題は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切です。
金融知識に詳しく、債務関係の解決方法を熟知した弁護士になら安心して任せられますよね!

 

借金返済