麻雀の借金が70万円を超えて地獄を見た!

麻雀が好きで、若い時は毎晩のように雀荘で麻雀をしていました。
買ったり負けたりの繰り返しだったのですが、ある時まではプラス収支だったと思います。
遊び程度だと思っていたので、とてもギャンブルだと考えることはなかったですが、いつしか消費者金融で70万も借りる借金地獄に繋がっていきました。

 

 

ギャンブル化したのは、友人の一言でした。
友人は負けているので、レートを上げようと言い出したのが、ギャンブルのスタートでした。

 

初めのうちは一回だけという約束だったレートでしたが、いつしか毎日の麻雀が高レートのままでの麻雀になってしまったのです。
結局、一回では終わらないのですよね。

 

高レートで麻雀を打って負けると、消費者金融で借金して払い、それを取り返すために、更に高レートの麻雀に変わっていきました。
当然、小遣いの範囲ではなくなってしまい、最終的には、消費者金融からの借入は70万にもなりました。

 

70万もの大金を麻雀に注ぎ込んで、返済のために借金地獄の生活になったのです。
本当に馬鹿でした。。

 

借金を返済するのは大変で苦しくて地獄を見ました。
全部返すのに1年以上かかりましたが、お金がないので麻雀には参加しなくなりましたね。

 

これによって、麻雀の毎日から抜けだせて、この程度で済んで良かったかなと思うようになりましたね。
借金地獄からも脱出できたし、麻雀からも足を洗うことが出来たし、時間にも余裕が出来るようになりました。

 

お金に関することと言えば、「時は金なり」という言葉の意味が、少し理解出来たように思います。
ギャンブルではお金が貯まらないようになっているのだなと、つくづく思いましたね。

 

 

麻雀は気が向いたときに、店で卓を囲んで打つのが面白く、朝から気合で出かけてしまうものです。
しかし、結果で負けてしまって、消費者金融で借金することになりますが、自分は弱いので翌日も負けてしまいます。
あげく借金を返済できずに期限を過ぎ、遅延損害金を請求されて返済利息が増えるという地獄のスパイラルです。

 

麻雀は急にやめられないし、お金があるぶん使ってしまうし。。
軍資金があれば勝てると勘違いしてしまいがちだから、返済不能の地獄になってしまう典型的な借金の例です。
麻雀にはまると、働いて貯めた貯金がぜんぶ消えるほどやりこんでしまいます。

 

自分は止められて本当に良かったですね。
依存症で中毒のようになっている人は、どこかでやめる訓練をする必要があり、そのためにはカウンセリングなどを受けたほうがよいかもしれません。

 

麻雀ではお金は溜まりませんよ。
借金地獄に落ちるだけです。