女に貢いだ自分が馬鹿でした。。

 

私はとあるスナックで女と知り合いになり、その女の事が好きになってしまいました。
ですが女はなかなか私の方を向いてくれないので、いろいろプレゼントして貢ぐことで気を惹こうとしました。
宝石やブランドのバッグなど、彼女が欲しいと言った物はすべてプレゼントしました。

 

やがて私の貯金が底をついてしまい、それでも私は借金をして彼女に貢ぐことを止めませんでした。
しかし突然その女がいなくなってしまったのです。
色々と手を尽くして探してみたのですが、結局見つかりませんでした。

 

女に逃げられた私に残ったのは、いろいろなものを貢ぐためにした多額の借金だけだったのです。
借入は一か所だけでなく、複数の消費者金融からしました。
私は毎月の収入から少しずつ返済していったのですが、借り入れた金額が多額だったので、いつまでたっても返済が出来ませんでした。

 

消費者金融からは督促の手紙が届き、私は支払いに追われる返済地獄の生活となりました。
複数の金融機関からお金を借りていましたから、他にお金を貸してくれる金融機関はありません。

 

そこで私は借金を返済するために、知人や友人の所を一軒一軒回り、頭を下げてお金を貸してもらいました。
そのおかげで何とか、消費者金融から借りたお金は返済する事が出来ました。
ですが今度は知人や友人に借りたお金を返さなければならないので、結局は借金地獄から解放されません。

 

自分の馬鹿さ加減が、本当に嫌になってしまいました。
もう女に貢ぐなんてことは絶対やりません。
地獄が待っているだけですから。

 

借金返済問題は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切です。
金融知識に詳しく、債務関係の解決方法を熟知した弁護士になら安心して任せられますよね!

 

借金返済