深く考えず奨学金を借りてしまった結果・・・

私は大学進学時に500万円ほど借りて、奨学金地獄におちいりました。。
その借金返済が毎月あるのですが、いまだに返し切れていません。
500万借りて毎月数万円の返済ですが、失業や収入が低い事などが原因で返済猶予などを申請していました。

 

 

しかし、その奨学金の猶予期間も過ぎてしまいました。
そうすると当然ですが、500万円を返済しなければなりません。

 

毎月の返済は少額でも私にとっては大変で、入金が遅れると連帯保証人の人に連絡が行ってしまうというシステムのため、いつもプレッシャーを感じています。
奨学金500万の連帯保証人は親戚の人にお願いしている事もあり、さすがに親戚の人に迷惑を掛けることはできませんので自己破産もできず、何とか500万を返済をするしかありませんでした。

 

しかし、それでも低収入が続き、とうとうまた払えなくなりました。
奨学金機構に連絡をして事情を話したところ、分割額の減額で許してもらえるようになりました。
毎月の支払いが、いままで支払っていた額の半分で良くなったのです。

 

それで何とかだいぶ楽になりましたが、それはずっと続くというわけではなく、1年に一回更新があります。
その時点で収入など、奨学金機構の審査を受けて、また分割の返済になるかどうかが決定されます。

 

その時期がまたもうすぐやってくるので少し不安ではあります。
この奨学金地獄のような苦しみが今後も続くかと思うと憂鬱です。

 

それにしても、500万円ものお金を借りて返すというのは本当に大変です。
奨学金を申請する際には、まさかこんな借金地獄になるとは思ってもいませんでしたし、誰からも忠告やアドバイスはありませんでした。

 

自分が無知だった言えばそうなのですが、金銭教育も受けていない普通の高校生が、500万借りたらどうなるか、今の状況を予測するのは無理があります。
それにしても、月末は不安になることが多いです。

 

奨学金地獄になる理由

借金というと消費者金融や銀行からお金を借りる事を想像してしまいます。
ところが、大学での奨学金も名前が違うだけでれっきとした借入になります。

 

 

お金が無くて学業に専念できない人の為に、日本学生支援機構などが低金利で貸し出しを行うといった物です。
学生にとってはあまり借入というイメージが無いようで、大学卒業と同時に何百万という借金返済を背負うことになるのは変わりありません。

 

その事実を知らないままに奨学金に手を出して、卒業後に苦労している人がかなりの人数になります。
奨学金返済の不払いが増えてきたため、最近では日本学生支援機構からの取り立てが強化され、借金地獄とニュースになる事態にもなっています。

 

消費者金融は危ないと感じたり、ドラマや映画などでも良くないイメージが定着している為手を出しにくい感じがしますよね?
奨学金は大学が行っているという安心感やみんな借りているものという一体感のようなものがあり、気軽に借りてしまいます。

 

その点を踏まえると下手な消費者金融よりも借金のハードルが下がって危険さが増します。
しかし奨学金は成績や収入によっては無利息や、低利息で貸し出しをしてくれるため、使い方によっては有用でもあります。
借り方や返済方法の将来のビジョンをしっかり見据えて賢く利用する必要があります。

 

借金返済問題は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切です。
金融知識に詳しく、債務関係の解決方法を熟知した弁護士になら安心して任せられますよね!

 

借金返済