少額な借金についての疑問に答えます。

10万、20万、30万、あるいは50万円といった、いわゆる少額の借入は、お借りるにしても返すにしても、数百万といった高額借入とは、色々な面が違ってきます。
当サイトでは、借金返済に困窮した際の方法として債務整理を紹介しています。

 

 

しかし残念ながら、「借入残高が小さい場合、費用対効果の面から言って、法的手続きは難しい」ケースが殆どです。。
では、一体どうすれば良いのか?

 

このページでは、少額借入に絞って、「借金の申し込み」〜「返済方法」〜「払えなくなった場合の相談先」などについて解説しています。
ぜひ参考にしてみてください。

 

金額別の借金申し込み

 

借金10万を申し込むなら?

10万円までといった小さな金額を借りたい場合は、一番簡単なのは消費者金融で借りることでしょう。

 

今すぐ現金が欲しいけれど、給料日までは数日あるので、といった利用が中心になると思いますが、銀行などの利率の低い金融機関は審査に時間が掛かることも多く、ニーズにあっていないからです。

 

消費者金融なら、インターネットや無人契約機を使うことで、申し込みから1時間以内に現金を手に入れることも可能です。
その分、利率も高いので、消費者金融を理由するなら、利用は短期間で、一括返済を前提にした方が良いでしょう。

 

借金20万を申し込むなら?

20万円までの場合も、10万までと同様の考え方で問題ありません。
ただし消費者金融で借りた場合、収入の低い人は、一括での借金返済が難しいと思います。
借りてもまとめて返すのは難しいようなら、お金を使うことを我慢するべきです。

 

10万円までなら月々の給料でまとめて返すことも比較的容易ですが、分割で返済するようになると、借金を増やす傾向が強まるからです。
自分の収入で返せる以上にお金を借りてしまったら・・・どうなるかは分かりますよね?

 

借金30万を申し込むなら?

30万円という金額が現金で必要になるということは、堅実に生活していると、そう頻繁にはありません。
今日突然に入用になるというのは、考えにくいことです。

 

30万くらいになると金利負担も増してきますので、消費者金融よりも利率の低い銀行系カードローンに申し込みましょう

 

借金50万を申し込むなら?

50万円は、借金額としては少額とされており、貸金業規制法でも収入証明書の提出なしで借りれる金額です。
新規借入で、1社から借りることにできる金額でもあります。

 

とは言え、返済のことを考えたら、小さい金額とは言えません。
当然、一括で返すのも難しいですし額ですから、借金する前にきちんとした返済計画が必要です。
支払いの回数、金額を事前に確認し、自分の収入で継続的に払っていけるのかどうか、慎重に判断しましょう。
申込先としては、銀行系カードローンの中でも特に利率の低い、メガバンク系がおすすめです。

 

金額別の借金返済

 

借金10万返済する方法は?

10万円までの比較的小さな金額の場合、一括での全額完済を前提にするのが良いと思います。

 

多重債務で苦しむ人も、最初は小さな金額での借金から始まっています。
一括で返せないなら、あとは節約あるのみです。

 

10万円までなら、我慢我慢で、何とかなります。
これ以上、借入額が増えないように、注意が必要です。

 

借金20万返済する方法は?

20万までの場合は、基本的な考え方は10万までと同様です。
一括で借金返済できる人が減ると思いますが、その程度の違いです。
日々の生活費を抑えて、完済することを優先しましょう。

 

借金30万返済する方法は?

30万となると、一括で返せる人は殆どいないのではないでしょうか?
そのため、賞与での借金返済などを考慮に入れ、半年〜1年以内での完済を目指しましょう。

 

ボーナスが出たら普段買えないものを購入したいとか、家族で旅行にいきたいとか、色々な想いはあると思いますが、我慢してください。
まずは借金返済、です。

 

借りたお金を返すために、一番必要なのは我慢なのです。。

 

借金50万返済する方法は?

50万の借入があるなら、今が境界線だと思ってください。
貸金業規制法で少額借入とされているのは、ここまでで、借金が50万を超えると、完済するのは難しくなってきます。

 

もともと蓄えがないから借りている筈だと思いますが、そこに小さくない利息負担が伸し掛かってきます。
ボーナスは全額、借金返済にあてるくらいの気持ちが必要です。

 

リボ払いで、借りて返して、ということを繰り返しているなら、この記事を読んだことを機会に、考えを改めて欲しいと思います。
50万を年率18%で借りたら、毎月25000円づつ丸2年間の返済が必要です。
頑張りましょう。

 

金額別の借金相談

 

小さすぎる金額の場合、法律事務所も相手にしてくれません。
借金返済から解放される究極の手段といえば自己破産ですが、自己破産するために費用がどれくらい掛かるか知っていますか?

 

東京都の弁護士相場では、最低でも50万円以上は必要です。
ですので、あまりに低い金額の場合は、相談しても取り合ってくれないのです。
法律事務所もビジネスですからね。
借金を法的手続きで解決できるかは、診断シミュレーターを使って確認することも可能です。

 

>>詳細はこちら<<

 

以下では、少額借入に困窮した際の相談先について解説しています。
参考にしてみてくださいね。

 

借金10万返済の相談するなら?

10万借りているけど、返せないという場合、どこの相談したら良いのでしょうか?
回答としては、借入先に相談しましょう。

 

返済額、利率の引き下げ、あるいは利息カットなど、どうしても借金が返せない状態であることを正直に話してください。

 

親や兄弟に借金返済で苦しんでいることを打ち明けて、一旦立て替えて貰えるなら、それも良いかもしれません。
10万くらいなら、怒られはするでしょうが、助けて貰えることも多いと思います。

 

借金20万返済の相談するなら?

20万までの場合も、10万迄と同様です。

 

借金30万〜50万返済の相談するなら?

30万・50万となると、金融機関に相談して条件緩和が難しかった場合、親や兄弟に相談しても、相談された側の資力的に無理という場合もあると思います。

 

その際におすすめなのが、法テラスです。
法テラスは、日本司法支援センターの略称で、法律相談の無料窓口を設置している公的機関です。

 

法テラスでは、弁護士や司法書士費用の立替制度、生活保護者向けの自己破産費用免除制度などあります。
自分の力では法的手続きすらできない場合の、最後の方法です。

 

参考:収入ゼロ!借金返済はどうなる?生活保護と法テラスの解説。

 

違法な取り立てにあったら

 

金融機関から過酷な借金取り立てにあっているなら、相談先は金融庁です。
当サイトの別ページで解説しているので、参考にしてみてください。

 

参考:借金取り立てが厳しい!それって違法かも?

 

借金返済問題は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切です。
金融知識に詳しく、債務関係の解決方法を熟知した弁護士になら安心して任せられますよね!

 

借金返済