まずは冷静になって借金の理由や今後の計画について話し合いましょう。

夫に消費者金融などからの借入が発覚した場合、パニックを起こしてしまう奥さまがいらっしゃいますが、まずは落ち着きましょう。
QAサイトなどを覗くと、夫の借金が判明した途端に離婚を考えたり、それを煽りたてるような書き込みが散見されますが、ちょっとヒステリックに過ぎるのではと思います。

 

消費者金融の利用者数は、約1400万人にもなりますので、日本の勤労者数6300万人の22%強、約5人に1人は利用している計算になります。
当然、自分の周囲にも利用者は沢山いるのですが、お金のことは言わないだけで、何もあなたの夫が特別なわけではありません。

 

もちろん、借金を奨励しているわけではありませんし、出来れば無い方が良いに決まっています。
しかし資本主義の国というのは、多かれ少なかれローンも経済の一部として機能していますので、自分の周囲にもこういった問題はいつ起きてもおかしくないものだとという考えが必要です。

 

 

借入理由と返済状況を確認しましょう

借金にも止むを得ないものと、そうでないものがあります。
納得できる理由があり、きちんと支払いを行っているなら旦那様を信用してあげましょう。

 

ローンの事を内緒にされていて裏切られた気持ちになっているかもしれませんが、夫婦であっても多かれ少なかれ秘密はあるものです。
お金の問題は、家庭が壊れる引鉄にもなるものだと夫に理解しておいて貰いましょう。

 

一度はチャンスを!でも肩代わりは駄目

日本では、金銭に関する教育はほとんど行われません。
中には家庭でお金について熱心に教育する親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、本当に稀な存在でしょう。

 

借金は駄目、といった程度のことを言って聞かせている程度ではないでしょうか。
ですが、現実社会はローンに溢れています。

 

ろくに教育を受けていない人が、ふらふらと流されてしまう事も、正直いって良くある事ですので、一度は許してあげて欲しいと思います。

 

ですが、肩代わりは絶対に駄目です。
どんなに苦労しても自力で借金返済をすることで、お金の怖さが身に染みるのです。

 

重度の癖になっている場合は・・

世の中には、借金癖になっている人がいます。
借りるだけ借りて、先のことは考えていないようなタイプの人です。

 

こういった状態になると、自力ですぐに立ち直るのは困難ですので、弁護士に依頼して債務整理を行うことをお勧めします。

 

債務整理を行うと、金融機関に事故者登録されるため、5〜7年間は新たな借金ができません。
高金利での借入を長期間利用していれば、払い過ぎていた利息が戻ってくるケースもあります。

 

夫の借金を返済する最悪な結婚生活の体験談。

テレビなんかで借金を抱えながらも、夫を優しく見守っている妻なんかを見ると、本当にすごいと思います。
私も夫側の責任で借金を返していたのですが、本当に結婚生活は最悪でした。

 

いつも夫のことを恨んでいたように思います。
自分のせいではないのに、結婚相手が借金を背負っていたというだけで、どうしてこんなに最悪な思いをしないといけないのか、本当に離婚寸前まで何度もいきました。

 

 

自分の人生で督促状なんて一生縁のないものだと思っていたのに、毎月のように見なければならない、親族に対するうしろめたさ、精神的に限界の毎日でした。
夫婦共働きだったのですが、贅沢をする余裕なんかありませんでした。

 

結婚して借金が発覚して、外食をしたことなんて一度もありませんでした。
肉料理が食卓にでることも月に数回あるかないかでした。

 

とにかく早くお金を返し終わりたいと思っていたので、ひと月で15万円くらい返していました。
新婚生活は借金返済の思い出しかありません。

 

あんな生活絶対に嫌ですが、全額を返し終わったときはかなりの達成感がありました。
借金を夫と一緒に返済するという最悪な結婚生活を通しながら、夫婦は本当に責任を共有しているんだな、と深く認識することができました。

 

借金返済問題は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切です。
金融知識に詳しく、債務関係の解決方法を熟知した弁護士になら安心して任せられますよね!

 

借金返済