借金まみれになる人にはどんな特徴がある?

借入にづぐ借入で、借金まみれになってしまった・・・そんな悩みを抱えているなら、一度立ち止まって冷静に考えてみる必要があります。
だれでもそうですが、初めて融資を受けた時には、何か嫌な気持ちになって、とにかく早く返さなければと思った筈です。

 

しかし、いつのまにかお金を借りることに抵抗がなくなり、借入を繰り返すように・・・
そんな借金まみれになる人の特徴とは何でしょうか。

 

 

借金まみれになる人の特徴(1)楽観的な性格

綿密な返済計画をたて、きちんと支払いを行っていく几帳面なタイプの人は、自分の能力以上に借入を行うことはありません。
どちらかというと、借金があっても何とかなる、といった楽観的な性格の持ち主が、借入を繰り返すケースが多いようです。

 

もともと先に対する見通しや備えが不足していた為、お金を借りる事態になった人によく見られる特徴ですが、とにかく現実をあまく見ている所があり、根拠もないのに何とかなると思っています。
借金まみれになっても、まだ現実がを見ることができない場合もあります。

 

こういったタイプを説得するには、客観的な数字を出して理詰めで現実を分からせる他ありません。
借金返済計画表を作成し、どれだけ利息を負担しているのか、このままだとどうなるのか、真面目に考える必要があります。

 

借金まみれになる人の特徴(2)あきらめが悪い

遊興費や娯楽費などではなく、事業などで借入を繰り返して借金まみれになる人に多いタイプです。
借入が膨らんでいることが分かっていても、何とか事業を立て直そうと足掻き続け、結果ますます融資残高が膨らんでいきます。

 

心の奥底では無理だと分かっていても、借入ができなくなるまで止まらないのです。
事業を諦めるのは無く、一度リセットする方向で考えることが必要です。

 

今の事業を立て直せる目途がたっていないなら、上手くいっていない事をきちんと受け止めて規模を縮小するなり、一回事業をたたんで別なジャンルへの参入を考えるなど、頭を切り替えましょう。
一度サラリーマンに戻ったとしても、また再起することは可能なのですから。

 

借金まみれになる人の特徴(3)真面目に返済しすぎる

支払い日が来たのに入金するお金がない時、借りて返すという事を繰り返しているなら危険です。
支払いのためのお金を借りるというのは、借金まみれに向かっていく最悪の方法です。

 

もともと生真面目な性格な人は、支払いが遅れることを恐れるあまり、こういった行動を取ってしまいます。
もし入金するお金がないのなら、金融機関に理由を話して待って貰いましょう。

 

それで暴言を吐かれたりするようなら、監督官庁に苦情を申し立てましょう。
業者は行政処分を恐れていますので大人しくなります。

 

借金返済問題は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切です。
金融知識に詳しく、債務関係の解決方法を熟知した弁護士になら安心して任せられますよね!

 

借金返済