パチンコ依存症の借金返済は大変!借金癖を治す方法は?

誰でもそうですが、お金を借りる際には心理的な抵抗を感じるものです。
それは、「返済が大変になるな」とか、「もし返せなかったらどうしよう」といったネガティブな側面を無意識に感じているからです。

 

これを全く感じることなく、借入を繰り返すようなら、借金癖のある人かもしれません。

 

 

お金を借りるのが当たり前、抵抗感もなく、自分のお金を使うのを同様の意識で、借りた金銭を浪費してしまう状態です。

 

このページでは、借金癖の心理的な原因となっている依存症と、治し方を解説しています。
よろしければ、参考にしてください。

 

借金癖は病気、原因となる心理は依存であることが多い!

原因は人それぞれ、色々ありますが、明らかに目立つものもあります。
一番多いのはギャンブル、その中でもパチンコ依存症です。
他のギャンブルと違って、開催日などもなく、好きな時にいつでもギャンブルできるからです。

 

パチンコ依存症による借金癖と返済

パチンコ、スロット、競馬、競輪、競艇、、世の中には様々な賭博に溢れています。
その中でも、パチンコ依存症になっている人は貸金業者の良い「カモ」です。

 

 

パチンコ屋の近くには、消費者金融の無人契約機が当たり前のように作られていますからね。
完全にカモ扱いされています。

 

パチンコ依存症が借金癖に繋がりやすいのは、一発当てれば全額返済できるという気持ちが働くからです。

 

冷静に考えれば、そんなに簡単に稼げないからこそ、胴元が設けているのですが、熱くなっている状態では抑制が効きません。
パチンコのようなギャンブルは、それ自体に中毒性のようなものがあり、一度ハマってしまうと、その刺激無しではいられなくなってしまう特性があります。

 

上場企業の御曹司が、会社のお金をカジノで使い込んだというニュースもありましたよね。
知的レベルに関係なく、ギャンブル依存症になるという事例です。

 

パチンコ依存症は病気、カウンセリングが必要な場合もある

何が原因であったとしても、元を断たない事には解決することはできません。
パチンコ依存症は、精神的ストレスが原因になっているケースが多いようです。
これを解決しないことには、借金癖を治す事はできません。

 

殆どの場合、本人は金銭感覚が麻痺していますので、周囲の人間が気付かせるしかりません。
いきなり借金ができない状態になると、精神的に不安定になって、家庭内暴力や犯罪といった最悪に事態に発展する場合もあります。

 

重度のパチンコ依存症の場合は、カウンセリングを受けることをお勧めします。

 

借金癖を治す方法は事故登録して借りられない状態にする!

借金癖は、お金を借りることに対する心理的な抵抗感が欠落した状態ですので、口で注意したからといって簡単に治るものではありません。
そもそもの性格や考え方が根底にありますので、それを変えるためには大きな変化が必要です。

 

借金癖のある人は、返済している最中は悪いことをしている認識がありません。
行き詰って家族や親族に肩代わりして貰っても、しばらくすれば忘れて同じことを何度も繰り返す人が多いのです。

 

ですので、どうしても借金癖を治したければ、環境を変えるしかないでしょう。
具体的には、「借金しないようにする」ではなく、「借金できないようにする」という方法です。

 

 

債務整理して借金癖を治す方法

弁護士に依頼して借入の整理を行う方法です。

 

現在の借入額や収入によって、自己破産になるのか、任意整理、あるいは個人再生になるのかは弁護士に相談してからになりますが、いずれにしても債務整理後は信用情報機関に事故登録されますので、以後は融資を受けられなくなります。
いわゆる「ブラックリスト登録」ですね。

 

注意点としては、こういった正規の金融会社から融資を受けられない人に対し、違法業者「闇金」が営業を掛けてくる場合がある点です。
とは言え、例え闇金から借りたとしても、闇金からの借り入れは、元本を含めて返済義務はありませんので、覚えておきましょう。

 

貸付自粛依頼して借金癖を治す方法

すでに親族で借金返済を肩代わりしているなら、日本貸金業協会に貸付自粛の依頼を行いましょう。
貸付自粛制度は、本人または親族からの依頼に基づき、日本貸金業協会から信用情報機関に登録を行います。

 

登録期間は5年超。
依頼については、日本貸金業協会に直接行くか、郵送が必要です。
インターネットや電話での手続きはできません。

 

依頼してから登録が完了するまで、約3日間掛かります。
一度申し込むと、3ヶ月間は撤回できません。
詳しくは、日本貸金業協会の協会支部に連絡して確認してみましょう。

 

公式:日本貸金業協会

 

パチンコ依存による借金癖と返済方法まとめ

いずれの方法も、決して本人が望んでいることではありませんので、実行にあたっては本人の説得が必要です。
借金癖の恐ろしさ、金利の高さ、このままでは家庭が崩壊することなどを冷静に話しましょう。

 

ポイントは、「立ち直って貰いたい」という思いを前面に出すことです。
すべての借金が悪いわけではありませんが、自分でコントロールできないのであれば、禁止する他ありません。
アルコール中毒やパチンコ依存症でもそうですが、借金癖を治すには家族の断固たる決意が必要になりますので、心しておきましょう。

 

パチンコ依存症で借金癖のある彼を治した体験談!

私にほ2年ほど付き合っていた彼氏がいて、ゆくゆくは結婚も考えていました。
職場で出逢い、社内でも1番のイケメン。

 

私はとりわけ、美人というわけでもなく本当にごくごく普通の女性でしたが、相手の方が気に入ってくれ、私もこんなイケメンの男性に好かれるなんて思ってもみなかったので、告白された時はビックリしました。

 

しかもただのイケメンというだけでなく、性格も穏やかで、とてもユーモアのある人で一緒に居ると、とても楽しく私も彼が大好きになっていました。

 

しかし、付き合ってから数か月で彼に多額の借金がある事実が判明。
はっきりと詳細は教えてくれなかったのですが、消費者金融から100万くらいの借入があるようでした。

 

 

借金の原因はパチンコ

しかもその借金は、彼が以前、パチンコや飲み代などに使っていたもののようでした。
私は愕然としました。

 

彼といると本当楽しくて、ずっと一緒にいたいと思っていたし、お互い適齢期にもさしかかっていたので、結婚も意識していました。
私のために、借金も少しずつ返し、貯金もゼロなので、お金が少し貯まったら結婚しようと言う風に言ってくれました。

 

私はその言葉が嬉しくて、負担を少しでも減らそうとお弁当を作ってあげたり、ご飯を作ってあげたり、デート代も割り勘にしたり多めに払ったりと、彼の力になれるように頑張っていました。

 

しかし、最初は彼も頑張って節約したりしていましたが、私の知らないところでパチンコに行ったり、高い服を買ったり、飲み歩いたりと気にせずお金を使うようになり、借金が減るどころか利息もつきどんどん膨らんでいるようでした。

 

しかも、あちこちの金融会社からお金をいつも借りているということが判明。
どうやら、私が好きになったのは借金癖のある人のようで、お金を借りるという行為に対して、あまり抵抗がないタイプという事実も次第にわかってきました。

 

債務整理してパチンコの借金を返済する方法

結婚を機に、そういうのが改善される人もいるので、彼もきっとそうなってくれると思っていましたが、例え結婚しても変わらないタイプもいると聞いたので、何か良い方法はないかとインターネットで探していて見つけたのが、弁護士に依頼し債務整理を行うという方法でした。
債務整理を行うとブラックリストに載るので、結果お金を借りられないという、借金癖を治す方法です。

 

それに、今ある借入残高も大幅に減るかもしれないので、恐る恐る彼に話してみました。
怒られるのを覚悟していたのですが、彼も内心このままでは良くないと思っていたようで、一緒に弁護士さんに相談に行ってみることにしました。

 

 

弁護士さんは、物腰も柔らかく、今後の生活についても色々とアドバイスしてくれました。
債務整理の結果は、今の借金も半分くらいになり、しかも以後の利息もカットになったので、返済がすごく楽になって彼も喜んでいました。

 

今は、順調に金額も減っていっているので、これが終わったら結婚資金を貯めようと話しています。
パチンコも止めてくれました。

 

彼に借入があることが分かった時、一瞬別れようかとも思ったのですが、あきらめずに借金癖を治す方法を調べ、思い切って話してみて良かったです。
弁護士さんが良い人だったのも大きいと思いますけど。

 

ちなみに弁護士さんもインターネットで探しました。
最初に、ネットで無料・匿名で利用できるシミュレーターで解決可能かどうか診断したのですが、そこで法律事務所を紹介して貰いました。

 

便利だなと思ったのですが、何でも毎月何千人もの人が利用しているサービスだそうです。
私のようにパートナーのパチンコの借金返済で悩んでいる人には、参考になるかもしれません。

借金返済問題は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切ですが、いきなり弁護士と面談するのは勇気が必要ですよね。

当サイトでは、匿名・無料で利用できる診断シミュレーターで、解決可能かどうか調べてみることをおすすめします。

>>借金返済シミュレーターとは?<<