お金の返し方にも、ちょっとしたコツがあるのです。

当サイトに訪問されたという事は、何かしらの借金返済でお悩みなのだと思います。
頑張って返していくしかない!と決意を固めたとして、どうせ支払いするなら少しでも効率的に行いたいですよね。
ここでは、効率の良いお金の返し方のちょっとしたコツ、借金返済計画について説明しています。
よろしければ、参考にしてくださいね。

 

 

借金を返す前に・・

実は、一番に優先して支払うべきなのは、融資を受けたお金ではありません。
それは、「税金」です。

 

借金返済計画と言っておきながら、なぜ税金なのか?
私は役所の回し者でもありませんし、納税者の義務うんぬんで言っているのはなく、ちゃんとした理由があります。

 

計画を立てて頑張って支払いをしていくとしても、その借金返済方法が上手くいく保証はありませんし、やはり払えないということも現実にはあると思います。

 

そうなった場合の最終手段は「自己破産」ですが、税金は破産したとしても免責されないのです。
借金返済を優先して税金を滞納していた場合、自己破産した後も、滞納した税金を払っていく必要があるのですね。

 

借入を優先して返し、税金を滞納している状態の人は要注意です。
最終手段である自己破産でも、救済されない事態となる恐れがあるからです。
計画的に借金返済をする上で、何を優先するかを考えておくのは、とても重要なのです。

 

まず最初に収入、支出、返済額を把握する

借金返済計画を立てるにあたり、給料などの収入、生活費などの支出、借入金の支払額を把握しましょう。
収入-生活費=支払い可能額、となりますが、少しでも生活費を節約して払える額を増やしたいところです。
とは言え、あまりに生活が窮屈だと、せっかくの計画も継続できませんので、バランスが大切です。

 

参考:借金返済のためには生活費を節約する必要性もある。

 

個人の感じ方や、住んでいる地域によってもバランスは違いますので、まずは借入元金を減らすために行動することが大切です。
返済計画を実践しながら、調整していけば問題ありません。
それよりも大切なのは、根気強く継続することです。

 

計画のキモ!どの順番で返していくのか?

効率の良い借金の返し方ですが、まず優先して完済するのは金利の高い借入です。
借入期間が長引くほど、利息の支払額が膨らんでいくからです。

 

金利が同じ場合は、残高が少ない順に返済していくのが効率の良い返し方です。
残高が少なければ、完済するまので期間も短くて済みます。

 

早く完済して借入が無くなれば、銀行振込手数料や、ATMまでの交通費も不要になるからです。
支払先が減ることで、精神的にも楽になりますので、残高が少ない所を優先して返していきましょう。
場合によっては、借金を一本化して利率を引き下げられるおまとめローンの利用も賢い返し方です。

 

計画には達成感が感じられる工夫を・・

借金返済生活というには苦しいものです。
どうしても暮らしが窮屈になりますので、途中で挫折する人も多いのです。
諦めずに続けていくためにも、支払いに対するモチベーションを維持できる仕組みが必要です。

 

借入残高の減少が分かるグラフを作るとか、この金額まで減ったらプチ贅沢するとか、色々と工夫してみると良いでしょう。
半年間頑張れば、自然と慣れてくるものですよ。

 

借金返済問題は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切です。
金融知識に詳しく、債務関係の解決方法を熟知した弁護士になら安心して任せられますよね!

 

借金返済