刑事事件ではありませんので、警察に捕まることはありません。

借金を返せないのは良くない事ですが、あくまでも民事の範疇ですので、詐欺的な行為がなければ、警察に逮捕されることはありません。
ただし、民事上の裁判で提訴されて判決が確定すると、強制執行で所有財産を差し押さえられる恐れはあります。

 

ということは、換金できるような財産が無ければ、怖いものなしとも言えますが、毎日のように返済を要求される中で、平静に暮らせる方は稀でしょう。
自分では問題ないと思っていても、実は詐欺的な借金だったという場合もあります。。

 

ここでは、よく質問のある

 

借金が返せないとどうなるか?詐欺的な行為とは?逮捕される恐れは?

 

などについて解説しています。
よろしければ参考にして下さい。

 

 

返済意思がないのに、お金を借りるのは詐欺的な行為

努力しても借金を返せないのは不可抗力だとしても、最初から返すつもりがないのに借入を行うと、詐欺に該当する恐れがあります。

 

この「返すつもりがない」というのは、実際に分割金を1度でも支払ったかどうか、という点が問われます。
例えば、借金しても返せないことが分かっていながら、自己破産をするつもりで、その資金として消費者金融で50万円キャッシング、そのまま裁判所で破産申請を行ったというような場合です。

 

新規の借入に対し、ただの1度も支払いをしないというのは、相当な理由がなければ認められません。
上記の例の場合、「返せない」のではなく、「返すつもりがない」ですよね?

 

弁護士に自己破産手続きを依頼した場合などでは、詐欺の疑いを避けるためにも、せめて1回だけでも借金の返済を行うよう促される筈です。

 

とは言え、微妙というか、グレーな場合もあります。
例えば、カード会社Aで新規の借入を行い、その中からAへの借金返済を1度行ったようなケースです。

 

業者側は、借入を支払いの期日などから、詐欺的であることを主張する場合もありますが、返すつもりだったが返せない状態になったと主張することで、通ってしまうケースが殆どです。
(こういった方法を推奨しているのはありません)

 

借金を返せないと返さないの違いは?

実際に返済を一度でも行ったか?
収入がまったく無く、返せないのが分かっていながら、収入がないことを隠しての借り入れでは無かったか?
といった所に注目されます。

 

ただ実際の所、最初から借金を返せない前提で借りたとしても、1度でも支払いをしていれば、詐欺で逮捕される恐れはないでしょう。
これは、貸主側が、最初から返すつもりがなかったことを立証しなければいけないからです。

 

詐欺の立証というのは、非常に難しいものです。
返すつもりでした!と借主が言えば、それが嘘だという証拠を見つけるのは容易ではないからです。

 

怪しいと思っていても、詐欺の証拠がなければ、何もできません。
つまり、借金を返せない状態になったとしても、最低1回の支払いだけは死守しなければならないという事です。
また、返済目途もないのに、新たな借り入れを行うのはやめましょう。

 

昔は、自己破産のための弁護士費用を、消費者金融からの借金で用立てる人もいましたが、絶対に駄目です。
そんな事をしなくても、今は後払い分割で手続きを行ってくれる法律事務所がいくらでもあります。
わざわざ、詐欺に問われる危険を冒す必要はありません。

 

借金を返せないからといって放っておくと・・

上でも書きましたが、返済できないとしても、差し押さえるものが無ければどうにもできないので、電話なり訪問なりで催促を受け続けるだけです。
ただ普通の人は、そういった生活には耐えられないので、頑張って支払っているわけですし、返済能力が無ければ、法的手続きを行うのです。

 

放っておいても捕まったり、暴力を振るわれたりといったこともありませんが、だからといってそのままでは何も解決しません。
困難さに目を背けず、弁護士に相談することをお勧めします。
法的な借金返済方法を行うことで、必ず解決は可能です。

 

借金返済問題は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切です。
金融知識に詳しく、債務関係の解決方法を熟知した弁護士になら安心して任せられますよね!

 

借金返済