借金取り立てが違法かどうかは貸金業規制法で確認できる

貸金業規制法では、業者の借金取り立て行為について規制を行っています。
とは言え、貸主側としても契約に基づいて返済して貰わなければ事業が成り立ちませんので、督促行為自体が禁止されているわけではありません。

 

 

そのため、法律(貸金業規制法)で、借主の生活が乱されないよう、規制が設けられています。
以下の、借金取り立て時の禁止事項に該当しないか確認してみましょう。
該当すれば違法となります。

 

その場合は、業者に借金取り立て行為の中止を促してみてください。
ポイントとしては、「あなたの言動は法律に違反しています」と、はっきり伝えるのが重要です。

 

注意しても聞き入れないようであれば、監督官庁に違法な借金取り立てに会っていると伝えて、厳重に指導して貰いましょう。
貸金業者は、金融庁には絶対に逆らえないので、すぐに改善される筈です。

 

借金取り立ての違法行為の一覧

  • 大声を上げ、乱暴な言葉を使ったり、暴力的な態度を取ること。
  • 多人数で訪問すること。
  • 正当な理由なく、午後9時~午前8時の間に訪問したり、電話やFAXで連絡すること。
  • 反復継続して訪問したり、電話やFAXで連絡すること。
  • 貼紙をするなどして、借入の事実を第三者に明らかにすること。
  • 他業者から借金、クレジットカードを使った返済を要求する行為。
  • 勤務先を訪問して借主や保証人を困惑させる行為。
  • 第三者(本人・保証人意外の者)に借金の返済を要求すること。
  • 弁護士からの受任通知を受けた後に、借主や保証人に正当な理由なく直接返済を請求すること。
  • 調停・訴訟手続きを行った通知を受け取った後に、借主や保証人に正当な理由なく、直接返済を請求すること。

 

違法な借金の取り立てがあったら?

大手消費者金融やクレジット会社では、現在このような違法な借金取り立てが行われるケースは、まずないと思います。
小さな街金融だったり、大手でも無知な担当者が、暴言を吐くという可能性は勿論ありますが。

 

もし、違法な借金取り立てにあった場合は、はっきりと相手に違法行為であること、監督官庁(金融庁)に報告する旨を伝えましょう。
多くの場合、この時点で相手は下手に出てきますが、それでも止めない場合は金融庁に報告すれば、「お上」が対応してくれます。

 

ただし、これはちゃんとした合法的な貸金業者から借金した場合です。
合法的なではない業者とは、いわゆる闇金です。
借金取り立ても過酷、嫌がらせ行為など悪質です。
闇金を監督する官庁はありませんので、別の対応が必要です。

 

闇金の借金取り立ては警察より弁護士

いわゆる闇金融などは存在自体が違法なので、「違法ですよ」などと言っても引き下がる筈もありません。
そんな事は、最初から分かってやっているのです。

 

貸し付けたお金を回収するまで、徹底的に借金の取り立てを繰り返し、借主を追い込んできます。
借主だけではなく、周囲にも接触してきたりするのも珍しくありません。
闇金の借金取り立てに素人の個人が対抗するのは、正直に言って難しいと思います。

 

こういった闇金業者からの借金取り立てに対応できる法律事務所がありますので、そちらに相談するのが現実的です。

 

違法な存在なら警察に訴えれば?と思うかもしれませんが、警察の仕事は「逮捕」であって、「取り立ての中止」ではありません。
被害者としては、生活を守るために一刻も早く督促を止めて欲しい筈ですから、目的に合わないのです。

 

借金取り立てが職場に来ることはある?

借金を返済したくても返せないケースもあると思います。
借りたお金を返さないでいると、職場に取り立てがくるようなケースはあるのでしょうか?

 

 

職場に取り立てが来ると、自分が借金をしている事実が完全にバレますし、それ以降は職場にいづらくなるかもしれません。
だからこそ、それだけはしないでほしいと思っている方も多いと思います。

 

職場に借金取り立てにくる業者は滅多にありません。
違法な業者から借りている場合には、本当に回収するために、何をやってくるか?分からないといった恐れもありますが、普通の金融機関であれば、そういうやり方はしないです。

 

電話で返済を催促したりすることはあっても、職場に乗り込んでくるというのはまずありえません。
もちろん、100%絶対にないとは言えませんが。
電話をしているのに全く出る気配がないとか、本人と連絡がつかない、接触が出来ないとなれば、職場に乗り込むというか、職場に連絡が来る可能性はあります。

 

それも困るという方もいると思いますので、借金をした業者から連絡が来たたときには、確実に電話に出ましょう。
それをしないでいると、どんどん取れる手段がなくなっていき、借りている本人にとって不都合な状態になっていくので、絶対にそういう状況は避けるようにしましょう。