住宅ローン返済に困った際の解決方法

住宅を売って解決するか?売らずに解決するか?

せっかく手に入れた自宅ですが、支払いが出来なくなる場合もあります。
その際の対処方法は、大きく分けて2種類、「売って解決」するか「売らずに解決」するか。

 

 

どちらを選択しても一長一短ありますので、それぞれのメリット・デメリットをしっかり確認しましょう。
住宅ローンは巨額の借金ですので、返済に行き詰った時の解決方法は複雑です。

 

ここでは、ローン滞納時の対処方法について解説しています。

 

住宅を売って解決する方法

代表的な方法は以下の通りです。

 

  • 任意売却
  • 自己破産

 

自宅を売却するなら、競売を待つのではなく、絶対に「任意売却」するべきです。
競売では市価の半額程度に買いたたかれてしまいます。
自己破産」については、当サイトでも詳しく説明していますので参考にして下さい。

 

住宅を売らずに解決する方法

代表的な方法は以下の通りです。

 

  • 住宅ローンのリスケ(返済計画の組み直し)
  • 個人再生

 

住宅ローンも借金ですので、貸主が承諾してくれれば、「リスケ」が可能です。
支払いに困ったら、ますはリスケを検討しましょう。

 

個人再生」は、実施されている数は少ないものの、自己破産に次いで債務を大きく圧縮できる方法ですので、参考にしてください。

住宅ローン返済ができない場合の解決方法記事一覧

会社経営者でもなければ、大部分の人にとって人生で一番大きな借金は住宅ローンでしょう。数千万円もの借入を、長い期間(大抵は35年!)を掛けて返していくことになります。住宅ローンを組む際には、多くの人が繰り上げ返済するつもりでいますし、賃貸の家賃支払いがなくなるので、払えないことになるケースを想定している人はあまりいません。しかし、あまりに長い期間ですので、その間全ての人の人生が順調にいくとは限りませ...

どんな借金でもそうですが、遅れたまま返済しないと、金融機関から支払いを催促されます。催促されているにも関わらず、住宅ローンの滞納を続けるとどうなるか?住宅ローンを滞納している場合、銀行や保証会社から全額返済請求が届きます。月々の支払いすら滞っている状態ですから、全額返済しろと請求されても、払えるわけありませんよね。そうして支払いが出来ず自宅を手放すしかなくなった場合、「競売」か「任意売却」かの判断...

夫婦でであれば、家を買ってローンを返済していくということは普通に行われている事だと思います。住宅ローンは完済までに非常に長い年月がかかるため、借金の中でも非常に特異の存在になります。30年とか35年といった期間のため、その間には様々な事態が発生します。住宅ローンを返済し終わる前に離婚をするということも十分考えられるわけですが、その場合には、残債はどうなるのでしょうか?基本的には、残っている分につい...