住宅ローンの返済に困ったらリスケジュールで支払計画を見直そう!

会社経営者でもなければ、大部分の人にとって人生で一番大きな借金は住宅ローンでしょう。
数千万円もの借入を、長い期間(大抵は35年!)を掛けて返していくことになります。

 

住宅ローンを組む際には、多くの人が繰り上げ返済するつもりでいますし、賃貸の家賃支払いがなくなるので、払えないことになるケースを想定している人はあまりいません。
しかし、あまりに長い期間ですので、その間全ての人の人生が順調にいくとは限りません。

 

 

私も住宅の購入者ですが、住宅ローンを完済する前に失業、再就職、それに伴う収入ダウンなどを経験しています。
買ったのが安めの中古マンションでなかったら、正直言って最後まで払えなかったと思います。
人生、何が起きるか分かりません・・・

 

ここでは、住宅ローンが払えない状態になった際の対処について解説しています。

 

支払計画を見直そう

住宅ローンも立派な借金ですので、月々の支払いを滞納すると一括請求されたり、せっかく手に入れた自宅を競売に掛けられてしまいます。
銀行も商売でお金を貸しているのですから、いざ払えないという状態になると容赦がありません。
ただ、借主側に何としても払っていくという意思があれば、相談に乗ってくれます。

 

銀行にリスケジュールを相談

リスケジュールとは、住宅ローンの支払い計画の組み直しのことです。
例えば、月々12万の支払いを10万にするだとか、ボーナス払いをやめるだとか、そういったローンの条件を変更するのです。

 

大抵の場合は、期間を延長して月々の金額を引き下げるパターンですね。
銀行の中には、強行な態度でリスケジュールに応じようとしない所もありますが、誠意を見せつつ粘り強く交渉します。

 

注意すること

金融機関には、返済意思が固いことをアピールした上で、リスケジュールを交渉しましょう。
現在の住宅ローンよりも利息の高い借金で、当面の支払いを凌ごうとするのは厳禁です!

 

また、支払いが遅れていると、担当者からの催促の電話に出るのが億劫になりますが、連絡も取れない相手を信用する人間はいませんので、きちんと対応しましょう。

 

重要な点として、支払いの見込みもないのにリスケジュールの交渉をしても無駄ですので、あらかじめ支払い可能額を算出しておきましょう。

 

住宅ローン返済シュミレーション

支払いできる金額は割り出せるとして、その金額が現実的なものかどうか気になりますよね。
そもそも元金が全く減らないようでは、ローンとして成立しません。

 

事前にシュミレーションしておく方が望ましいでしょう。
下のフォームは、概算でシュミレーションを行うものですので、良ければ参考にしてみて下さい。
※Javascriptが有効になっていないと利用できません

 

 

どうしても払えないなら弁護士に相談

シュミレーションの結果、全く元金が減らないようであれば、残念ながら支払いの継続は無理です。
借金問題に強い弁護士に相談して、「任意整理」なり「個人再生」なりをすることになります。
生活自体がままならない状態にまで追い込まれている人は、最悪は「自己破産」を検討することになるでしょう。

 

いずれにしても、生活を再建するためには専門家の助けを借りるのが早道です。
当サイトでも、おすすめの弁護士事務所などを紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

参考:債務整理に強い弁護士事務所はどこ?はっきり正直に答えます。