車のローンと消費者金融の借金が400万、自己破産で債務整理しました。

5年前に法律事務所に債務整理を依頼して自己破産をしました。
当時の借金総額は400万円。

 

車のローンが150万円、消費者金融のプロミスで100万円、レイクで50万円、アコムで100万円の4件です。
合計で400万円の借金がある状態でした。

 

 

毎月の借金返済額はトータルすると7万円から8万円の間となっていて、生活がかなり圧迫されていた状態だったので、このままでは返済し終わる事出来ない感じて、地元の中山智康弁護士事務所に債務整理を依頼をしました。

 

法律事務所でまず無料相談を行い詳しい説明を聞きましたが、着手金が10万円必要で、着手金が収められなければ依頼を着手出来ないいう、ちょっと厳しい状況に追い込まれました。
今ではネットなどで探せば、自己破産の弁護士費用を初めから分割にしてくれる事務所がたくさんある事を知りましたが、当時はその自分の住んでいる地元の法律事務所しか頭になかったのです。

 

とはいえ着手金を払わなければ、借金400万の債務整理が前に進めない状態だったので、親に事実を話し10万円を借りる事にしました。

 

親に話すのは非常に嫌だったのですが、背に腹は変えられず親を悲しませた事は今でも後悔をしています。
着手金10万円を払った事で、それ以降、借金400万の返済は一旦ストップとなりました。

 

それだけでも安堵感がありましたね。
そこからは法律事務所で何回か面談を重ね、最初に依頼してから約2ヶ月程度で自己破産の免責決定となりました。

 

 

借金400万の全てがゼロになりましたが、費用の弁護士費用の総額は30万円前後です。
着手金の10万円を除いた20万円は、免責決定後、毎月分割で2万円ずつを支払う契約をしました。

 

10ヶ月で無事に弁護士費用の支払いも終わり、晴れて借金400万を返済する重苦しいプレッシャーから解放されました。
ただ、それからは新たな借金がしばらく出来きません。
実際の生活はギリギリで厳しいのが現実です。

 

ただ自己破産の申請を弁護士に依頼したことで、手続きがスムーズに進んだ事は今でも良かったと感じています。
自分でも手続き出来る事は知っていましたが、専門家に依頼した事により自分がする事は少なく、精神的にも負担はありませんでした。

 

自己破産は費用はかかりますが、いろいろなな意味で考えれば、弁護士に依頼する事は正解だったと思っています。