自己破産後のクレジットカード解約と作成

 

自己破産手続きが完了すると、全ての借金が帳消しになって新しい生活がスタートします。
自己破産に伴って受けていた制限も、免責許可決定後に解除されますので、今後の生活再建に大きな支障はないでしょう。
しかし1点だけ、生活を営んでいく上で不便さを感じると思います。
それは、クレジットカードです。

 

自己破産を行うと、債権者である金融機関が加盟している信用情報センターに自己破産者として登録が行われます。
この情報は5年~10年程度で削除されますが、情報が残っている期間は、信用調査が行われると自己破産者である事が分かってしまい、まともな金融機関での審査は全て断られてしまいます。

 

 

借金のせいで自己破産する事になったのですから、新たな借金が出来ないのは生活を立て直す妨げにはならないと思います。
むしろ、借金に頼らない生活をする為には、丁度良いくらいでしょう。
しかし、クレジットカードが使えないというのは、また別の話です。

 

たしかにクレジットカードも借金ですので、借金はしない方が良いのですが、クレジットカードでしか購入できないものがあったり、カード以外でも購入は出来るものの銀行振込代や代引き費用などで、かえって高く付く事も珍しくありません。
海外への旅行や出張などでは、クレジットカードは生活に必須のものですよね。

 

ここでは、自己破産とクレジットカードについて解説しています。
宜しければ参考にしてみて下さい。

 

自己破産後のクレジットカード解約と家族カード

自己破産すると、利用しているクレジットカードは全て解約されていまいます。
大きなデメリットですが、これは仕方ありません。

 

クレジットカードも借金ですので、自己破産する際の債権者リストには、当然ですがクレジット会社も含まれます。
裁判所から通知が届き次第、送れなく支払いをしていたとしても、例外なく解約されて利用できなくなってしまいます。

 

 

自己破産したら金融ブラックリストに登録される

自己破産すると、裁判所から債権者に通知が発送されます。
通知を受けとった金融機関は、加盟している信用情報機関に、自己破産を申し立てられた旨の報告をします。
報告を受けた信用情報機関は、事故者、いわゆるブラックリストとして登録を行います。

 

ブラックリスト登録されると、信用調査の際に事故者であることは一目で分かってしまいます。
各金融機関は、定期的に信用調査を行っていますので、仮に債権者リストに加えなかったクレジット会社があったとしても、自己破産を申し立てが判明し、カードは解約されてしまいます。

 

自己破産したら家族カードはどうなる?

家族カードも同様です。
自己破産した本人のクレジットカードが解約される以上、本人の信用を元に発行された家族カードも解約されます。
残念ですが、仕方ありません。

 

逆に、自己破産した本人はクレジットカードを作れないので、配偶者の家族会員に申し込んだらどうなるのでしょうか?
実は、すんなりクレジットカードが発行されるケースもあります。

 

家族カードは、契約者本人の信用力を元に発行されるものです。
そのため、家族会員の信用調査を行われません。

 

とは言え、自己破産した本院が利用していたクレジット会社では、ブラックリストである事実を把握しているわけですから、審査は通過できません。
すんなり発行されたケースでは、利用歴のないクレジット会社だったと推測されます。

 

とは言え、家族会員になることを推奨はできません。
クレジット会社の規約で、「家族に金融事故がないこと」といった記載がある場合もあるからです。
規約を破って家族カードを発行することにより、信用に傷が付く恐れがあるのです。

 

自己破産後のクレジットカード作成と審査

自己破産してクレジットカードが解約されるのは仕方ないとしても、一定期間を経過することで、また審査に通過して発行が可能になります。
何故かと言えば、信用情報機関のブラックリストは、予め登録される期間が定められており、期間が経過すると登録が抹消されるからです。
ここでは、自己破産後にクレジットカードが作成されるまでの期間について解説します。

 

 

自己破産後、ブラックリスト解除には何年かかる?

信用情報機関のブラックリストに登録される期間は、以下の2つによって何年で解除されるかが決まっています。

 

  • 信用情報機関の種類
  • 債務整理の種類

 

債務整理の種類は自己破産ですので、信用情報機関がどこかで、解除まで何年かかるか決まるということになります。
国内の新情報機関は、以下の3ヶ所です。

 

  • JICC(消費者金融を主として、信販会社、クレジットカード会社などが加盟)
  • CIC(信販会社・クレジット会社を主として、消費者金融なども加盟)
  • KSC(銀行、信用金庫、信用組合、農協、信用保証協会、政府系金融機関などが加盟)

 

信用情報機関ごとの自己破産者ブラック登録解除までの年数
JICC 免責から5年経過後
CIC 免責から5年経過後
KSC 免責から10年経過後

 

この表にあるように、消費者金融、クレジット会社だかなら免責後5年経過で解除。
銀行などで住宅ローンを利用していた場合などでは、免責後10年経過を待つ必要があります。

 

自己破産後のレジットカード更新は?

自己破産したクレジットカードの更新がどうなるのかという質問を時々されますが、そもそも解約されてしまって利用できなくなるので、更新の心配など不要です。
裁判所へ申し立てが決まった以降にカード決済を行うと、そもそも返済意思のない利用ということで詐欺の疑いを持たれてしまう恐れもあります。

 

自己破産後のクレジットカードの作り方

クレジットカードも借金ですので、自己破産したらブラックリスト登録が解除されるまで作ることはできません。
これでは生活していく上で不便ですよね。
そういった方は、VISAデビットカードを作成すると良いと思います。

 

 

自己破産後はVISAデビットカードで決済

VISAデビットカードとは、口座から即時引き落としすることで決済ができる、銀行本体が発行するカードです。
VISAブランドが付いていて、普通のクレジットカードのように利用することが可能です。

 

利用代金は、銀行口座から即時に引き落としされるので、クレジット会社を通しません。
現金で買っているのと同じことなので、VISAデビットカードは、発行に伴う信用調査がなく、自己破産者であっても作れるのです。

 

通常のクレジットカード決済の流れ

通常のクレジット決済の流れを表した概要図です。
カード会員がカードを使って買い物を行った場合、まず店の決済端末にカードを通しますが、決済端末はカード会社とオンライン接続されており、限度額が不足しないように、この時点で買い物代金分の限度額を確保します。

 

これを「オーソリ」と呼んでいます。
その後、店側は一定期間ごとに売上をまとめて、カード会社に請求を行い、カード会社は請求に基づいて決済を行った上で、銀行に口座引落の請求を掛けるという流れになります。

 

加盟店

オーソリ処理

カード会社

限度額確保

 

加盟店

売上請求処理

カード会社

売上額決済

銀行

口座引落

 

VISAデビットカード決済の流れ

VISAデビットの場合、カードの運営は銀行そのものです。
店側からのオーソリ金額を、そのまま口座から即時引落してしまいます。
つまり、カードで買い物代金を決済したら、その金額は後日まとめて請求といったクレジット決済の流れとは異なり、そのまま自分の銀行口座残高から支払う流れなのです。

 

クレジット決済=借金ですが、VISAデビットの場合は現金で買い物をしているのと変わりありません。
この為、VISAデビットは原則無審査で発行されており、自己破産をしていてもカードを持てるわけです。

 

加盟店

オーソリ処理

銀行(カード会社)

オーソリ額を口座から即時引落

 

VISAデビットカード一覧

国内のVISAデビットカードの一覧です。
VISAデビットの仕組み上、発行は全て銀行本体です。

カード

名称

年会費

還元率

 

楽天銀行
デビットカード

1,000円

0.20%

 

SURUGA
Visaデビットカード

無料

0.20%

 

JNBカードレスVisaデビット

無料

無し

 

あおぞら
キャッシュカード・プラス

無料

0.25%

 

りそな
Visaデビットカード

525円

0.14%

 

自己破産者でも海外クレジットカードなら作れる?

自己破産を行うと通常のクレジットカードの審査に通らないのは、信用情報センターに自己破産者だという情報が登録されている為です。

 

信用情報センターは、銀行、信販・クレジット、消費者金融など、各業界団体毎に設置されていますが、自己破産などの事故情報は共有されています。
しかし、その対象は国内の信用情報センターのみです。

 

そこで、日本の信用情報センターを利用できない、海外のクレジットカードに申込むといった手口が、インターネットで紹介されています。
中には、具体的な方法を売買しているサイトもあるようですが、こういった情報を購入するのはお勧めできません。

 

 

海外のクレジットカードを取得するには、当然ですが海外に銀行口座を開設する必要があります。
通常、マネーロンダリング対策などのため、銀行口座の開設が居住者に限られますが、中には非居住者でも口座開設できる銀行も確かに存在します。

 

三菱東京UFJ銀行などでは、海外口座紹介サービスなども行っており、日本でアメリカの銀行口座が開設できます。
しかし、これらの手続きは全て英語です。

 

また、銀行口座が開設できたとしても、一定期間チェックカード(VISAデビットのようなもの)などで、クレジットヒストリーを作った上でなければ、クレジットカードの発行は難しいでしょう。

 

自己破産とクレジットカードまとめ

自己破産後、一定期間は事故情報が消えないのは、反省を促す意味もあります。
自己破産して、新しい生活をスタートしても、一度免責を受けてから7年間は、再度免責を受ける事はできません。
借金をせずに生活が出来るよう、家計を変えていく事が大切です。

 

自己破産から5~10年が経過すれば、ブラックリスト登録は解除されます。
クレジットカード審査にも通るようになりますが、利用に際しては、節度を持つ必要があります。
2度目の自己破産は、裁判所も免責を簡単には認めてくれません。

 

借金が帳消しになっても、生活を再建するのは、本人自覚次第なのです。

自己破産は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切ですが、いきなり弁護士や司法書士と面談するのは勇気が必要ですよね。

当サイトでは、匿名・無料で利用できる診断シミュレーターで、解決可能かどうか調べてみることをおすすめします。

>>自己破産シミュレーター<<