FXのような投資目的の借金でも自己破産できない?

FXでは、基本的に預けてある証拠金以上に損失がでないようロスカットという仕組みがあります。
ただし、レバレッジの高い取引を行っている際に急激な為替変動があり、ロスカットのシステムが作動する前に大きな損失が発生する可能性もゼロではありません。

 

 

FX会社のシステムトラブルで、ロスカット出来ないというケースもあるでしょう。
こういった場合、数千万円単位の借金が発生してしまう可能性もあります。

 

とても返済できない金額の負債を背負った場合、通常であれば自己破産して免責許可を受けることで、生活の再建が可能です。
生活の為の借金や事業資金などが、これにあたります。

 

FXなど投資目的の借金は自己破産の免責不許可事由に該当

ところが、ギャンブルなどの遊興費や、FXや株式取引など投資目的の負債については、免責不許可事由にあたり、自己破産を申請しても免責されないことになっています。
なぜ、投資目的の借金は免責されないのでしょうか?

 

それは、制度を悪用するケースが考えらる為です。
例えば株やFXのハイレバレッジで、ハイリスクハイリターンの投資を行ったとして、勝てば自分の儲け、負ければ自己破産してチャラという事を繰り返されると、経済の仕組みが壊れてしまいますよね。

 

ですので、制度悪用の防止策として不許可事由になっているのです。
それでは、制度を悪用するつもりなどなく、給料で返済できる金額ではない借金をFXで背負ってしまった場合、救済される方法はまったくないのでしょうか?

 

FXのよる自己破産でも裁量免責の可能性がある

いえ、そんなことはありません。
実は、裁判所(裁判官)の裁量で、不許可事由に該当していても免責を認めることができる「裁量免責」というものがあります。

 

不正目的ではない事が大前提になりますが、返済目途がなく、本人も反省しており、今後同様の事を繰り返さないと判断して貰えれば、裁量免責を貰える可能性はあります。

 

ただ、文書で明確な基準が公開されているわけではありませんので、実際に免責を受けたいのであれば、実務に長けた弁護士に依頼する必要があります。

 

日々の法的手続きの中で、裁量免責を得るための微妙なさじ加減というか、「ツボ」を把握しているからです。
全額免責を得られなくても、FXで3000万円の借金を背負っているとして、それが500万円とか300万円とかになれば返済目途も出来ますよね。

 

そういった現実的なラインに弁護士は導いてくれますので、一人で悩まず、まずは法律事務所に相談してみましょう。
そして、無茶なFX投資は今後慎むようにしましょう。

 

FXで借金400万、嫁入り前に自己破産した体験談

私は小さい頃から親に、「将来ギャンブルだけはやってはダメ」と言われ、パチンコなどは絶対やってはいけないんだとわかりながら育ってきました。
大学生の時、友人からFXというのを教えてもらいました。

 

 

最初は、FXなんて全く知りませんでした。
正式には、外国為替証拠金取引といものなんですね。
まさか、このFXが原因で、自己破産することに繋がるとは思ってもみませんでした。

 

友人に、「FXはギャンブルではなく投資で、株とまではいかないけど本などを読んでちゃんと勉強しながらやれば、少しはお金を儲ける事が出来る」と聞き、興味本意で初めてみました。

 

最初の内は、何が何だか分かりません。
とりあえずバイトで少しの給料はもらっていたので、短時間で儲けられるやり方をしました。

 

これは手数料も安く、当日中に数回売買、その日に決済できるやり方でした。
少しずつですが稼ぐ事ができるように、長期間をかけてもっと稼ぐことができるやり方も、始めるようになりました。

 

家にいる時は、深夜までずっとパソコンから離れられない程はまっていました。
稼ぎはその日によるけど、もっともっと稼ぎたいと思っていたら、いつの間にかFXに使える自分のお金のほうがなくなりました。

 

でも上手く勉強しながらやれば数千万も稼ぐ事が出来ると思い、消費者金融からもお金を借りながらも、FXをやっていました。
しかし上手くいかず、気づけば消費者金融からの借金が400万。

 

さすがにFXはやめて、消費者金融の借金返済をはじました。
毎月少しずつ返せば良いと支払いしていたのですが、金利の負担もあって金額は減らないままでした。

 

更に、大学を卒業してすぐに私は結婚することになりました。
婚約者には、借金のことは内緒にしていましたので、今後の返済について悩んだ私は、弁護士に相談して自己破産することにしました。
結婚相手から専業主婦になって欲しいと言われていた為、働いて返すことはできなくなるためです。

 

自己破産の手続きについては、収入もなく、処分する財産もないという事で、比較的短期間で終了しました。
弁護士さんに払う費用については、親が負担してくれました。

 

自己破産にするまでFXにお金を使っていたことは、もの凄く怒られました。
でも、結婚祝いという事で、負担して貰えました。

 

自己破産したことは、結婚相手にはもちろん内緒です。
お金にだらしない人間だと思われたくないので。。

 

FXは、投資とは言え、素人にとってはギャンブルのようなものです。
最悪、自己破産になることもあります。
もうFXは一生やらないと決めました。

自己破産は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切ですが、いきなり弁護士や司法書士と面談するのは勇気が必要ですよね。

当サイトでは、匿名・無料で利用できる診断シミュレーターで、解決可能かどうか調べてみることをおすすめします。

>>自己破産シミュレーター<<