ギャンブルや浪費が原因の借金で破産は可能か?

経済的に困窮した人が生活を立て直すための最終手段が自己破産です。
しかし借金を帳消しにするには、裁判所から債務の免責が認められる必要があります。
基本的に債務の返済が不可能であることが証明できれば免責も認められるのですが、一定の条件に該当する場合には免責が認められないことがあるため注意が必要です。
その一定の条件は「免責不許可事由」と呼ばれ、主に以下のようなものが挙げられます。

 

ギャンブルや浪費などにより大きな借金を背負った
裁判所に対して虚偽の財産状況の報告をした
特定の債権者だけに弁済を行った
返済が出来ないことを知りつつさらに債務を増やした
過去7年以内に自己破産の制度を利用した

 

上記のような条件に該当する人は、仮に返済能力がないことが認められたとしても債務を免責してもらうことは出来ないため、極めて注意が必要です。
つまり、自己破産を申請しても、借金が残ってしまうという最悪の事態になるわけです。

 

 

ギャンブルや浪費の経験があると免責不許可となるか?

免責不許可事由に該当するからといって必ずしも免責が認められないのかと言うと、実はそうとは限りません。
何故かと言うと、ギャンブルや浪費があったとしても、裁判官による裁量免責も認められているためです。
(第252条1項、および第252条2項)

 

つまり、何かしら事情があると判断された場合や将来性などを考慮し免責不許可事由に該当するものの免責を認めるべきであると、裁判官が裁量で決定すれば、債務の免責がなされるというわけです。
ですから、免責不許可事由に該当するからといって自己破産を諦めてしまわず、申し立てをしてみる価値は十分にあると言えます。

 

実務上では、ギャンブルや浪費に費やした金額が、借金の1割程度までなら免責が認められるケースもあるようです。
実際の話、浪費経験皆無で自己破産する人と言うのは少ない筈です。

 

このあたりは法律上の建前と担当した弁護士の手腕による部分が大きいのですね。
ギャンブルや浪費の程度にもよりますし、裁判所の判断基準も明確ではありません。
詳しくは弁護士に相談してみることをオススメします。

 

中には、ギャンブルで作った借金という事実を隠して破産手続きを行う人もいるようですが。。
発覚した場合の事を考えると、オススメはできません。

 

ギャンブルや浪費で借金したことは、きちんと弁護士に申請しましょう。
そうすれば、弁護士側で、どうすれば解決できるか考えてくれます。

 

ギャンブルで自己破産をすることになった体験談

自己破産をすることになった理由は、在りがちなギャンブルが原因でした。
それまではちゃんとした仕事に付いてコツコツと働いていましたが、その生活にどこか少し疲れていたのかもしれません。
そんなとき同僚の仲間が、ギャンブルをしてて誘われたんです。

 

最初は初めてと言うこともあり断っていましたが、ちょっとくらいならとフラッと付いていってしまったんです。
それからは仕事が上手くいかず少々辛い状況にもなり、ストレスをかなり抱えるようになりました。

 

それを解消するためにギャンブルにハマってしまい、気がつけばいつでもパチンコなどをやっている生活になってしまいました。
そんな生活が続けば当然お金が足りなくなります。
それこそ家賃にまで手を出してしまい、ギャンブルに勝てばいい、そんな風にしか考えられなくなってました。

 

気づけば多額の借金、自分自身このままでは危険だと、どうにかしなければと考え弁護士に相談することにしたんです。
そして色んな方法の中から、自己破産を選ぶことにしたんですが、その後はギャンブルの依存症とも言えるような症状が何度となく襲ってきました。

 

だけどちゃんとしなければいけない気持ちが勝り抑えることはできました。
自己破産をしてからは慎重に生きて行かなければいけないことを覚悟しながら生活しています。
ギャンブルは二度としません。

 

自己破産は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切です。
金融知識に詳しく、債務関係の解決経験が豊富な弁護士になら安心して任せられますよね!

 

自己破産