所有財産は処分するのが決まりだが・・

自己破産すると、20万円以上の財産は処分する決まりになっています。
覚悟して手続きするにしても、自家用車がどうなるのか?気になりますよね。
特に公共交通機関が発達していない地方の方にとって、車は贅沢品ではなく必需品となっているため、仕事や生活に影響が出てきます。

 

 

出来れば維持したいのが本音だとは思いますが、基本的に、残っている価値が20万以上なら、処分しなければいけません。
ここでは、いくつかのケースに分けて、自己破産時の車の扱いについて解説しています。
参考にしてみて下さい。

 

自己破産時の車の価値が20万以下の場合

この場合、特に処分は必要ありません。
そのまま車を所有し続ける事が可能です。
20万以上かどうか調べるには、中古車店などで査定をして貰い、その書面を弁護士に提出すれば大丈夫でしょう。

 

査定価格が20万以上だったからといって、自己破産前に家族や知人などに名義変更して処分を免れようとする人もいますが、絶対におすすめできません。
もし発覚すると、免責許可がおりなくなるので覚えておきましょう。

 

自己破産時の車の価値が20万以上、ローン有りの場合

このケースが一番多いかもしれません。
ローンが残っている場合、所有権はローン会社にあるため、自己破産を申請すると、車を引き上げられてしまいます。

 

これを防ぐ手段としては、ローン会社と交渉して債務者変更を行う方法があります。
家族や親戚などに契約者を変わって貰い、車を貸して貰うわけですが、当然審査もありますし、交渉してくれない会社もあります。
残債を引き受ける方、ローン会社の双方の協力が必要なので難易度は高いです。

 

尚、名義だけ変更して、ローンは自分が払い続けるといった方法は、自己破産で免責許可が降りなくなるため厳禁です。
免責許可が下りた後であれば自分の収入をどう使おうが勝手ではありますが。

 

自己破産時の車の価値が20万以上、ローン無しの場合

この場合、基本的に処分が必要です。
自己破産時にどうしても車を維持したいのであれば、家族・親戚などの買い取ってもらい、貸して貰うことになります。

 

ただし売却代金は処分対象ですし、不当に低い金額になっていないか債権者の許可も必要です。
現実的には難しいと思います。

 

それ以外の方法としては、自己破産しても車がどうしても生活に必要であることお裁判所に訴えて、認めて貰う方法です。
いわゆる自由財産の拡張裁判です。

 

ただし、単に仕事の車が必要といった程度の理由では認められません。
病気による通院のような、健康・生命に関わる状況でなければ難しいでしょう。

 

自己破産による車の処分は、基本的に回避は困難です。
一番よくあるのは、免責後に安い中古車を購入するパターンですね。
いずれにしても、ローンや生活の状況によりますので、まずは弁護士に相談してみる事をおすすめします。

 

自己破産は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切です。
金融知識に詳しく、債務関係の解決経験が豊富な弁護士になら安心して任せられますよね!

 

自己破産