自己破産したら借金の返済義務から解放される?

 

自己破産は債務整理の最終手段として用意された救済制度ですが、破産と聞くとやはり世間体など気にしてしまいます。
実際に手続きをしたらどうなってしまうのか、体験談を書いてみたいと思います。

 

さすがに、自己破産するかどうかの判断をする時は、決断するまで時間がかかりました。

 

自己破産したら借金返済義務が無くなる?

 

まず最初は、借金の返済義務が無くなるなんていう、そんな都合の良い話があるのかと思ったものです。
結果としては、本当にすべての借金返済が無くなりました。
その後の生活としても、特に不都合がなく過ごせています。

 

自己破産後の人生は借金返済から解放される!

もし多重債務などで首が回らないような状態の方で、毎月の返済のことで頭がいっぱいという方がいたら、自分の人生をリセットしてやり直すうえでも、自己破産の検討をおすすめします。

 

借金の返済義務から解放されると、本当に精神的にも解放されます。
自己破産した事によるデメリットなどよりも、支払いで頭がいっぱいになりながら精神的に辛い状況であるほうが、よっぽど人生にとってデメリットが大きいです。

 

返済義務から解放された自己破産者のその後

債務整理は状況次第では破産より任意整理などのほうがいい場合もありますが、自分の場合は資産などもなく免責される状況だったため、弁護士事務所に相談しました。

 

向こうはプロですから、あっさり「自己破産でいきましょう」とそんな感じでした。
前述しましたが、自己破産によるデメリットは以下の通りです。

 

  • 会社の役員になれない。
  • 当然再度の借金はできない。
  • 官報の破産者リストの掲載される。

 

その程度です。
一般人として気にするデメリットはないんです。

 

参考:自己破産のデメリット一覧|仕事や家族に影響はある?

 

自己破産以外の債務整理方法もある

もし今現在あなたが借入があって毎日苦しんでいるのであれば、まずは借金の一本化や任意整理など債務整理を早急に行うことをおすすめします。

 

自分が経験したのは自己破産ですが、それがベストとは思っていません。
ただ、結果としては借金の返済義務から解放されて、その後の人生が救われたことは事実です。

 

もちろん状況次第では、任意整理して月々きちんと返済できればそれに越したことはありませんし、一番穏便に済ますことができるわけです。

 

1人で悩んでいても決して問題は解決しません。
とりあえずプロの弁護士さんや司法書士さんなどに相談することから始めて見てください。
きっと新しい人生を始めることができますよ!

 

参考:自己破産に強い弁護士事務所と借金解決診断シミュレーター

 

自己破産後に発覚した借金は返済義務がある

 

自己破産の申し立ての際には、全ての債務を一覧にして裁判所に申請する必要があります。
この一覧に漏れがあると大変です。

 

裁判所に届け出ていない借金が発覚した場合、返済義務は無くならないからです。
これでは何のために自己破産したのか分かりませんよね。

 

ですので、借入先に漏れがないよう、債権者一覧の作成には細心の注意が必要なのです。

 

自己破産後の返済請求されたら?

 

自己破産を申し立てたら、借金返済義務から解放されるので、請求されたとしても支払う必要はありません。
請求してきた債権者には、裁判所で手続き中であることを伝えてください。

 

それでもしつこく請求してくるようなら、弁護士に相談すれば、請求行為を中止させてもらうこともできます。
手続き中の請求行為は禁止されているので、簡単にストップできる筈です。

 

自己破産後に任意返済することもできる

 

自己破産の申し立てをすると、全ての借金返済義務から解放されますが、それと同時に、一部の債権者にだけ返済するといったことも禁止されます。
例えば、友人などから借りていたお金を返すことも禁止されます。

 

自己破産手続きが終了して、免責が確定した後、どうしても返したければ「任意返済」することは可能です。
人間関係などで、踏み倒すとその後の人生に悪影響がある場合など、任意返済のことを説明して、免責が確定するまで待って貰いましょう。

自己破産は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切ですが、いきなり弁護士や司法書士と面談するのは勇気が必要ですよね。

当サイトでは、匿名・無料で利用できる診断シミュレーターで、解決可能かどうか調べてみることをおすすめします。

>>自己破産シミュレーター<<