ネットワークビジネスが原因で借金600万、自己破産した体験談

学校を卒業してから15年ほどずっとホワイトカラーのサラリーマンをしています。
給料も安い方の部類に入るので貯金ができないながらも堅実に働いてきました。
そんな私が、ネットワークビジネスの借金600万円で自己破産した体験談です。

 

 

お金を借りだしたのは高校時代の友人からのネットワークビジネスの誘いでした。
セミナーに行って半ば洗脳された状態になり、安月給で働くのが嫌になってしまったのです。
それはサプリメントのネットワークビジネスで、入会するのは30万円分の健康食品を購入することが条件でした。

 

当然そんな預金もあるはずがなく、消費者金融のカードローンで支払うことを勧められました。
30万円は今まで無借金だったので、あっという間に借りることができました。

 

ネットワークビジネスで報酬を受け取るためにはオートシップという継続して商品を購入し続けるプランに入る必要があり、消費しきれない健康食品を購入し続けました。

 

借癖がついたこともあり、足りない分を借りて、返済するために借りているうちに気がつけば借金は600万円になっていました。
給料から家賃と生活費を引いた金額全てを返済に廻しても足りなくなり債務整理を依頼する決意をしました。

 

ネットの情報などから法律事務所を探し、弁護士と面談しました。
弁護士への相談料は5千円でしたが、着手金10万円の工面が大変でした。
私の場合、借りている金額が大きいという事もあって、結局自己破産することになりました。

 

借金600万円の返済はぱったり無くなって目の前が明るくなりましたが、交通費のICカードのクレジット機能のあるカード等が作れなくなり、かなり不便な思いはしております。
自業自得なので仕方ありませんが、ネットワークビジネスで借金したことは、ホント後悔しています。

 

自己破産を考えている人は、いきなり弁護士に相談すると費用が掛かるので、まずは借金減額診断をオススメします。
匿名、無料で利用できるので、診断の結果、解決できそうなら弁護士を紹介してもらうと良いでしょう。

自己破産は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切ですが、いきなり弁護士や司法書士と面談するのは勇気が必要ですよね。

当サイトでは、匿名・無料で利用できる診断シミュレーターで、解決可能かどうか調べてみることをおすすめします。

>>自己破産シミュレーター<<