彼女の経済力は重視しなくても、経済観念は重要です!

順調に付き合いが進んで、いざ結婚という時、交際している彼女に借金があることが発覚したら、それはショックだと思います。
中には、そのことが両親にばれて、結婚を猛反対されるケースもあるでしょう。
そんな金にダラシナイ女なんで~!!という奴です。。

 

 

彼女に借金があることが分かった時、何を確認すべきなのか?
そして、どう判断するのか?
将来に不安はないのか?

 

このページでは、彼女に借金があることが判明した際について解説しています。
よろしければ、参考にしてくださいね。

 

彼女の借金の理由は?

お金を借りているからと言って、その全てが非難されるべきものだとは限りません。
彼女に借金があることが分かったら、まずは借入の理由を確認しましょう。
納得のいく理由、止むを得ない理由があるかもしれません。

 

 

例えば、彼女が奨学金を借りて借金返済しているケース。
現在では、大学に進学する際の奨学金利用率は、すでに50%を超えています。
奨学金といっても給付型ではなく、実質的には借金で返済義務もありますが、理由としては納得いくものだと思います。

 

例えば、家族が難病を患って、彼女が高額な治療費を捻出する方法として借りているケース。
家族のために借金を返済を厭わない優しさを持っていると思えば、結婚相手として相応しくないとは言えませんよね?
自分が苦しい時にも、誠心誠意サポートしてくれる人間性を持った彼女かもしれません。

 

ここでは、すぐに思いつくような理由を紹介しましたが、彼女に借金があるとしても、その理由によっては、よい愛情を感じる場合もあると思います。
まずは、冷静に。
そして、順序立てて、話を聞いてみましょう。
海外旅行のために消費者金融でキャッシングを繰り返している、などという理由だった場合は、正直結婚は厳しいかもしれません。。

 

彼女は借金をどうするつもりか?

理由を聞いたら、次に確認するのは現在の状況と今後の予定です。
具体的には、彼女の借金がいくら残っていて、それをどうするつもりなのか?
それを確認する必要があるということです。

 

 

理由が止むを得ないものだったとしても、借金である以上は、返済する必要があります。
彼女は、借りた分をきちんと返しているか?
現在の残債務、残っている支払い期間、結婚した際に借金をどうするつもりなのか?
こういった点について確認しましょう。

 

きちんと状況を把握し、適切な方法で順調に借金返済、結婚後も仕事を続けて自分で返していくつもりならば、ひとまず安心です。
夫になるんだから助けてくれるのが当然、などと考えているような彼女なら、要注意です。
現在の借入を完済したとしても、他力本願な性格では、また同じことを繰り返す恐れがあります。

 

借金癖、という言葉がありますが、本当に癖になるのです。
特に、ショッピングが理由でお金を借りている女性などは、その傾向が強くなっています。
結婚するとしても、家計は男性側が担当するなどの対策が必要になってきます。

 

彼女の経済観念は大丈夫か?

借金があるくらいですから、貯金がないケースも多いと思います。
彼女の収入、返済額、貯蓄額、そういった点を総合的に見て、健全な経済観念を持っているかどうか判断する必要があります。
理由が納得いくものであり、きちんと返しているとしても、収入を考えたら既に完済していないのは変、というケースもあるからです。

 

 

彼女が妙に高額な衣料、アクセサリーを身に着けていたり、頻繁に旅行に行ったりしているなら要注意です。
女性の経済力を重視しない男性は多くても、経済観念は必ず重視します。
好き放題にお金を使われていては、いくら稼いでも追いつきませんから。

 

特に結婚を意識しているなら、準備資金を貯蓄しているのが普通です。
もちろん、彼女の収入が低いのなら、借金返済だけで精一杯ですから、その限りではありません。
収入、支出、支払いのバランスがどうなっているか、という事です。

 

彼女の借金返済を肩代りする?

確認すべき点をすべて把握したら、後は判断です。
別れる、完済してから結婚、自分も返済を応援する、など何かしらの判断を行うことになります。
彼女の借金をポンと簡単に一括できるほどの資力があるなら、綺麗さっぱり清算して結婚するのも良いでしょう。

 

 

そこまでの余裕はないという事であれば、支払いが終わるのを待つか、一緒に払っていく生活を選ぶかです。
どちらにしても、歓迎できる状況ではありませんが、仕方ありません。

 

彼女の事がどれだけ好きか?
どれだけ自分に必要な人間か?
そういった観点から判断するしかありません。

 

ちなみに、彼女の借金を世の男性はどう感じているか?ですが、なかなか厳しいようです。
お金を借りていることが判明した時点で、「冷めた」という男性も一定数します。
男性としても、厳しい経済状態である人も多く、プラスにならないのはまだしも、マイナスは受け入れられないという人が多いのです。

 

参考:彼氏に借金が!あなたは結婚できる?

 

統計情報によると、勤労女性の2割弱はローンを抱えているそうですので、自分の彼女に借入があるとしても不思議ではありません。
エステ関係のローンなども多いようですので、大して稼いでもいないのに、いつもばっちり決めている女性には注意が必要かもしれませんね。

 

結婚は一生のことですので、彼女に借金があった場合は、慎重に対応することをお勧めします。