法律上は問題ないけど・・

借金をしているが、その事実を隠したまま結婚をしたいと思っている、またはする予定であるという人もいるでしょう。
そういう場合、借入金の存在を相手に打ち明けないことは何か問題があるのでしょうか?

 

これは問題があるとすれば、信頼程度のものであって、客観的に問題があるとは言い難いです。
借りているの額とかにもよりますけど、法律上は借金を隠して結婚をしても問題になるわけではありません。

 

 

しかし、借入がある人とない人ではやはりイメージに大きな差が生まれますから、その点をどう考えるか?ではないでしょうか?

 

金銭問題に肝要な人もいれば、そうじゃない人もいます。
そうであれば、借金を隠して結婚した後にどういう反応をされるか?

 

分かりませんよね。
許してくれる人もいれば、怒る人もいるかもしれません。

 

だから、1番良いのは2人の中でトラブルにならないように一応言っておくのが良いと思います。
よほど大きな金額でない限りは、借金を隠していた事を知っただけで愛想を尽かすといったことは考えづらいです。

 

法律上問題ないとしても、結婚生活が破綻しないとは言えないので、借入の存在については、多い場合も少ない場合も、どちらの場合でも念のために事前に言っておくのがベストです。

 

話しづらいことを打ち明けてくれたことで、それがより一層2人の仲を親密にする場合もあります。

 

借金を隠したままでは・・・

借金を背負ってしまっているのにも関わらず、彼女や彼氏にそのことを隠して結婚するケースあります。
この場合の多くは、長い生活で必ずしっぺ返しが来ることがほとんどです。

 

 

もし今パートナーに内緒で借金を背負っているのであれば、素直にカミングアウトすることをオススメします。
なぜなら、長い結婚生活では「お金」というものがさまざまなところで関係するからです。

 

お金は人を狂わせてしまい、いとも簡単に転落させてしまうほど怖いものです。
そのため、当初から借金を抱えているということは人生で大きなリスクを負うことになります。

 

また、そのまま隠して結婚結婚すればパートナーはもちろんですが、子供ができればその子供にも多大な影響を及ぼしてしまいます。
一度入籍してしまうと、いざ離婚となった場合は、「慰謝料」や「養育費」を請求されてしまうため、二重苦、三重苦の苦しみを味わうことになります。

 

したがって、余程強運に恵まれていない限り、借金を隠して結婚はすることは、ネガティブで遠回りの人生を歩むことになります。

 

パートナーを愛するがあまり「手放したくないから入籍したい」と思っているのであれば、しっかりと相手のことを考えてあげることが大切です。

 

入籍は簡単にできますが、離婚はお互いにツラい時期を過ごすことになります。
借金を抱えたままの状態で結婚願望がある場合は、相手と向き合って、しっかりと伝える、清算することがもっとも大切です。

 

自分の人生と同じように相手の人生も考えてあげましょう。