浪費癖でカードローン地獄の女性との結婚生活

4年ほど前に付き合っていた女性と結婚しましたが、1年近くで離婚してしまいました。
その理由は、収入に見合わない浪費癖によるカードでのローン地獄があったことと、借金をしていたことでした。

 

まず、必要でない服や化粧品などをカードで支払いをしていたため、毎月のローン返済が5万円近くありました。
これからの子供の為の教育資金や、住宅購入資金を貯めておかないといけない時期なのにと思って、私は貯金をしていました。

 

 

それに対して彼女の方は、浪費癖によるショッピングだけでなくギャンブルもやっていました。
主にパチンコでしたが、月に何万も負けており、最初のうちは結婚前の自分の貯金の範囲内でやっているのだからいいかと楽観視していました。

 

それが、貯金が尽きたのかローンの支払いでいっぱいだ、食費が回らない、生活費が赤字になると言い出して、身内から借入をしている事実を知りました。

 

結婚前に借金だけは絶対にするなと約束していただけに、すごく裏切られた感じでした。
挙句の果てには、私の稼ぎが少ないから家計が回らないと逆ギレされてしまいました。

 

一応彼女も仕事をして共働きだったのですが、自分で稼いだ金だから自分で使うというもので、殆ど将来のための貯金をしていませんでした。

 

結婚前からの彼女のあまりの豹変ぶりに、怒りを通り越して呆れてしまいました。
結局彼女が持っていた借金は慰謝料ということで私が返済し、離婚しました。

 

現在も婚活中ですが、浪費癖や借入は絶対にしない女性を選んでいます。
金の切れ目が縁の切れ目とも言います。

 

借金があるということはお金の管理が出来ていない、すなわち自分自身の管理も出来ていない人間と私は考えます。

 

参考:借金のある人との結婚はどうなる?

 

浪費癖のある女性と結婚して借金まみれになった体験談

私は家族を養うために、妻の浪費癖が原因で、借金まみれになって苦しんでいます。
若くて綺麗な女性を妻を貰えたものの、妻は働かず、家事をしたくないというので家政婦を雇いました。

 

働かない上に家事もしないために、空いた時間はずっと、ランチやショッピングや娯楽を楽しんでいるのですから、お金がかかってしまうのです。

 

 

優しく、愛らしい女性なので別れることもできず、私は家族を養うために自分の食費を削り、欲しい物を我慢し、残業代のために深夜まで働き、返済をしています。

 

妻の浪費癖は家具、服飾品、行楽費用にと、どんどん私にお金を請求して、気付けば私は借金まみれ、総額200万円にもなっていました。

 

お金を使うのを抑えて欲しいと希望すると、機嫌を悪くしたり、やつあたりをしてきます。
どうにかして浪費癖を治して欲しいと願っていますが、私はストレスで変もなりそうです。

 

仕事をしている間に、今頃は妻がまた浪費をしているのだろうか、借金の金利がこうしている間にもかさんでしまうと、心が苦しくなってしまうのです。

 

子供ができれば変わるだろうと思い、不妊治療のための医療費も支払っていますが、これがまたお金がかかり、借入がかさんでしまうのです。
若くて綺麗な女性と結婚して幸せな生活かと思いきや、妻の浪費癖で、借金まみれ人生の始まりにすぎませんでした。

借金を相手に隠して結婚、必ず後でばれるものですし、それが原因で離婚にまで発展するケースが後をたちません。
とは言え、法律事務所に相談するのは凄く勇気が必要です。

まずは匿名・無料で利用できる診断シミュレーターで、解決可能かどうか調べてみることをおすすめします。

>>借金女が結婚できた方法は?<<