好きな人が借金していても結婚をあきらめる必要は無いと思います!

私が好きになった人には借金がありました。
過去に好きになった人も借入をしていたらしく、振られた反動でローンを組んでお買い物をしてもいいやとやけくそになったそうです。

 

 

私もそんな経験がありましたが、親にバレてすぐにクーリングオフをしました。
彼が借りているお金の総額は400万。
返済のために株にも手を出し大損をしたそうです。

 

借金の総額は知らず、それでも一緒に返していこうと決意しましたが、相手は結婚をすることをあまり思っていなかったのか、婚姻について、これからの生活についてをあまり真剣に考えてくれていない感じがしました。

 

いくら好きな人といっても、これでは私の決意も空回りです。
そんな彼の態度が嫌になり、彼の事はあきらめることにしました。

 

「結婚は白紙にします」といい一方的にお別れをすることにしました。
彼は焦り、親に借金のこと、私に振られたこと、もう生きていけないと言う思いを親に全部報告したそうです。

 

すると親から私に電話がかかってきて両親2人から「申し訳ない」と言われました。
後は話し合いをしようということになり、残りの金額は親が全額一括返済をすることになりました。
そして貯金ゼロからのスタートです。

 

借金があっては結婚は出来ないと相手の親が思ったことで、結婚はしましたが、またお金を借りないように私は常に目を光らせています。

 

受け入れられる借金かどうかが問題

人は生きて行く上で借入をしなければならないことも多くあると思います。
車のローンや家のローンなど、高額商品を買った場合にはローンという名の借金をすることが当たり前です。

 

 

好きな人にこういった借入があることを私は気にしません。
毎月の返済額をちゃんと支払っていれば、それは逆にその人のプラスのキャリアになります。

 

ところが、一ヶ月の生活費が収入よりも多く、毎月少しずつ借金をして自転車操業をしているような場合は、いくら好きな人でも結婚はあきらめると思います。

 

結婚後もこういう生活スタイルは変わらないからです。
逆に、私の収入を当てにして、生活が拡大する可能性もあります。

 

日々の暮らしを補うための借金は、私は受け入れることができません。
結婚は、生活そのものです。
2人の収入が決まっているならば、おのずと暮らしは決まって行くものです。

 

それを理解できないで、欲しいものは買ってしまうとか、やりたいことはやってしまうという感性だと、結局は足りないお金を借金することになります。
これでは結婚生活が破綻するのは時間の問題です。

 

好きな人が借金を抱えているとしても、その内容により受け入れられる場合と、受け入れられない場合があると私は考えます。
また、お金を借りている人との結婚は、自分も同じように借入を抱える覚悟が必要だと思います。