過払い金返還請求とは、払い過ぎた利息を取り戻す任意整理方法

最近もテレビやラジオ、交通広告などでも弁護士・司法書士事務所が積極的にアピールしているので、言葉だけなら知っている方も多いと思いますが、説明しておきます。

 

過払い金返還請求とは、消費者金融などの高金利の借金を長期間使用していた場合、利息制限法で再計算して請求することです。
簡単に言うと、払いすぎた利息が戻って来るという任意整理の手続きの一つです。

 

 

過払い金訴訟は、一時期メディアを賑わせていた事もあるため、何となく耳にした事があるかもしれません。
今ある借金が帳消しになって、更にお金が戻ってくるという、言わば一発逆転のような任意整理方法なんですね。

 

このページでは、過払い金と払い過ぎた利息の返還請求について解説しています。

 

 

過払い金とは?

日本では、利息について定めた法律に矛盾があり、貸金業者は自分たちに有利なように法律を解釈して貸し出しを行っていました。
無人契約機の流行もあり、消費者金融などでキャッシングする人が増えて結果、多重債務者が大量に出て、社会問題化したのです。

 

 

過払い金が社会問題に!

貸金業法が改正(平成22年6月)されるまで、消費者金融やクレジット会社などの多くが、出資法に基づいた金利で貸し出しを行っていました。
多重債務が社会問題化し、法律が改正されたことにより、現在では利息制限法での貸出が義務付けられいます。

 

過払い金とは、法改正以前の利率で支払った利息を、利息制限法に基づいた利率で再計算した場合の、払い過ぎた金利のことを指しています。

 

最近はかなり沈静化していますが、一時期過払い金返還請求のブームが起こり、多くの借主が払い過ぎた金利を取り戻しました。
この過払い金が原因で、当時の消費者金融の最大手「武富士」が潰れるなど、多くの金融会社が市場から退出しています。

 

グレーゾーン金利とは?

日本には利息について定めた法律が、出資法と利息制限法の2種類存在し、消費者金融会社やクレジットカード会社は、出資法の上限金利に基づいてキャッシングなどの貸付を平成18年まで行ってきました。
グレーゾーン金利とは、貸付を行った金利と利息制限法の上限金利の差分の事です。

 

以前は、30%近い利率での貸し出しが通常でしたが、利息制限法では18%が上限となるため、差分の12%がグレーゾーン、払い過ぎた利息という事になります。

 

平成18年の最高裁の判決により、事実上出資法での貸付は不可能になりましたので、以後は法律(平成22年6月改正)に沿った利率での貸付が行われています。
ただし、以前に払いすぎた利息を取り戻すことができ、これを過払い金返還請求と呼んでいます。

 

過払い金返還請求は時効が来る期限までに!

過払い金にも時効があるので、期限を過ぎれば請求できなくなってしまいます。
すでに完済されていても請求はできますが、最後に取引した日から10年以内という期限があるのです。
過払い金返還請求するなら、時効が来る前に行動しましょう。

 

 

利息制限法による引き直計算しとは?

金利の引き直しとは、グレーゾーン金利も含めて行って来た借入・返済を、本来の利息制限法で借入・返済を行った場合に再計算する事です。
例えば50万円を借り入れて、グレーゾーン金利が10%あったとすると、グレーゾーン金利の金額は1ヶ月で4100円にもなります。

 

全ての返済履歴で、この差分を元本から引いていく計算を行うと、長期間借入を行っている場合は、借入残高がマイナスになります。
これが払いすぎた利息で、この利息を返還するよう請求するのが、過払い金返還請求です。

 

借金を完済している場合はどうなる?

以前は、消費者金融で高い金利のお金を借りていたけれど、随分前に全額を返済してしまっている場合はどうなるのでしょうか?
民法の規定での時効は10年です。

 

完済して10年以内なら、過払い金返還請求を行う事ができます。
心当たりがあれば弁護士に任意整理を相談してみましょう。

 

過払い金請求は自分でできる?

弁護士に依頼すると、中には高額の報酬を要求する事務所もあるので、できれば自分でやってみたいという方もいると思います。
利息制限法での引き直し計算は、有料・無料問わずインターネットで入手することができますので、確かに試みることは可能です。

 

ただ、実務としては大変難しいと言わざるをえません。
再計算ソフトのまかせて引き直し計算をしたとしても、金融会社側は色々とあの手この手でゆさぶりを掛けてきます。

 

計算の法的根拠をしっかりと理解し、百戦錬磨の業者から譲歩を引き出すのは、大変です。
弁護士や司法書士は、業界内ので情報共有や経験にあるからこそ、払い過ぎた利息を取り戻せているのです。

 

過払い金計算や調査方法は?

今の所、何とか借金返済はできているものの、もし過払い金が発生しているなら、調査して取り戻したいと思っている方もいらっしゃると思います。
過払い金は、本来払う必要のない利息ですので、当たり前ですが返還して貰う権利があります。

 

 

とは言え、金融会社側は払いたくありませんので、過払いが発生している人にわざわざ教えてくれたりはしません。
自分で計算して確認するか、弁護士や司法書士に依頼して計算して貰うしかありません。

 

手引き1.過払い金計算の方法は?

一番簡単に調べる方は弁護士に依頼することですが、実際に過払い金が発生しているかどうか事前に確認したい人もいると思います。
今までの借入は支払いの履歴が全て残っているなら、名古屋消費者信用問題研究会が作成した、過払い金計算EXCELシートを利用した計算が可能です。
詳しい使用方法は、こちらを参考にして下さい。

 

参考:http://www.kabarai.net/howtouse/index.html

 

過払い金返還請求は、すでに全額返済が終わっている借金についても、完済後10年以内であれば可能です。
高金利の借入経験がある方は、計算して確認する価値はあると思います。

 

手引き2.過払い金調査には取引履歴が必要!

過払い金が発生しているかどうか確認する為には、初回取引開始時からの全ての借入と返済の履歴が必要です。
とは言え、リボ払いで借りたり返したりを繰り返している内に、殆どの人が明細を無くしてしまっている筈です。

 

そういった場合は、契約している金融会社に取引履歴の開示請求を行うことで、明細の入手が可能です。
取引履歴の開示請求は電話でしても良いのですが、金融会社も過払い金請求を警戒しているため、あれこれ勘ぐられことも多いので、文書を送付するのが良いでしょう。

 

大地の会が作成した、個人情報開示請求書を使用される方が多いようですね。

 

手引き3.過払い金が発生していることが判明したら?

もし計算してみて過払い金が発生していることが確認できたら、弁護士に任意整理を依頼すれば喜んで引き受けてくれます。

 

自分で請求することは不可能ではありませんが、多くの場合訴訟まで発展しますし、借入残高がある状態なら、借金返済の催促は裁判で決着するまで続きます。
法律事務所に依頼すれば督促もストップしますし、裁判所への出廷も弁護士側が代行してくれます。

 

そもそも論として、プロの金融屋法廷で争うなんて、弁護士以外には無理ですよね。
もっともらしい主張をされ、いいように相手側の言い分を通されるのが落ちですから。

 

 

過払い金返還請求の体験談

私は会社員でしたが、手取りの給料が少なく、生活費に充てるために2つの大手の消費者金融から借り入れを始めました。
限度額は100万円でしたが、一気に大金を借りるというのは返済が追いつかなくなりそうで、怖くてしませんでした。
なので、足りなくなったらATMで4~5万円ずつ借りることを繰り返していました。

 

支払いは少しでも遅れたら消費者金融の人から電話がかかってきて「入金はいつになりますか?」とたたみかけられていたので、毎月ほとんど遅れることなく入金するようにしていました。
初めての借り入れから10年以上、借りては返してを繰り返していました。

 

 

そんな中、電車広告で過払い金請求について書いてあるものがありました。
借金が総額で200万円になっていたので、もしかしたら自分も過払いになっているかもしれないと思い、大阪の法律事務所に任意整理の相談をしました。

 

いくら払ってもしてもなかなか元金が減らなかったので途方にくれていましたが、法律事務所に頼んですぐに返済しなくて良くなりました。
今まで支払いに充てていた分が浮いたのでとても助かりました。

 

1ヶ月くらいすると、法律事務所から過払い金が200万円返ってくると電話がかかってきました。
もう返す必要がないと言われ、開放された気持ちでいっぱいでした。

 

私が借りていたのは大手の消費者金融でしたので、法律事務所から聞いていた金額の8割くらいをすぐに返してくれる話でまとまりました。

 

長年返済し続けてきた借金が全てなくなり、150万円くらいのお金が手に入って、本当に夢のような気持ちでした。

 

過払い金が入金されてから少しして、家族で旅行に行ってきました。
貯金もほとんどなかったので、良い軍資金になりました。

 

法律事務所に借金の相談をして本当によかったと思います。
過払いになっていたのでブラックリストに載ることもなく、安全にお金が返ってきました。

 

過払い金請求と言えども、任意整理の一手段です。
餅は餅屋、やはりプロに任せるのが、結局は特に繋がる為、良心的な事務所を探すことに力を注ぎましょう。
当サイトでも、おすすめの事務所を紹介しているので参考にしてみて下さい。