任意整理とは、もっともポピュラーな債務整理方法

任意整理とは、借金返済に困って債務整理する際、もっとも良く利用されている手続きです。
3年を目途に借金を完済、その後、5年経過で新たな借入が可能となります。
弁護士や司法書士に依頼して、任意の債権者(貸主)を交渉し、借入額や将来利息のカットなどを行って、支払いが可能になるよう契約内容を変更します。

 

 

一般的には和解契約書を締結し、その内容に従って3〜5年で借金返済を行います。

 

任意整理の手続き自体は、自分で債権者と交渉して行うことも可能です。
とは言え、個人からの任意整理の申し出に応じる金融機関は少なく、現実的ではありません。

 

貸付先からの減免交渉にいちいち応じていては、金融会社もやっていけませんし、株主から追及される原因になってしまうからです。

 

また、任意整理とは裁判所を通す必要がない手続きのため、書類準備の負担などが軽く、比較的簡単に行えます。

 

自己破産のように、所有資産の処分を強制されることもありません。
安定的な収入があり、利息負担を軽減することで返済が可能になる方向けの方法です。

 

任意整理のメリットは?

基本的に、手続き後の利息が免除となる為、借金返済が容易になります。
消費者金融などで高金利の借り入れを行っている場合は、利息制限法による引き直し計算を行いますので、残額が大きく減少する場合があります。

 

 

過去の借り入れや借金返済の引き直し計算は複雑です。
計算方法によっては借主側に不利となる為、金融知識の豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

 

また裁判所を通す必要がない為、一部の債権者(貸主)についてのみ、任意整理を行うといった事も可能です。
その際、対象債権者以外には、特に連絡をする必要はありません。
個人的な借入はそのまま返済を続き、消費者金融の融資のみを対象にする、といったことが可能です。

 

任意整理で過払い金請求

消費者金融での借入期間が長期に渡っている場合は、払いすぎた利息が戻って来る場合があります。

 

以前の話ですが、消費者金融業者は、出資法に基づいて高金利での貸出を行っていました。
そのため、出資法よりも利率の低い利息制限法での利率への再計算を行う事で、差額分の利息を請求する「過払い利息返還請求」という任意整理上の手続きがあります。

 

すでに借入した金額を完済している場合、返還請求では金融ブラックに登録されることはありません。

 

任意整理のデメリットは?

自己破産や個人再生といった手続きと比較すると、借金を減額する効果が高くありません。
一定の収入がある人が、返済が可能な額まで支払い金額を減らすために利用する手続きの為、目途がまったく立たないような状況では、自己破産を検討した方が良いでしょう。

 

 

自宅や乗用車を手放したくないという場合には、個人再生を検討する事になります。
個人再生は、任意整理と比較して大幅に借入額を減少させるため、最近注目されている方法です。

 

任意整理後の借金とクレジットカード

法的手続きをしたら、一定期間ペナルティを追う事になります。
任意整理も例外ではなく、金融機関のブラックリストに載るため、完済後5年間から10年間は新たに借金を行う事ができません。

 

これは、自己破産、個人再生、特定調停などでも同様です。
ですので、任意整理したら新たな借金を行うことはできません。
クレジットカードも同様です。

 

 

ただし、これではあまりに生活上不便ですよね。
どうしてもクレジットカードが必要な方は、VISAデビットカードを作る事をおすすめします。
知らない方が多いのですが、ブラックリストに乗っていても、作ることができるカードです。

 

ただし、クレジット機能では無く、銀行口座からの即時引き落とし決済という方式を取っています。
スルガ銀行や楽天銀行、ジャパンネット銀行などが発行していますので、よろしければ検討にしてみて下さい。

 

任意整理費用の相場は?

任意整理の費用は、法律事務所によって違いますが、ここでは大体の相場について解説します。

 

裁判所費用
  • 不要

 

弁護士費用
相談料 無料〜5,000円程度
着手金 無料〜50,000円程度(債権者1社あたり)
事務手数料 無料〜30,000円程度
基本報酬 20,000円程度(債権者1社あたり)
減額報酬 減額できた債務金額の10%程度

 

任意整理の費用について、特に注意が必要なのは、過払い金返還請求の際の弁護士報酬です。
過払い金返還請求は、殆どの場合で成功報酬となっていますが、凄く高額な事務所もあります。

 

完全な金儲け主義の事務所ですね。

 

こういった弁護士や司法書士に関わると、本来自分が得るべき利益を吸い取られてしまいます。
金儲け主義の弁護士を避けるためにも、良心的な法律事務所を選ぶ必要があるのです。

 

任意整理費用が払えない場合は?

任意整理必要に弁護士費用は、良心的な法律事務所に依頼すれば、分割・後払いが可能です。
当サイトで紹介している事務所は、いずれも対応してくれますので、よろしければ参考にしてみてください。

 

分割・後払いでも費用が払えない状態なら・・・

 

もう任意整理を検討する段階ではないと思います。
自己破産して借金を帳消しにするしかないでしょう。

 

 

任意整理費用が安いのは?

一般的な傾向として、弁護士より司法書士の方が、支払う報酬が安いです。
ただし、債務性の総額が140万以下の場合しか手続きできない制度になっているため、それ以上の借金がある人は弁護士に依頼するしかありません。

 

弁護士も事務所によって、報酬は高かったり低かったりです。

 

ただ、任意整理にかかる費用は安い方が嬉しいのは事実ですが、報酬が低い弁護士の方が良いかどうかは話が別です。
報酬は高くても、借金問題に強くて、金融機関との交渉に長けている方が、結果的に依頼者が得をするケースの方が多いからです。

 

相場よりも極端に高い所は避けるとしても、費用が安いというだけで事務所を選ぶと後悔することになります。

 

任意整理前に借金減額シミュレーター利用をおすすめします!

 

任整理するなら弁護士事務所に相談することをおすすめします。
理由は、個人で金融機関と任意整理の交渉をしようとしても、応じてくれない会社が殆どだからです。

 

とは言え、いきなり弁護士事務所に電話するのは、勇気が必要ですよね。

 

そこで当サイトでは、まず無料で利用できる「借金減額診断シミュレーター」の利用をお勧めしています。
シュミレーターの結果、解決できそうなら弁護士も紹介して貰えます。
よろしければ、利用してみてください。

借金返済に困っているなら債務整理を検討しましょう。
支払いのために借入を繰り返したり、利息ばかり払っていても永遠に苦しい生活が続くだけです。

まずは無料シミュレーターで診断し、解決可能なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

>>借金減額診断シミュレーターとは?<<