債務整理後、5〜10年間は借入できません。

自己破産や個人再生といった裁判所で行う手続きに限らず、任意整理であっても数年間(5〜10年間)は新たに借り入れすることはできません。
消費者金融、クレジット会社、銀行などの個人で借入が可能な金融機関は、すべて信用情報機関に加盟しています。
債務整理を行うと、いわゆる金融ブラックとなってしまうため、借り入れが出来ないのです。

 

 

ブラックリストといっても、本当にそのようなリストがあるわけではなく、信用情報を照会した際に、「事故」を表すコードが記載されるようになるのです。
債務整理すると、この事故登録が残るので、ほぼ例外なく融資を断られます。
この事故登録が消えるまでの期間が、5〜10年間掛かるとので、新たな借金はできないのです。

 

債務整理後の借入が一番難しい銀行

信用情報機関にブラックリストとして登録される期間は、金融機関の種類や債務整理の種類によって異なります。
最長の10年掛かるケースは、銀行借入を自己破産で清算した場合です。

 

詳しくは、「債務整理後の借り入れ|ブラックリスト解除までの期間は?」で解説していますので、参考にしてみてください。

 

消費者金融の借金などは、銀行に比べれば短い期間でブラックリスト解除されます。
とは言え借金の全額返済なり、債務整理手続きの終了なりといった方法で、問題解決してから後、数年間は待つ必要があります。
約定通りに払えなかったペナルティなので、仕方ないと諦めるしかありません。

 

債務整理したらクレジットカードも作れない?

現金借り入れとは感覚が違うかもしれませんが、クレジットカードも立派な借金です。
約定通りの返済を行わなかった以上、事故登録されるのは仕方ありませんが、そうはいってもクレジットカードがないと生活が不便です。

 

ネットショッピングなどでは、銀行振込では時間が掛かりますし、そもそもクレカ払い意外では購入できない商品などもありますよね。
どうしてもクレジットカードが必要な場合は、VISAデビットカードを作ることで代用が可能です。

 

VISAデビットカードは、利用時に自分の銀行口座から即時決済を行う仕組みなので、審査なしでカードを作ることができます。
スルガ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、あおぞら銀行、りそな銀行などは対応しています。

 

 

事故情報が消えなくても借り入れできる業者はある?

違法な貸金業者、「闇金融」であれば、債務整理の直後でも喜んで貸してくれるでしょう。
闇金は、正規の登録業者が貸さない事故客に喜んで貸します。
債務整理の中でも特に自己破産者は、大のお得意様です。

 

これは、借金返済が不要になって支払い余力があるにも関わらず、正規の業者がどこも貸さないからです。
ですので、官報で自己破産者を確認しては、融資の勧誘をしているほどです。

 

ただし、違法な闇金業者を利用することは、絶対にやめましょう。
法外な高金利と苛烈な取り立てで、人生がめちゃくちゃになってしまいます。
闇金からは借りないこと、仮に借金しても返済はせず、弁護士に相談するようにしましょう。

 

信用情報機関に照会されたら必ずばれる?

ばれないケースもあります。
新規に借り入れを申し込むと、金融会社は信用情報機関に、「氏名」「生年月日」で問い合わせします。
そして、現在の借入額、返済状況、住所、電話番号、勤務先、事故歴などを確認します。

 

例えば、結婚して名字が変っていた場合でも、住所、電話番号、勤務先などが一致していれば、本人と推測できますよね?
ということは、住所、電話番号、勤務先など、名前と生年月日以外の全てが変っていたら、本人とは特定できません。

 

借金返済ができなくて事故を起こしたことのある女性が、結婚で姓・住所などが変わり、金融会社のばれずに借り入れできたという話は良くあります。
更には、養子縁組で姓を変えるといった荒業の話を聞いたこともありますが、借りたものは返さなくていけませんので、無理やり借りることはおすすめできません。

借金返済に困っているなら債務整理を検討してみましょう。
支払いのために借入を繰り返したり、利息ばかり払っていても永遠に苦しい生活が続くだけです。
まずは無料シミュレーターで診断し、解決可能なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

債務整理