債務整理後のスマホ契約はどうなる?

債務整理後は、クレジットカードの発行やローン・融資は受けられなくなるということは知っている人は多いと思います。
金融ブラックと呼ばれるデメリットで、手続き後の5年〜10年間、新たにお金を借りることができなくなります。

 

 

ところが、携帯電話やスマホの分割購入などは、債務整理後でも可能だと思っている人が多いのです。
これは大きな間違いです。

 

スマホ分割購入には審査がある

携帯電話やスマホの分割購入であっても、未払い残金は債務に含まれます。
スマホ分割購入は、携帯会社がクレジット会社と提携して実現している仕組みです。
そのため、金融ブラックになると利用できなくなってしまうのです。

 

スマホを分割購入する際の契約書を詳しく読めば書いてありますが、クレジット会社を利用する旨の記載がある筈です。
各クレジット会社は、CICという信用情報機関加盟しており、ブラック情報を共有しているのですね。

 

債務整理したら、借金返済が楽になると喜んでいても、スマホ分割購入はできないので、新しい端末にするには一括で支払うしかなくなってしまいます。
債務整理する際には、デメリットの一つとして認識しておきましょう。

 

 

使用中のスマホはどうなる?

自己破産や個人再生といった裁判所での法的手続きを行うと、全ての債務者の通知が送られます。
携帯会社も例外ではありません。

 

通知を受け取った携帯会社は、使用料金が払えない人だと判断、強制的に契約を解除するので、スマホは使えなくなってしまいます。
他の会社に行けばできるのでは?と考える方もいるかもしれません。

 

実は、通信料金の未払い情報は、携帯電話の会社の間で行き交うことになっているので、他社でも契約ができないのです。
※詳細については、「自己破産後も携帯電話は使える?」で説明しています。

 

任意整理は少し事情が異なる

自己破産や個人再生のような法的手続きではなく、任意整理の場合は、整理する債務を特定することができます。

 

つまり、携帯会社を対象から外せば、スマホ分割購入の新規契約はできなくても、今使用中のスマホは継続して使用できます。
手続きを依頼する弁護士さんに、事情を話せば対応してくれる筈です。

 

ただし、通話料をきちんと遅れずに支払っていることが前提です。
実際に払えていない状況だと、弁護士さんも、携帯会社を対象から外すことを了承してくれませんから。

 

 

債務整理とスマホ分割購入まとめ

スマホの場合、端末の分割購入代金と使用料がセットになってしまっているものが多いので、携帯を一つ買うのにも苦労することにもなります。
今では生活必需品となっているスマの分割購入が難しいと困ってしまいますよね。

 

債務整理すると、確かに借金返済の負担を軽くしたり無くしたりできますが、生活に少なからず影響をおよぼすことになります。

 

債務整理後の生活のイメージは、しっかりと持っておきましょう。
何もかも都合よく、というわけにはいかないものですからね。

借金返済に困っているなら債務整理を検討してみましょう。
支払いのために借入を繰り返したり、利息ばかり払っていても永遠に苦しい生活が続くだけです。
まずは無料シミュレーターで診断し、解決可能なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

債務整理