MENU

借金返済に困った時の手段は?

債務整理と自己破産はどこが違うのか教えて欲しい、といった相談を時々いただくので、ここで纏めておきます。
この二つの手続きの場合、違い、という表現は正しくありません。
債務整理とは、借金問題を整理するための手続きの総称ですので、自己破産もその中に含まれています。
具体的には、以下のような手続きの総称です。

 

任意整理(過払い金返還請求)
特定調停
個人再生
自己破産

 

それぞれについて簡単に説明します。

 

任意整理

弁護士や司法書士、あるいは自分自身が直接、お金を借りている金融機関と、支払い回数変更、債務の一部免除、利息カットなどの交渉を行い、返済の負担を軽減する方法です。
上に記載した4つの手続きの中で、一番多く実施されている方法でもあります。

 

消費者金融やカードローンなどで、金利の高いお金を長期間借りていた場合、過払い金という利息の払い過ぎは発生しますが、この過払い期の返還請求も任意整理に含まれます。
ただし、過払い金は、時効が到来しているものも多く、最近では殆どないというのは実情です。

 

任意整理は、負担の軽減割合も低いので、安定した収入と返済計画がない場合、他の手続きに移行するケースも多くなっています。
弁護士や司法書士は、手続きが簡単なので勧めて来ることが多いのですが、本当にその条件で完済まで頑張れるのか、冷静に判断することが必要です。

 

特定調停

債務整理のなかでは、現在マイナーになってしまった方法です。
多重債務が社会問題になっていた頃は、費用が安くすむという事で人気の手続きだったのですが、現在では殆ど使用されていません。

 

特定調停に応じて返済期間の変更や利息カットなどを行っても、その後の不履行が多く、金融機関側も簡単に条件変更に応じなくなったためです。
そのため、負担の軽減割合が低く、大したメリットがない債務整理方法です。

 

個人再生

個人再生は、自己破産に次いで負担を大きく減らせる債務整理方法として利用者が徐々に増えています。
特にマイホームを手放さずに、借金を大きく減らすことが出来る住宅ローン条項があるため、自宅を維持したい人にとっては有効な手段だと思います。

 

ただし、弁護士に依頼して再生計画を作成、裁判所で認めて貰う必要があります。
安定収入は必須ですが、住宅ローンは別として、それ以外の債務を最大9割減免できます。

 

自己破産

債務整理としては究極の方法で、ほぼ全ての借金を帳消しにすることが可能です。
自己破産は人生再スタートの方法として非常に有効ですが、その分、制限やデメリットも数多くあります。

 

所有資産の処分、職業制限、転居の制限、破産名簿への記載などなど・・
とは言え、殆どは自己破産の手続きが完了して免責許可が下りれば解除されるデメリットです。

 

安易に選ぶ方法ではありませんが、どうしても債務の返済目途がたたないなら、整理方法として弁護士に相談してみましょう。
マイホームなどの資産がない人は、意外に生活は変わらなかったりもするので、どん底のような生活をおくるくらいなら、自己破産した方がはるかにマシに感じると思います。

 

まとめ

債務整理、自己破産について概要を説明しましたが、いずれも自分で好きなように選べるわけではありません。
負債や返済原資、収入の状況などから総合的に判断し、適切は方法を選ぶ必要があります。

 

自己破産で借金をチャラにしたい!
などと思ったとしても、裁判所は認めてくれなければ、いままでと同じように返済を続けなければならないのです。

 

法律に疎い素人では判断も難しく、また金融機関も裁判所も相手にしてくれません。
弁護士や司法書士といった専門家に相談してみましょう。
最近は、無料の相談窓口を設置している事務所もあります。
当サイトでも紹介しているので、参考にしみてください。

 

 

借金の返済に困っているなら債務整理を検討してみましょう。
支払いのために借入を繰り返したり、利息ばかり払っていても永遠に苦しい生活が続くだけです。
まずは無料シミュレーターで診断し、解決可能なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

 

債務整理