任意整理とは?債務整理との違いは?

任意整理とは、4種類ある債務整理方法のひとつですので、違いというよりは含まれるというのが正しい認識です。
他には、特定調停、個人再生、自己破産の3種類があります。

 

 

任意整理は、4種類のなかで一番多く行われている方法で、裁判所での手続きも不要ですが、反面、借金の減額は小さくなる傾向にあります。

 

特定調停、個人再生、自己破産の3種類の方法は、いずれも裁判所の手続きが必要となります。
個人再生や自己破産は、借金を大きく減額できますが、制限やデメリットも大きくなります。

 

債務整理は、自分で方法を選ぶことはできません。
個人再生したいとか、自己破産の方が良いと思っても、裁判所の基準に合わなければ認めてもらえません。
弁護士・司法書士に相談して、借金返済額と収入のバランスで任意整理できるかどうかも決まります。

 

弁護士に相談する際には、それぞれの方法について詳しく説明してもらいましょう。
当サイトで解説してるので参考にしてください。

 

任意整理にかかる費用

任意整理の費用は、債権者数で大体の金額が決まります。
1件あたりの金額は法律事務所によって違いますが、大体の相場は以下の通りです。

 

任意整理費用の相場
相談料 無料〜5,000円程度
着手金 無料〜50,000円程度(債権者1社あたり)
事務手数料 無料〜30,000円程度
基本報酬 20,000円程度(債権者1社あたり)
減額報酬 減額できた債務金額の10%程度

 

参考:債務整理費用(弁護士・裁判所)の相場はいくら?

 

任意整理の期間

任意整理にかかる期間は、着手から和解までが2〜3ヶ月程度。
和解は、3年を目途に借金を完済できる金額になるのが通常ですので、合計3年ちょっとが平均的な期間です。

 

とは言え、相談内容によっては、もっと長い期間が掛かります。
過払い金返還請求で訴訟にまで発展したりすると、裁判で何年も争うこともあります。

 

任意整理できないケース

 

債務者が原因でできないケース

任意整理では、借金減額と利息カットで、3年を目途に返済が完了することを目指して、金融機関と交渉を行います。
最大でも5年で完済するのが通常です。
そのためには安定した収入が必要です。

 

収入が無ければ、和解の条件を履行することができません。
安定した収入がないと、任意整理はできないのです。

 

その他にも、お金を借りてからの期間が極端に短い、一度も返済していないなどの状況では、任意整理はできません。
返済状況によっては、詐欺を疑われるケースもあります。

 

債権者が原因でできないケース

債権者側としては、任意整理に応じる義務はありません。
借金返済が苦しいからといって、全員に応じていたのでは、業者としても商売になりませんよね。
個人が直接交渉しても基本的には断られます。

 

弁護士が交渉すれば、債権者としても応じないわけにはいかないので、法律事務所に依頼する人が殆どなのですね。
依頼する弁護士によっても債権者の態度は変わるので、債務整理に強い事務所を選んで依頼しましょう。
当サイトでも紹介しているので、参考にしてください。

 

参考:債務整理に強い弁護士事務所のおすすめはどこ?

 

任意整理したらクレジットカードが使えなくなる

任意整理すると、信用情報機関のブラックリストに登録されてしまうため、クレジットカードを新しく作ることはできません。
それだけではなく、使用中のカードも止められてしまいます。
任意整理の対象にしなかったクレジット会社であってもです。

 

闇金融などの違法な貸金業者以外は、すべて信用情報機関に加盟しており、ブラック情報を交換しています。
途上与信といって、クレジットカード会社は定期的に会員の信用調査を行っているので、遅かれ早かれ、任意整理したことがバレてしまうのです。

 

ブラック情報の解除は一定期間できないので、しばらくは我慢の生活をおくることになってしまうのです。
こちらも参考にしてください。

 

参考:債務整理後にクレジットカードを作る方法はある?

 

任意整理後のローンはいつから組める?

ブラックリストが解除されれば、通常の審査でローンが組めるようになります。
以下のページで詳しく解説しているので、参考にしてください。

 

参考:債務整理したら借入できない?ブラックリスト解除の期間は?

 

借金返済に困っているなら債務整理を検討しましょう。
支払いのために借入を繰り返したり、利息ばかり払っていても永遠に苦しい生活が続くだけです。

まずは無料シミュレーターで診断し、解決可能なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

>>借金減額診断シミュレーターとは?<<