クレジットカードのキャッシングの使い過ぎで債務整理

ショッピングでクレジットカードを使い過ぎたり、キャッシング、カードローンなどで借金が増え、自分の返済能力を超えた借金を抱えて悩んでいる人も多いと思います。
そういった方は、すぐにでも弁護士さんに債務整理の相談することをおすすめします。

 

数年前、クレジットカードのキャッシング使い過ぎで、私も同じように多額の借金を抱えて債務整理した体験があるからです。
きっかけは、手持ちのクレジットカードでキャッシングを始めたことだったと思います。

 

 

当時付き合っていた人がお金にだらしがなくて私の出費が増えたり、ちょうど結婚適齢期で友人の結婚式が重なったり、親戚の不幸も重なって遠方まで何度も行かなくてはならず交通費がかかったり、とにかくタイミング悪く出費が重なって、急に借入額が増えてしまいました。

 

正直なところ、クレジットカードのキャッシングを使い過ぎても、その利用が借金だという意識はありませんでした。
自分で借金を抱えているという認識が欠けていたように思います。

 

当時、私の収入は決して多くはなく、賞与も毎年下がっているような収入状態でした。
そのため一度借入額が増えて、毎月の返済額が高額になってしまうと、すぐに生活に影響が出始めました。

 

そして、あっという間に、いわゆる借金地獄のような状態になりました。
クレジットカードのキャッシングで、借りて返してを繰り返す自転車操業です。

 

こうなると、毎日毎日返済のことが頭から離れません。
特に返済日が近づくと、給料の残高と借入可能額を何度も計算し、算数が大の苦手だった私の頭の中は数字だらけになっていました。

 

今思うと、その頃の私は精神的に不安定になり、急に涙が出たりして、鬱っぽくなっていたと思います。

 

実家に帰って親に相談しようかとも思いましたが、とりあえずできる事はしようと考えました。
クレジットカードのキャッシング使い過ぎについて、弁護士さんに債務整理の相談をしてみることにしました。

 

本当はもっと早くから債務整理の相談について考えてはいました。
でも、家族や会社に知られたらどうしようとか、恥ずかしいとか、そんなことばかり考えてしまって、なかなか足を運ぶことができませんでした。

 

仕事帰りに行くことができる法律事務所を探し、債務整理の相談に行きました。
勇気を出して行きました。

 

 

最初に担当の事務員さんが、収支状況や借金の内容を確認してくれました。
いろいろ話を聞いてくれて、最後に「債務整理すれば大丈夫ですよ」と言ってくれて、本当に心からホッとしました。

 

あまりにホッとしたので、泣いてしまった程です。
その後に弁護士さんにも相談をしました。

 

クレジットカードのキャッシングで使ったお金は、何年かかっても全額返したいという私の意向を尊重してくれて、返済可能な毎月の金額におさめて返済をしていけるように、借入先と交渉をする債務整理の手続(任意整理という方法だそうです)を依頼することにしました。

 

債務整理後の生活で、何より良かったと思うことが、全てをお任せして、自分は決められた金額のお金を工面するだけでよく、もう借金のことを考えなくて良くなったことです。
もちろん工面すべきお金は、無理せず給料から工面できる金額です。

 

それに、債務整理の手続きが完了して、実際に返済が開始されるまでに2~3ヶ月かかったので、その間にちゃんと自分の生活を取り戻すこともできました。

 

専門家の目でしっかりと解決方法を判断してもらい、債務整理手続きをお任せして、借金を返済し終える道筋をたててもらうことで、金銭的だけではなく精神的にも救われました。

 

大げさに聞こえるかもしれませんが、きっと借金の返済に悩んでいる方であれば分かっていただけると思います。

 

もし、私のように今クレジットカードのキャッシング使い過ぎで返済に困り、どうしていいのか分からなくなっている方がいたら、すぐにでも弁護士さんに債務整理の相談することをおすすめします。

 

クレジットカードでキャッシング、返済できずに債務整理した体験談

私は大学時代に私立の音楽大学に通っていたのですが、4年生の時に父親の事業が上手くいかなくなり、大学の学費が払えないということになりました。
私の通っている大学が大学だっただけに、一年間の学費を捻出するだけでもかなり大変な状況になりました。
中退するという方法も脳裏に浮かびましたが、ここまで頑張って大学に通ったので、勿体ないなという気持ちのほうが強かったです。

 

 

ですので、仕方がなくクレジットカードのキャッシングに手を出すことになりました。
私立の音大の学費というものは、普通の私立の学部よりも高いので、とんでもない額の借金を背負うことになりました。
たぶん3社ぐらいからクレジットカード会社からキャッシングしたと思います。

 

当時の利率は今よりも高かったので、大学を終了した後、借金を返済することに専念していました。
ですが、返しても返しても金額が減ることもなく、本当にキャッシングの借金を返せるのかと疑問に思う日々が続きました。
職業も卒業後しばらくは勤務先も転々としていたので、返済が滞ることもありました。

 

そんな時には、クレジットカード会社から怖い催促の電話をもらうことも度々ありました。
しかし、数年たってもお金を返せる目途が立たず、一時期は自己破産という方法で債務整理しようかと思っていた時期もありました。
そのうち貸金法が改正となり、クレジットカードのキャッシングの法定利率も以前よりも低く抑えられるようになりました。

 

また、同じ債務整理でも、過払い金返還請求という方法で、払い過ぎた利息を取り戻せるということが、世の中に知れ渡るようになりました。
私も、過払い金を取り戻せば多少金額が減るかもしれないと思い、司法書士の先生にたのんで債務整理をすることにしました。
すると、借金の合計金額が減りました。

 

それから働きながら借金を返しています。
債務整理したおかげで、金利も払わなくてよくなったこともあり、あと数年もすれば全額返済できそうなのでとても楽しみです。