MENU

3000万円の借金返済方法!会社・自営業・住宅ローン・保証人の完済法

 

借金3000万と言えば、とてつもない大金です。
こんな金額を借りて返していると言うと、会社経営・自営の人、もしくはその保証人、住宅ローン程度くらいしかないと思います。

 

順調に返済できている間は良いのですが、一旦つまづくと3000万もの莫大な借金は、簡単に返せるようなものではありません。
生活自体、破綻してしまう人も多いと思います。

 

少額の借金なら節約しましょうとか、副業を頑張りましょうとか、苦しくなった後でもリカバリーできる可能性があるのですが、借金3000万は大金すぎるのです。

 

このページでは、それぞれの場合の借金3000万の返済方法について解説しています。
ぜひ参考にしてください。

 

会社の借金3000万円の返済方法は事業規模次第

 

会社経営をしていれば、事業資金が必要なので、借金があるのは普通です。
金額も3000万円どころか、億円単位の会社も少なくありません。

 

会社の借金3000万を返済する方法は、通常であれば事業収入から返していくわけですが、事業に行き詰まると大変です。

 

経営者が個人保証していない場合、会社を清算すればいいのですが、日本の中小企業の場合、殆どは個人保証していると思います。

 

その場合、個人として借金3000万を返済するしかありません。
会社の事業も傾いているわけですから、収入も無くなってしまうわけで、そうなると自己破産しか方法はないと思います。

 

自営業者の借金3000万円の返済方法は最悪は自己破産

 

自営業者の借金3000万も、会社と同様に事業収入で返済するのが一般的ですが、行き詰まれば最悪は自己破産しか方法はありません。

 

在庫を処分したり、所有資産を処分して、借金を圧縮できれば良いのですが、商売を継続する場合、そんなに簡単な話ではありませんよね。

 

自営業者は、借金する際に連帯保証人を立てて借りることも多いのですが、返済できなくなると保証人との人間関係も壊れてしまいます。

 

どうしても自己破産を避けたいなら、個人再生という方法もあります。
個人再生は裁判所で手続きする債務整理の方法ですが、事業を継続しつつ、借金3000万円を大幅に減額できる可能性があります。

 

個人再生する場合、弁護士に依頼して再生計画を作成の上、裁判所の許可を得る必要がありますが、自己破産以外で一番借金を減額できる返済方法です。

 

保証人が莫大な借金3000万円の返済を背負ったら悲惨!

 

日本では、借金する際に連帯保証人を要求されることが少なくありません。
事業資金を借りる場合は、特に多いですね。

 

借金3000万の保証人になっていて、借主が返済できなくなると大変です。
ある日いきなり金融機関から請求されても、普通のサラリーマンでは、どうすることもできない金額ですよね。

 

連帯保証人は事実上の連帯債務者です。
自分が借金をした場合と同等の返済責任があります。

 

普通の保証人との違いは、以下の「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分割の利益」の3つの権利が認められていない点にあります。
※抗弁権は、相手方の請求権の行使を、ある条件が成就するまで一時的に拒否できる権利。

 

催告の抗弁権

催告の抗弁権とは、借金をした本人は破産もしていないし、行方不明にもなっていないのだから、連帯保証人より先に本人に返済させるべき、と抗弁する権利です。

 

検索の抗弁権

検索の抗弁権とは、借金した本人には財産や収入があるので、連帯保証人より先に本人に返済させるべき、と抗弁する権利です。

 

分割の利益

分割の平等とは、複数保証人がいる場合、借金を人数で割った金額まで保証して返済すれば良いという権利です。

 

借金3000万の連帯保証人になって、借主が返済できなくなれば、所有資産を売り払ってでも返すしか方法はありません。

 

それでも足りなければ任意整理または個人再生で債務整理、返せる目途が全くない場合は、自己破産しかありません。

 

住宅ローンの借金3000万円の返済方法はリスケと任意売却

 

住宅ローンの借金3000万の返済方法は、個人再生や自己破産以外の選択肢があります。
具体的には次の通りです。

 

  • リスケジュール(リスケ)で借金3000万円を返済する方法
  • 任意売却で借金3000万円を返済する方法

 

どちらも簡単ではありませんし、自力だけで出来るものでもありません。
順番に説明していきますね。

 

住宅ローンの借金3000万円をリスケジュールで返済する方法

リスケジュールとは、住宅ローンの条件を見直して返済しやすくする方法です。
利率を引き下げたり、月々の支払い金額を引き下げたり、一定期間支払い停止するなどですね。

 

もちろん、リスケジュールは勝手にできることではありません。
住宅ローンを組んでいる金融機関に相談して、許可を得る必要があります。

 

金融機関側としては、リスケジュールなどせずに、普通の条件のまま返済して欲しいのが当然ですので、簡単には許可して貰えません。
リスケジュールを許可して貰うには、次の内容をしっかり伝える必要があります。

 

  1. 何とかして住宅ローンを返したいという熱意
  2. 現状では払えない切羽詰まった状況
  3. リスケジュールしたら確実に払える計画

 

特に3番目は重要です。
条件緩和したにも関わらず、払えないでは通用しませんからね。

 

借金3000万の返済方法としてリスケジュールを依頼する際は、確実に払える金額をあらかじめシミュレーションしてから相談しましょう。

 

参考:借金返済の計算方法と無料シミュレーションアプリ

 

住宅ローンの借金3000万円を任意売却で返済する方法

リスケジュールで返済していくには、条件緩和することで、完済できるだけの支払いを継続できる収入が必要です。

 

そもそも、借金返済する目途がまったく立たないような状況の場合、リスケジュールするだけ無駄ですよね。

 

とは言え、住宅ローンを滞納したまま放置していると、競売手続きをされていまします。
競売されたら最悪です。

 

競売では、市価の半額程度で落札されることが多いので、家は取り上げられたのに、住宅ローンの残債を払う羽目になるケースが多いのです。

 

そこで検討したいのが、任意売却です。
任意売却とは、弁護士・不動産会社が仲介して金融機関と調整を行い、一般市場で不動産を売却する方法です。

 

任意売却なら、市価の9割程度で売れるケースが殆どです。
引っ越し代なども、売却額とは別に交渉できるため、競売のように家を追い出される心配もありませんので、検討する価値はあると思います。

 

借金3000万円の返済方法を無料シミュレーターで診断

 

このページで紹介した方法は、いずれも自力で何とかできるものではありません。
借金3000万は、莫大と言えるような大金です。
一旦、返済に行き詰まった場合、自力で解決するのは難しいと思います。

 

借金3000万が返せないなら、弁護士相談して手続きしたもらう以外、これといった手段がないのが現実なのです。

 

とは言え、いきなり弁護士に相談するのは勇気が必要です。
そもそも、借金3000万の返済方法として弁護士に相談する覚悟を決めたとしても、本当に解決できるかどうか分かりませんよね。

 

そう人には、無料で利用できる「借金返済シミュレーター」という方法をお勧めしています。
シミュレーターの結果、解決できそうなら弁護士に相談すれば良いと思います。

 


>>無料シミュレーターに移動<<

賢い借金返済方法!借金がない生活に脱出できる!

クレジットカードやローンなどの借り入れで悩んでいませんか?支払いに行き詰って厳しい督促を受けたり、裁判所から通知が来たり・・そんな方に賢い借金返済方法を紹介しています。

借金返済方法|家族に知られずに解決する賢いコツ