MENU

700万円の借金返済方法は?任意整理・個人再生・自己破産の事例!

 

借金700万の返済方法に困っているなら、自体はかなり深刻かもしれません。
借入先や利率にもよりますが、700万は大金ですので一旦支払いに躓くと、自力での立て直しは困難な場合が殆どです。

 

節約を頑張ったり、副業で少しくらい収入がアップしても、元金が多いので焼石に水ですよね。
借金700万の根本的に解決する返済方法は、以下の3通りになると思います。

 

  1. 任意整理
  2. 個人再生
  3. 自己破産

 

このページでは、借金700万をそれぞれの方法で返済・解決する場合の事例を紹介しています。
よろしければ参考にしてください。

 

借金700万の返済方法として任意整理する場合の事例

 

任意整理の場合、借金700の元金はそのままで、利息のみ免除されるケースが殆どだと思います。
任意整理で元本カットされた事例は、過払い金請求を除けば殆どありませんからね。

 

任意整理では、3〜5年分割で完済できる金額で分割支払い計画を立てますが、借金700万だと月々の返済はいくらになるのでしょうか?

 

金額:700万円
利率:0%
回数:36回(3年)、60回(5年)

 

36回払い3年で完済する場合:194,444円/月
60回払い5年で完済する場合:116,666円/月

 

毎月の支払い額は、かなりの金額になりますね。
この金額は払えないなら、任意整理はやるだけ無駄、他の方法で解決するしかありません。

 

借金700万の返済方法として個人再生する場合の事例

 

借金700万の元金を大幅に減額したいなら、個人再生をという方法があります。
条件はありますが、借金を「5分の1〜10分の1」に減額することができるため、大幅に負担が軽減されます。

 

以下は、借入額別の返済合計額です。

 

借金の額

返済合計額

100万円未満 借金全額
100万円以上500万円未満 100万円
500万円以上1500万円未満 借金額の5分の1
1500万円以上3000万円未満 300万円
3000万円以上5000万円以下 借金額の10分の1

 

借金700万を個人再生で返済する場合の月々の支払額

個人再生で借金700万を返済する場合、続きの支払いはどうなるのでしょうか?
個人再生では、減額後の残金を3〜5年分割で完済できる金額で分割支払い計画を立てます。

 

金額:700万円
利率:0%
回数:36回(3年)、60回(5年)

 

借金700万の場合、「500万円以上1500万円未満」となるので、返済合計額は元金の5分の1、140万円になります。
700万が140万になるのですから、相当に負担は軽減されますよね。

 

36回払い3年で完済する場合:38,888円/月
60回払い5年で完済する場合:23,333円/月

 

任意整理と比較すると、月々の支払い額が大幅に軽減されて、支払いもずいぶん楽になりますね。
個人再生では、住宅以外にも車を残すなどの選択も可能です。

 

借金700万が住宅ローンなら個人再生したらどうなる?

借金700万の返済を大幅に負担軽減できる個人再生ですが、他にも特徴があります。
それが、「住宅ローン特別条項」です。

 

借金700万の内訳が、キャッシングやカードローンなどの借入だけではなく、住宅ローンが含まれている場合もあると思います。

 

そういった場合、住宅ローン特別条項の利用を選択できるのです。
それぞれの特徴、対象者は以下の通りです。

 

住宅ローン特別条項 減額対象 対象物件 対象者
利用しない 全ての借入 残らない

住宅ローン返済の負担が大きい。
全ての借入を大幅に減額したい。

利用する 住宅ローン以外の借入 残る

住宅を残したい。
住宅ローン以外の借入を減額すれば、住宅ローンは減額できなくて返済できる。

 

借金700万を個人再生で返済するのは裁判所の許可が必要

借金700万を大幅に圧縮できる個人再生ですが、誰でも簡単に利用できる方法ではありません。
個人再生には、「小規模個人再生」「給与所得者再生」の2種類がありますが、それぞれの条件について以下に記載しておきます。

 

小規模個人再生ができる人の条件
  • 債務者が個人の人
  • 住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下の人
  • 3年から5年の間、安定して収入を得る見込みがある人
  • 個人再生で減額された借金を3年から5年で完済できる人

 

給与所得者再生ができる人の条件
  • 小規模個人再生の条件を全て満たしている人
  • 給与などの安定した所得があり、所得の変動が年間20%以下
  • 自己破産者は、免責後7年以上経過している人

 

借金700万の返済方法で自己破産は最後の手段

 

任意整理では払えない、安定した収入がないので個人再生も無理という場合、残された手段は自己破産しかありません。
自己破産して免責されれば、借金700万の返済は全額免除されます。

 

借金700万で自己破産するとデメリットも大きい!

個人再生の場合、住宅や車を残すなどの選択肢もありますが、自己破産の場合はそういった資産は基本的に処分されることになります。

 

自己破産後も残せる財産は現金99万円、預貯金20万円までです。
車に限らず、20万円以上の価値のある財産は、99万円を超えて残すことはできません。

 

また、破産手続き中は、職業制限、居住地の制限、旅行の制限などを受けます。

 

金融ブラックリスト登録されて、新たに借入することもできなくなります。
(ブラック登録は任意整理、個人再生でも同様に適用される)

 

借金700万が奨学金なら自己破産すると保証人が請求される!

奨学金返済に困窮して自己破産を検討している人が多いとの報道を良く目にしますが、自己破産すると保証人が請求されることになります。

 

返済不要の奨学金は、名前こそ奨学金ですが実態は借金です。
利息も付きますし、保証人も付けていると思います。

 

自己破産しても債権自体は消滅していないので、返済が滞れば、保証人が請求されます。
奨学金700万で自己破産する場合、保証人に事前に説明して謝罪することをおすすめします。

 

借金返済シミュレーションで600万の債務整理診断

 

債務整理を検討するにしても、いきなり弁護士に相談するのは勇気が必要です。
そもそも、借金600万の返済方法として債務整理の覚悟を決めたとしても、本当に解決できるかどうか分かりませんよね。

 

そう人には、無料で利用できる「借金返済シミュレーター」という方法をお勧めしています。
シミュレーターの結果、解決できそうなら債務整理すれば良いと思います。

 


>>無料シミュレーターに移動<<

賢い借金返済方法!借金がない生活に脱出できる!

クレジットカードやローンなどの借り入れで悩んでいませんか?支払いに行き詰って厳しい督促を受けたり、裁判所から通知が来たり・・そんな方に賢い借金返済方法を紹介しています。

借金返済方法|家族に知られずに解決する賢いコツ