MENU

個人再生費用はいくらかかる?安い方法はある?

 

個人再生を希望しているけれど、手続きが複雑そうで費用が心配という人もいるかと思います。
そもそも手持ち資金がなかったり、分割払いできるかなどについても知りたいですよね。

 

実際にいくらかかるかや、支払い方法は依頼する弁護士事務所ごとに異なりますので、相談先への確認は必須です。

 

ここでは、個人再生費用の大体相場や、安い方法について解説しています。
参考にしてみてください。

 

個人再生費用の相場

 

個人再生の費用は大きく分けて2種類、裁判所にかかる予納金等と法律事務所への報酬です。
それぞれの費用の相場は以下の通りです。

 

裁判所にかかる個人再生費用

項目 金額 備考
収入印紙 10,000円 個人再生申立
予納郵券代(切手代) 4,000円〜15,000円程度 借入件数により変動
公告費 12,000円 官報公告
予納金 150,000円〜250,000円 個人再生委員報酬

 

弁護士・司法書士にかかる個人再生費用の比較

依頼先 金額
弁護士 30万円〜50万円
司法書士 20万円〜30万円

 

個人再生費用は司法書士の方が安い

個人再生にかかる費用を単純に比較したら、弁護士より司法書士に依頼した方が安いです。
とは言え、司法書士には訴訟代理権がないので書類作成のみ代行することになります。

 

実際に裁判所に出頭して手続きしたり、裁判官との面談も一人で行う必要があります。
正直にいって、個人再生するなら費用は掛かっても弁護士に依頼した方が良いと思います。
あまりにも大変すぎるからです。

 

個人再生を自分で手続きして費用を抑えられる?

こちらは、更に非現実的です。
裁判所に提出する再生計画を法律業務に疎い一般個人が作成するのは難しいと思います。
裁判所は書類作成には一切関与(アドバイスもなし)しませんので、教えて貰いながら手続きすることもできません。

 

個人再生費用(弁護士費用)払えない場合はどうなる?

 

個人再生で債務整理する人の殆どは、手持ち資金がありませんし、弁護士事務所も当たり前に承知しています。

 

弁護士に相談して正式に依頼すると、各債権者に受任通知という書面を送付して、支払いをストップしてしまいます。

 

支払いをストップさせた状態で、個人再生手続きを進めていくので、その間に裁判所や弁護士に支払う費用を貯める仕組みになっています。

 

ですので、今すぐ個人再生費用が払えないとしても、安定した収入さえあれば、手続きを進めることはできるのです。
詳しい流れについては、弁護士と相談してみましょう。

 

個人再生費用は分割支払いできる?

最近の法律事務所では、着手金ゼロ、報酬も後払いで大丈夫な事務所が増えてきました。
個人再生費用の分割払いについても、もちろん対応している事務所があるので安心してください。

 

ただし、裁判所に納める予納金等の分割払いはできません。
裁判所にかかる費用だけは、金融機関への支払いをストップさせて貯めるしかないので、覚えておきましょう。

 

個人再生にかかる期間は約6ヶ月、その間に費用を貯める

個人再生の流れは以下の通り、期間は約6ヶ月くらいかかります。

 

  1. 弁護士への相談
  2. 個人再生の申立
  3. 手続きの開始決定
  4. 再生計画案の作成
  5. 再生計画の認可

 

手続き期間中は支払いをストップできます。
再生計画が認可されたら、原則3年間、特別な事情がある場合は5年間で返済します。

 

法テラスを利用して個人再生費用を安くする方法

 

法テラス(日本司法支援センター)は、法務省管轄の独立行政法人で、総合法律支援に関する事業を行っています。
法テラスを利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

 

  • 収入等が一定額以下であること
  • 民事法律扶助の趣旨に適すること

 

更に、以下の条件も満たす場合、弁護士・司法書士費用等の立替制度を利用できます。

 

  • 勝訴の見込みがないとは言えないこと

 

法テラスを利用すると、弁護士費用が30%安くできますし、手持ちがなければ全額無利息で借りることもできます。
詳しくは法テラスに確認してみてください。

 

参考:法テラス公式サイト

 

アディーレの個人再生費用は?

アディーレ法律事務所は、債務整理で有名ということもあり、個人再生費用についてもときどき聞かれるのですが、当サイトではおすすめしていません。
2017年10月に東京弁護士から業務停止処分を受けているのが、おすすめしていない理由です。

 

業務停止処分の原因は、景品表示法違反ということですから、宣伝方法に問題があったのでしょう。
テレビや交通機関などで、大々的に広告を出していましたからね。

借金返済に困っているなら債務整理を検討しましょう。
支払いのために借入を繰り返したり、利息ばかり払っていても永遠に苦しい生活が続くだけです。

まずは無料シミュレーターで診断し、解決可能なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

借金減額シュミレーターで債務整理診断!